FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

13

神在月だぁ~!出雲大社へ行こう!!!・・・しょの8

今朝には熱も、37.6度まで下がりました・・・
月曜日には皆さんの所へお伺いできるかと思います・・・m(_ _)m
其れまでは、大人しくして早く回復したいと思います・・・

白兎神社本殿02
白兎神社の奥に回り込むと「菊座石」と題した説明看板が立ててありました・・・
説明には、「本殿の土台石(六ヶ)に菊の紋章が彫刻(二十八弁)してある。近郷の社は勿論、全国的にも珍しい。神社創建が皇室と何らかの関わりがあったものと云われている。」と書かれて居ました・・・
確かに、本殿の土台石に菊座を彫刻した石を使って居るのは始めて見ました・・・
皇室の象徴である菊を土台に使うと言う事は、皇室より上に居たと言う事なんでしょうか???

菊座02
確かに菊に彫刻された土台石ですねぇ~・・・
若しかして菊に良く似た彫刻ではないかと思ったんですが・・・
大荷主命の国譲りと何らかの関係が有るのかも知れませんねぇ~・・・
何故こう言った菊座石が、白兎神社の土台石に使われていたのかを考えるだけでも楽しいですねぇ~・・・
歩道橋
白兎神社を辞して道の駅まで帰ってきましたが、目の前には日本海が・・・
この海岸が白兎海岸か、と思うと行ってみたくなり、道の駅から海岸方面に掛かっている歩道橋を渡っていますとこんな貝殻が置かれていました・・・
海岸まで行ってみましたが、こんな貝殻は1つも落ちていませんでした・・・

いきの島と白兎海岸
歩道橋を渡って海岸の方へ行きますと、こんな石碑が・・・
有名な大黒様の歌ですねぇ~・・・
 「おおきな ふくろを かたにかけ」
と刻まれています・・・
歌の題名はこれで良かったのかな???
歌碑?の向こうには兎が住んでいたという「いきの島」です・・・

いきの島
歌碑から少し西に歩いた所からの「いきの島」です・・・
島の頂上には鳥居が立てられていますねぇ~・・・
しかし、こんな近い島なら、兎でも干潮なら泳いでこれるんではないかという距離です・・・

関金温泉幟
さてさて・・・
お天気も良かったので、白兎海岸で夕日を撮りたかったんですが、其処まで待つと宿へ着くのが遅くなって仕舞います・・・
後髪引かれますが、仕方が無く白兎神社を出発しました・・・
ナビでは宿まで五十分位ですねぇ~・・・
で、関金温泉近くに成りますと、こんな幟が立っていました・・・
「日本百名湯 関金温泉 源泉掛け流し 関の湯」
こんな幟を見ると今晩の温泉が楽しみになりますねぇ~・・・

宿に到着
此処からは、宿が特定されてもいけないので、余り画像は使いません・・・
宿に到着しました・・・
しかし、「じゃらん」に書かれて居る宿の紹介では、駐車場20台と成って居ますが、とてもとても・・・
せいぜい5~6台か???
宿は相当古い上に手入れが出来ていないのでボロいと言う方が適切でしょうねぇ~・・・
この宿は「じゃらん」の口コミで掃除が出来ていない、建物が写真とは全く違って古くて汚いとか・・・
でも食事だけは美味しかったと何件かの書き込みがありました・・・
ですので、「鳥取の旬を味わう♪貴方だけの★グレードアッププラン」て言う一人15、750円で予約していました・・・
設備や建物はグレードアップできないので、出来るのは食事だけですから期待出来ますねぇ~・・・
早速部屋に入りましたが、口コミの通りですねぇ~・・・
多分、掃除機だけの掃除で、雑巾での掃除はしていない物と思われます・・・
暖房は石油ファンヒーター1台だけって・・・
冬は寒くて利用はお勧めできませんねぇ~・・・
早速温泉へ行きますと、シャワーやカランから湯が殆ど出ません・・・
その上、浴槽のお湯が増えないのは循環式の特徴ですねぇ~・・・
お湯もヌルッとする所とサラッとしている所がありますが、これは温泉を水道水で薄めている証拠でしょう・・・
関金温泉って源泉掛け流しでは無いのか!!!
這々の体でお風呂を済ませ、部屋に帰ると食事の用意がしてありました・・・

夕食
ほぉ~流石に部屋食ですかぁ~・・・
あれ???予約の時、蟹の刺身は、漁獲や天候で無理かも知れないけれど、天麩羅や焼き蟹が出ると聞いていましたが・・・
焼き蟹は?天麩羅は???
蟹鍋や茹で蟹なんて注文していませんが・・・
刺身なんてヘナヘナで何時の刺身???って言う位、活きが無いし・・・
他の酢の物や煮物もマーケットで買ってきたお総菜並みです・・・
茹で蟹に至っては、蟹の旨味が殆ど無い出汁殻状態・・・
どうやら、この宿にはまともな板前さんが居ないようですねぇ~・・・
料理は何れも家庭料理以下でしょうねぇ~・・・
何とか食べられるのが、蟹鍋だけって云うのは何とも情けない夕食です・・・
オマケに朝の請求書を見ると、瓶ビール一本1000円は、ぼったくりでしょう・・・
これなら民宿以下でしょう・・・
同じ関金温泉の民宿なら宿泊料3200円、食事を入れても4200円、追加で色んな料理を頼んでも1万円行きませんねぇ~・・・
しかも設備は此処よりもの凄く新しいし・・・
この宿なら、素泊まり2~3000円、2食入れても6~7000円が適当な処でしょう
ん~この宿は私的には、ぼったくり認定ですねぇ~・・・
↑で書いた以外にも、不都合な所満載で、書ききれませんから、これ位で・・・
しかし、「じゃらん」の口コミはステマ臭いので、余り信用しない方が良いかもしれませんねぇ~・・・
皆さんも、宿を選ぶ時はお気を付けて下さい・・・
少なくとも「じゃらん」は信用してはいけません・・・

スポンサーサイト



2Comments

犬山にゃん太郎  

こんにちは

明治・昭和と廃仏毀釈で、あちこちの石仏の首がなかったりするのを思うと
菊の座石、恐れ多いと問題になりそうですが
未だのそのまま残っているのはちょっと不思議ですが、
神在月の国であるが故?
、、、そんなことを考えながらのカニ料理三昧だったでしょうかねえY(・∀・)Y

2013/12/13 (Fri) 15:28 | EDIT | REPLY |   

@我楽多  

Re: 犬山にゃん太郎さん・・・

> 明治・昭和と廃仏毀釈で、あちこちの石仏の首がなかったりするのを思うと
> 菊の座石、恐れ多いと問題になりそうですが
> 未だのそのまま残っているのはちょっと不思議ですが、
> 神在月の国であるが故?
私の推測ですが、神武天皇は東征の時、出雲から国譲りを受け、その血縁を繋ぐ為「コトシロヌシの娘,姫蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめ)を「正妃」にした」と日本書紀に有りますから、天皇が出雲を支えるという意思の表れではないかと・・・
まぁ~これも私の推測であって、確たる証拠はありませんから、歴史をひもとき、ミッシングリンクを推測するのもロマンがあって面白いと思います・・・

> 、、、そんなことを考えながらのカニ料理三昧だったでしょうかねえY(・∀・)Y
そう願いたかったんですが、あてと褌は向こうから外れるの故事通りに成りました・・・
次には美味しい蟹料理三昧が出来る様、美味しい蟹料理屋を見付けて蟹を堪能したいと思います・・・

2013/12/14 (Sat) 07:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment