FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

18

むかぁ~し、むかぁ~し・・・

えぇ~、先生が文化祭の行事参加でレッスンがお休みになりました・・・
そこで、先日部屋の断捨離をしていましたら、むかぁ~し、むかぁ~し買ったと思われる変なものを発見しましたので、それをば・・・

外箱
戦艦大和が一応完成しましたので、何とか置く場所を確保しようとクローゼットを整理していましたところ、こんな物を見付けちゃいました・・・
んと、確か「機動警察パトレイバー」だったかと記憶しています・・・
ん~、こう言うロボット物って余り私の趣味じゃぁ~無いんですが、何時どうして買ったのか、よく判りません・・・
息子に聞いても知らないって言いますし・・・
でも、これって確か息子が小さい時に、よく見ていたテレビアニメだった様な・・・
だとすれば、息子にせがまれて買ったけれど、息子は小さかったので組み立てられず、私は余り興味がなかったので組み立てず、そのままクローゼットの肥やしになっていた可能性が・・・
息子は「懐かしいなぁ~・・・」って思い出に浸っているようです・・・
確かに箱は相当古びていますから、大分前の事だろうと思いますが・・・
いつ頃の物だったのかな?って箱をよくよく探しますと・・・
製造年?
箱には「BANDAI 1989 MAIDE IN JAPAN」って書いて有りますから、今から24年前???
まぁ~出て直ぐに買った可能性はありませんが、少なくとも20年前位に買ったのかと・・・
箱でさえ古びていますから、果たして20年も前のプラモって経年変化とか大丈夫なのかな?って恐る恐る箱を開けてみました・・・

蓋を開けると
箱の蓋を開けると、プラモデルの部品以外に何か入って居ますねぇ~・・・
なんでしょうか?何かポスターみたいな物がオマケで入って居るんでしょうか???

ポスター?
ポスターみたいな物を出して広げて見ました・・・
箱の表の画と同じ画のポスター???
息子は「カッチョえぇ~!!!」と喜んでいますが・・・
よく見ると・・・

組み立て説明図
これって裏側が組み立て説明図に成って居るんですねぇ~・・・
組み立てた後は、組み立て説明書が不要になりますから、ポスターとして利用できるように考えられていたんでしょうか???

組み立て説明図部分
組み立て説明書を読んでいましたら、「この商品は、接着材を使わずに組み立てられるスナップフィットモデルです」と言う説明がありますから、矢張り子供向けのプラモデルのようですねぇ~・・・
でも、組み立て説明書を良く読んでいましたら、結構組み立てに正確さを要求される所も有るようですから、これは多分親子で組み立てる物なんでしょうねぇ~・・・

値段
当時、一体幾ら位で買ったのか?外箱を丹念に探して見ました所、800円のタグが貼ってありました・・・
20年位前の800円と言えば、今より少し安いと言う感じだったでしょうか???
確か1990年頃と言えば、イラクがクエートへ侵攻したり、普賢岳の噴火と火砕流の災害があったりした頃だと思いますが・・・
未だリーマンショック前で、今より景気も良かったと思います・・・

中身
ポスターをどけて、中身を見てみますと、結構細かいパーツも合って子供でも組み立て出来るのかな?って言う感じもしますねぇ~・・・
ビックリするのは、腕や足の関節可動部にはラバーブーツの部品が入って居る事です・・・
ん~結構凝って作られて居るんですねぇ~・・・

パーツ構成
中身を机の上に並べてみました・・・
どうやらレジンの劣化は無いか有っても少なさそうですねぇ~・・・
これを組み立てるのか?そのまま保存しておくのか?どうしようかと迷います・・・
一時ヤフオクへでも流そうかと思いましたが、レジンの経年劣化が心配で、クレームでも付けば面倒なのでやめにしました・・・
保管していてもレジンの劣化が心配ですし・・・
確かプラモに凝っている人は、組み立て用と予備や部品取り用、保存用と同じプラモを3つ買うそうですが・・・
プラモデルって、一体どれくらい劣化せずに保存出来る物なんでしょうかねぇ~???
私には余りプラモデルを作る趣味は有りませんが、一寸興味が有ります・・・
結構カメラの用品とかカメラのグリップとかでも長く使うと加水分解してベト付いたり、紫外線劣化で簡単に折れたりしますし・・・
昔のニコンF2は、そんな部品は全くありませんが、最新のカメラほどそう言った劣化が付き纏います・・・
でも、そう言えば私のF2フォトミックってもう買ってから20年を超えて居るんですねぇ~・・・
しかし、戦艦大和以来何だかプラモ着いていますねぇ~・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment