FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

25

こんな物を買っちゃった・・・

ガソリン価格158
えぇ~世間ではクリスマスだと言って浮かれていますが、最近の円安の影響か?ガソリン価格が急に3円値上がりしました・・・
灯油価格も、ついに100円/Lを突破してしまいました・・・
年末の寒波が余計に身にしみる感じですねぇ~・・・
ん~何処かへ撮影に行きたいんですが、ガソリン代と灯油代の高騰でそんな余裕も吹っ飛んでいきそうです・・・
オマケに雪道では燃費も悪く成って、寒いのでアイドリングで暖房しますから余計にガソリンを消費してしまいます・・・
矢張り、年末年始は近場で我慢して、大人しくプラモ「宗谷」でも組み立てていましょうかねぇ~・・・
少ない冬ボも補正予算に取られてデジ1どころでは無くなりそうですし・・・
でもまぁ~冬ボも出ない処も多いようなので、出るだけましな方で幸せかと・・・
出来れば早く景気回復して、ボーナスでデジ1くらいポンと買ってみたいものですねぇ~・・・
出来ればサンタさんからプレゼントして貰いたいくらいですが、大人にはプレゼント呉れないのねぇ~・・・
で、デジ1は無理でも、こんな物なら何とか成りそうなので一寸早いんですが、サンタさんからのプレゼントを待たずに注文してみました・・・
早めに注文したのは、如何にも中華物みたいな物なので、不具合があれば早目に交換して貰いたいんですが、年末も押し詰まると荷物が多くなって遅配気味になりますので・・・
コンプレッサー
模型用のエアーブラシ用コンプレッサーです・・・
これを選んだのは、3Lのタンクが付いて居てコンプレッサーだけの物よりエアーの脈動が無いし、モーターの稼働時間も少ないだろうと言う事と、ダブルアクションの0.3ミリエアーブラシと込みで10、600円と格安だった性なんです・・・
まぁ~安物コンプレッサーですが、はっきりとは中華製とは書いて居ませんが、取説にメーカー名や製造国が記載されて居ない点からも中華製と言う事がプンプン臭ってきます・・・
国産とかのコンプは、生産台数が少ないのか、このクラスなら大抵3万円越えて居ますし、空気タンクを持つ物はもっと高価です・・・
まぁ~中華物でも空気タンクが有れば、長時間の作業でも連続運転しませんから、モーターが貧弱でも加熱はしないでしょうし、少々の不具合は直す自信もありますし・・・
国産の安物コンプレッサーは、定格使用時間15分とか30分とかが当たり前ですし・・・
国産のコンプなら定格使用時間30分となっていても、1時間とか使っても全く大丈夫な場合が殆どですが、最近は温度センサー回路とかが組み込まれていて、其れも出来なくなっているコンプも多いとか・・・
自宅には3HPの3相200Vコンプも有りますが、部屋で使うには何かと大きすぎて不都合がありますので、模型用が欲しかったんですよねぇ~・・・
まぁ~年間の使用時間が少ないサンデーモデラーでは本格的な国産コンプは必要ないだろうという判断です・・・

コンプレギュレター
一応、ゲージ付きのレギュレーターも付いて居ます・・・
別にゲージは必要有りませんが、慣れていない息子が使うには便利かも・・・???
まぁ~空気圧を変えるには相当回さないと駄目ですが・・・

水抜き
一応、レギュレーターには水抜きが付いて居ます・・・
塗装に水分は禁物ですから、此処は妥協することなくセパレーターが必要でしょう・・・
冬の乾燥している時期にはこれでも十分かも知れませんが、梅雨時期など湿度が高い時にはこれでも不足でしょうからハンドピースに付ける水抜きを付けないと駄目でしょうねぇ~・・・
まぁ~梅雨時期までには購入しましょうか・・・

コンプタンク
コンプの構成は上のコンプからエアーが下のエアータンクに送られますが、途中にあるセーフティバルブで設定最高圧力以上になるとモーターが止まる仕組みです・・・
タンクの圧力が異常に高くなると、此処のバルブが開いて大気解放されます・・・
で、エアータンクからセパレーターでエアーの中の水分が分けられ、レギュレーターで圧力調整されたエアーがパイプラインに流れるという仕組みですねぇ~・・・

コンプスイッチ
コンプのON・OFFスイッチはモーターも後に付けられています・・・
赤い丸いのがスイッチです・・・
一寸判りにくい所に付いて居ます・・・

エアーブラシ
このエアーブラシが同梱されています・・・ 
口径0.3ミリのダブルアクションエアーブラシです・・・
カップは一体型ですねぇ~・・・
到着して直ぐ分解したのが、このエアーブラシでした・・・
でも、ノズルの変形もニードルの曲がりも有りませんでしたし、息子の飛行機の塗装にも使ってみましたが、何の支障もありませんでした・・・
意外と買い物だったのかも知れませんねぇ~・・・
まぁ~安かったので、1~2年で壊れても惜しくはありません・・・
しかし、模型の塗装がこれだけでは出来ません・・・

ブラシスタンド
これはエアーブラシを置くスタンドです・・・
1個650円と安い物です・・・
1個でエアーブラシ2台を置ける1000円以上するスタンドもありますが、1台だけならこれで十分です・・・
スタンドが有ると、塗装途中でエアーブラシを置きたい時には便利です・・・
下にある金属製トレーとは磁石でくっついていますので、もしエアーブラシから塗料が垂れてもトレーを取り外して洗えば良い様になっています・・・

試しに、息子の飛行機の塗装を外でやりましたが、この時期の寒さの中では長時間の作業は無理です・・・
部屋の中でエアーブラシを使って塗装をする場合は、塗装ミストが飛び散らない様、塗装ブースが必要になります・・・
塗装ブースは買うと1万少々しますから、安く上げるなら自作でしょうねぇ~・・・
お休みにハードオフやリサイクルショップを回って必要な物を買ってきましょうか・・・
ん~どういう構成にするか?考えておかないと・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment