FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

14

そうや!「宗谷」を造ろう!!!・・・しょの8

池
えぇ~温国讃岐の筈なんですが、2月8日の降雪以来またしても降雪の寒い朝に成りました・・・
朝、チャイと散歩に出かけようと玄関に出ますと、あたり一面雪景色に変わってびっくりしました・・・
昨夜は、全く降雪の気配は無かったんですが、まさか積雪しているとは思いも寄りませんでした・・・
2/8は、前夜から降っていて朝には5センチぐらい積もっていましたし、雪温も低くて道路も凍結でスリップ事故が多発していました・・・
しかし今朝の雪は、降り始めが遅かったのか、3センチくらいしか積もっていませんでしたし、湿った雪で道路も車が通るとシャーベット状に成って、ノーマルタイヤでもゆっくり走れば走れないことは無い程度でした・・・
流石に坂道では相当お尻を振っていましたが・・・
まぁ~結構湿った雪でスタッドレスでも何とか走れそうですが、シャーベット状の雪はグリップしてくれないので余り好きではありません・・・
これ幸いと写真を撮りましたが、降雪がひどくて写真を撮っていると、雪が頭や肩に積もってきます・・・
散歩をあきらめて、雪が小降りになるのを待ちます・・・
ん~温国讃岐と言えなくなりそうな降雪続きですねぇ~・・・
普段の冬なら雪が降っても、こんなに積もる事は無かったんですが・・・
精々歩くと足跡が付く程度だったんですがねぇ~・・・
こりゃぁ~温国って冠を外さないといけませんねぇ~・・・
しかし、東京くらい北ならいざ知らず、こんな南の四国まで寒波で寒い日が続くのも珍しいですねぇ~・・・
反対に青森などの北国では雪がない冬になって要るとか・・・
ん~一寸理解に苦しむ気象ですねぇ~・・・
船体マスキング02
さてさて、船体を組上げてパテ修正を行ったので、船底を塗る事にしようと、船体の方をマスキングしました・・・
これが中々3Dの船体を2Dのマスキングテープを貼っていくんですが、船首側は、まだカーブが浅いので何とかなりましたが、船尾側で手こずりました・・・

船体マスキング
マスキングテープを何度も貼り直して、喫水線のカーブがスムーズに繋がるように張りましたが、何とも船尾側が落ち着きません・・・
船尾側は、舵の軸やスクリューの出っ張りがあって中々上手くマスキングテープが貼れません・・・
特に、舵との取り合い部分が上手く繋がりません・・・
仕方が無いので、マスキングテープを切り貼りして繋げましたが、どうもギクシャクしたカーブになってしまいました・・・
此処で、はたと気が付いてしまいました・・・
今までエアーブラシの塗装作業は外で行っていましたが、これだけ寒い日が続くと塗料の薄め液も上手く揮発してくれず、吹き付けた塗料が垂れる恐れがあります・・・
オマケに外で作業すると寒くて手が震えたり、長い時間作業する事が困難です・・・
で、室内でも作業できるよう塗装ブースを造る事にしました・・・

外見
先日Dellからパソコンを送ってきたダンボール箱が丁度塗装ブースに良いようなサイズでしたので、カッターでサクサクと切って、こんな物を造りました・・・
ダンボール箱が半分程の大きさになってしまいましたが、埃が入らないよう蓋も付けましたし、ライトも点きます・・・

横から
横から見るとこんな感じです・・・
余っていた蛍光灯スタンドをダンボール箱に固定して塗装ブース内を照明するようにしました・・・
後で汚れたら何時でも捨てられるよう、蛍光灯スタンドはガムテープでしか固定していませんし改造もして居ませんから、蛍光灯スタンドは簡単に取り外して塗装ブースだけ捨てられるようにしています・・・
本当はこれに換気扇で塗装ミストをフィルターに吸着してシンナー臭を屋外に出す物が多いんですが、今回はリサイクルショップで換気扇を探しましたが、見付からなかったので、今回はこの状態で使う事にします・・・
まぁ~塗装ブース周りに新聞紙を敷いて塗装ミストが塗装ブース以外に出ても大丈夫なようにして使います・・・
塗装ブースは、現在塗料や製作ツール類を置いているダイニングテーブル上で使います・・・
ダイニングテーブルに置いた塗装ブースの直ぐ上には、換気扇がありますから、シンナー臭は何とか外へ追い出せます・・・

船底塗装
で、塗装ブースで船底を塗装した結果ですが、結構換気扇無しでも何とかなります・・・
でも塗装ミストだけはどう成っているのか、小さすぎて判りません・・・
一応塗装ブース内は新聞紙を敷いて、塗装の汚れが新聞紙に付くようにしていますし、新聞紙を上から少し垂らして、なるべく塗装ミストが外へ出ないようにして居ます・・・
でも、塗装ブースでエアーブラシを使って何とか船底塗装が出来ました・・・
マスキングテープを剥がして、状態を観察しますと・・・

船底塗装一寸失敗
一番難しかったスクリュー付近で、一寸船底塗装がスムーズなカーブにならずはみ出してしまいました・・・
ん~此処は一番心配していましたので、マスキングテープを何度も張り直したり、小刻みに切って張ったんですが、駄目だったようです・・・
んまぁ~船体塗装の時に修正しましょうかねぇ~・・・
でも、これで寒い屋外で塗装せずに済みそうです・・・
食事はダイニングで摂らず、ホーム炬燵のある茶の間へ移動して摂る事にしました・・・
ん~此方の方が温かくて具合が良いですねぇ~・・・
ダイニングは暖かく成るまで、プラモの置き場所や作業場所にして貰いましょうか・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment