FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

05

そうや!「宗谷」を造ろう!!!・・・しょの6

飯野山積雪
えぇ~月曜日の節分までは暖かかったんですが、昨日は朝に7℃も気温があったのに、それ以降気温が上がるどころか下がる一方で、昼過ぎからは冷たい雨になっていました・・・
夕方に車で走っておりますと、飯野山(讃岐富士)の山頂付近が白くなっていました・・・
冷たい雨でしたが、まさか少し上空では雪だったとは・・・
まぁ~寒く成ると言う予報でしたが、まさか雪が降るほどの寒さになるとは驚きでした・・・
月曜日までが暖かかっただけに、このギャップで余計に寒く感じます・・・
どうやら冬将軍が又もやお出ましになったようですねぇ~・・・
昨年も10月まで暑い日が続いたかと思うと、急に寒くなったりしましたが、今年も相変わらずのようですねぇ~・・・
何か季節が極端に成ってきているような・・・
日本の四季は一体どうなっちゃうんでしょうか???
まさかの立春の降雪でこの先、何時春が来るのか不安になります・・・
果たして、今年の春は来るのが遅いのか?速いのか???
冬将軍と春の女神さまが話し合っている途中なんでしょうが、出来れば冬将軍は早目に北へお帰りに成って頂き、暖かくなって欲しいものですが・・・


トースカン
えぇ~プラモの製作に、変に大げさな機械を持ち出しましたが、これはバイクのエンジン整備などで使っている「トースカン」と言う物です・・・
物自体は古いもので、20年ほど前に車の整備工場だった所が店じまいする時に、親父さんから頂いたものです・・・
この他にスコヤやマイクロメーター各種、ノギス各種、定盤、工具各種などを沢山頂きました・・・
このトースカンは旋盤作業などの時に芯出しをしたり、振れを見たりする工具なんです・・・
私は、マイクロメーターを付けて、バイクのカムのリフト量を測ったり、ピストンの変形具合やシリンダーの楕円度やリムの振れを見たりしています・・・
このトースカンがバイクの整備小屋を出るのは初めてです・・・
まぁ~エンジンなどに取り付けて使うのが殆どなのでトースカンの台には斜めの場所や垂直の場所にでも固定できる様に台には強力な磁石が付いていて、台のノブを回すと磁石が上下して鉄のシリンダーなどにくっつくように成っています・・・
今回はこれを少しアレンジしてプラモに使おうと持ち出しました・・・

使い方
本来は定盤の上に油を塗り、トースカンを置いてトースカンの台を水平に動かすと、トースカンの罫書き針で対象物に水平な線を罫書く事が出来ます・・・
これを利用してプラモの「宗谷」の船体に水平な喫水線を書こうと言う訳です・・・
「宗谷」の船体には喫水線のモールドが付いていないんです・・・
まぁ~定盤の上では有りませんが、プラモの喫水線を書きますのでそれ程神経質に成らず、食卓の上で書くことにしました・・・
まぁ~この方法が旨くいけば、木製の帆船模型にも応用できますねぇ~・・・

使い方02
この様に船尾と船首側で図面と位置を合わせて、その後に船首側か船尾側から船体に水平な線を罫書く訳です・・・
この段階では船体が水平に固定されていることが大切なので、船体を船台に固定しています・・・
しかし、罫書くと船体に傷が付いちゃいますから、此処は1つ頭を使わないといけません・・・

ボールペン芯
ボールペンの芯です・・・
罫書き針の直径は6ミリで、それ以上太い物は取り付けられません・・・
なので、文房具店で小さなノギス片手にボールペンの芯やカラーペンの芯の太さを測って選んでいました・・・
ボールペンかカラーペンの芯で太さ6ミリ以下の物を探しましたところ、この芯が丁度直径6ミリでした・・・
まぁ~封を切って計る訳にはいきませんので、箱の外からの計測ですので、買って実際に図るまではドキドキでしたが・・・
このボールペンはカラーインクを使っていてカラーペンのように色んな材質の物に書くことが出来ます・・・

セット間違い
罫書き針と同じようにセットしましたところ、ボールペンの芯はプラのパイプですので、罫書き針より相当強度が落ちます・・・
なのに罫書き針と同じようにセットして使ったところ、矢張りボールペンの芯が撓んで正確に書くことが出来ませんでした・・・
オマケに少しの凸凹で大きく跳ねて仕舞い、正確な直線が書けません・・・
特に船尾側は、船体が斜めになっていますから、ボールペンの芯の先が船体に直角近くに当たらないのでインクが出ず、書く事が出来ません・・・
ん~これは何とか考えないといけませんねぇ~・・・
太さに制限が有りますから、ボールペンの芯に金属のチューブを被せる訳にはいきませんし・・・
船体を固定している台座を少し上げないと、トースカンのアームをこれ以上下げるとネジが締められませんし・・・
なんとも何時もと違うプラモ製作と言う使い方ですし、「宗谷」が小さいので不都合だったようです・・・
何か良い手を考えて喫水線を書かないと先に進めませんねぇ~・・・
どうしましょ???
悩みますねぇ~・・・しかし、こう言う事の解決方法を考えるのが一番楽しい時間でもありますねぇ~・・・
こう言う事があるからプラモ作りは止められません・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment