FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

19

そうや!「宗谷」を造ろう!!!・・・しょの9

霧氷02
2月18日は、前日から雨が降っていましたが、予報どおり夜明け前から雪に変わっていました・・・
それでも地上に落ちると、直ぐに消えていましたので、積もるほどでは無いと安心していました・・・
出勤する頃にはすっかり雪も上がって、湿っては居ますが凍結していない道路を走れました・・・
でも出勤の途中、ふと五色台を見ますと山の上が真っ白になっていました・・・
「ん~朝、雪だったから山の上には積もったんだなぁ~・・・」って思っていましたら、飯野山や青野山、城山などの山の上も真っ白になっていました・・・
まぁ~道路が凍結しなかっただけ安心して走れます・・・
流石に車の暖房も効きにくく、会社に着く直前まで暖房が効かずにハンドルを持つ手が悴んでしまいました・・・
車外温度計は、出勤時間になっても2℃しか有りませんでした・・・
仕事でなかったら、カメラを持って山に入りたいんですが、宮仕えの身にではそうも言っていられません・・・
ヤサゴローの車内には、何時でも使えるよう撮影機材一式が乗っているんですが・・・
雪が沢山降るとヤサゴローでは、スタッドレスタイヤを履いて居ますので4WDを入れても、積雪が10センチを超えると走れなくなります・・・
そこで前後輪にタイヤチェーンを付けるんですが、それでも15センチを超えると進めなくなりますし、下手をすると亀の子になってスタックです・・・
圧雪路ならば大丈夫なんですが、山間部は圧雪してくれませんからねぇ~・・・
矢張り雪の山間部へ入るには、ジムニーみたいなクロカン4駆の方が安心できますねぇ~・・・
ヤサゴローみたいな4駆は生活4駆ですから、圧雪路でないと走れません・・・
蛍光灯点灯
いよいよ船体塗装で塗装ブースを本格的に使います・・・
蛍光灯を点灯するとこんな感じに成ります・・・
手許が明るく成るので、塗装以外でも便利に使っています・・・
しかし、塗装ブースに換気扇を付けないと塗装ミストが飛び散って居無いか心配に成りますし、どうしても塗装ミストを吸い込むような気がします・・・
なので、この塗装ブースを使うときは、塗装ミストを吸い込まないようにマスクをして、塗装ブースの前に新聞紙や不要になったビニールを敷いています・・・

船体塗装
一応船体の塗装が終わりました・・・
本当は、船体の周りをエアーブラシで満遍なく吹き付けるために、船体の下にターンテーブルを置いて其の上に船体を置いて塗装していますが、この時には写っていませんねぇ~・・・
まぁ~板をまぁ~るく切って回転出来るよう中心軸を付けただけなんですが・・・

上部構造塗装
船体塗装に続いて船体上部構造の塗装も行いました・・・
この部分は、船体の色がつくと白色なので色が透けてしまって、困りますから先のこの部分を塗装しようかと思いましたが、船橋の下の窓のマスキングがマスキングジェルでも中々難しくて、何度もやり直していたので先に船体塗装に行ってしまった訳です・・・

船橋塗装
苦労していた船橋の塗装も一緒に終わらせました・・・
船橋の中央に見える丸窓のマスキングに苦労していました・・・
一体何度やり直したでしょうかねぇ~・・・
直径僅か1.5ミリほどの丸窓ですから、爪楊枝の先にマスキングジェルを付けて拡大鏡で拡大しながら丸窓に付けても位置がずれてしまいます・・・
其の度に乾いたら取ってやり直しです・・・
ん~此処は苦労しました・・・

筋彫り失敗
船体の上部構造を塗装中、何か違和感が有ったので良く船体を見ますと、スターボードサイドの船首の筋彫り修正を失敗していました・・・
どうやら筋彫りを失敗下時、パテで埋めて筋彫りをやり直したんですが、どうやら船体塗装の前にパテが落ちてしまったようです・・・
ん~筋彫りのやり直しですねぇ~・・・
船首付近は接着をミスって下部船体と上部船体にズレが出来て、ヤスリでヤスってしまったので筋彫りが無くなってしまったんです・・・
折角船体の塗装をしましたが、船首部分はやり直しですねぇ~・・・
どうもパテが灰色なので必要以上に深く掘ってしまうようです・・・
又、この時は、筋彫りのガイドに普通のマスキングテープを使ったので、ガイド力が弱く筋彫りが曲がって彫ってしまうようです・・・
スポンサーサイト



4Comments

北さん  

スタッドレスタイヤは万能選手かと思っていました。
雪深い山道は無理なんですか・・・・。
全く車(機械全体)に無知な者は怖いですね。
こんなのが公道50年近く走っている・・・。v-12

2014/02/21 (Fri) 10:19 | EDIT | REPLY |   

@我楽多  

Re:北さん・・・

> スタッドレスタイヤは万能選手かと思っていました。
> 雪深い山道は無理なんですか・・・・。
スタッドレスタイヤは、圧雪路でも走れる事を主眼に造られています・・・
まぁ~凍結路面でも走れない事はありませんが、4駆で無いと少しきつい坂道などは上がれませんし、上がったところで降りる時にはブレーキが効きにくくなります・・・
山間部などでは、人家が有る所までは除雪されていますが、その奥は全く除雪されません・・・
軽四・普通車関係なく最低地上高が通れる雪の深さになってしまいます・・・
又、軽四は車輪が小さい車が多いので、四駆でもスタックし易くなります・・・
冬に山間部へ入るには、タイヤの大きなボディの小さな車が最適です・・・
タイヤチェーンは必携になりますし、スコップも必要でしょう・・・

> 全く車(機械全体)に無知な者は怖いですね。
> こんなのが公道50年近く走っている・・・。v-12
でも、スタッドレスタイヤを履くだけでも、町乗りには十分でしょう・・・
冬の山中でスタックすると命がけになりますから、適当なところで折り合うのが利口なやり方かと・・・

2014/02/21 (Fri) 11:34 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/02/28 (Fri) 07:22 | EDIT | REPLY |   

@我楽多  

Re: 鍵コメさん・・・

お手数をお掛けしました・・・
有難う御座いました!!!

2014/03/01 (Sat) 06:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment