FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

14

戦艦大和、建造開始・・・しょの6

又もや間違って記事を保存する時に「公開」のまま、保存していました・・・
しかも、拍手まで頂き我が身のうかつさに赤面しております・・・
記事を加筆完成させましたので、改めてお読み頂くと幸いです・・・m(_ _)m

上部構造接着
上部構造に機銃が付きましたので、船体に接着しました・・・
しかし、この機銃の多さは異常ですねぇ~・・・
まるでハリネズミって言われても頷ける程です・・・
これだけの機銃が有っても押し寄せる米軍の戦闘機や爆撃機、雷撃機の攻撃をかわせなかったんですねぇ~・・・
「俺たちの大和」ではシールドの無い三連機銃座がクライマックスでの主な舞台でしたから、この辺かな?って思ってみたり・・・
しかし、「俺たちの大和」でも出て来ますが「艦橋が一番狙われるから、艦橋から近いこの銃座も一番狙われるだろう・・・」って台詞が思い起こされる程、艦橋付近には機銃や高射砲が並んでいます・・・
今時のイージス艦なんて、フェーズドアレイレーダーと射撃管制システムで200を超える目標を追尾して、その中の10以上の目標を同時攻撃できる・・・
矢張り現代は、レーダーでの射撃管制とミサイルの時代になっているのかも知れませんねぇ~・・・
大和級の戦艦でもハプーン一発で沈んでしまう時代ですから、大和みたいな大きい戦艦はもう時代遅れになっているのかも知れません・・・
大和が「天一号作戦」で出撃した時でも、既に時代に取り残されて海軍のお荷物に成っていたと書かれている資料もあります・・・
もう攻撃の主体は航空機に取って代わられて居て、アウトレンジからハプーンやトマホークで攻撃するのが主流になっているのかな???
<菊水マーク貼付
煙突に「菊水」マークを貼り付けました・・・
この菊水マークは、「菊水作戦」と呼ばれ太平洋戦争末期、連合国軍の沖縄諸島方面への進攻を阻止する目的で実施された日本軍の特攻作戦なのだそうです・・・
こんな立派な戦艦でも特攻しなくてはいけないほど日本は疲弊していたのに、未だ勝利を信じて堂々と戦うのならまだしも、特攻するという考え方には疑問を感じます・・・
矢張り大所高所から戦争の状況を正常に判断出来る人が居なかったんでしょうねぇ~???
「菊水」マークは、犠牲と損害を増やしただけの悲しい象徴かも知れませんねぇ~・・・

主砲
紹介が遅れましたが、大和の46センチ主砲です・・・
今までのモデルでは、この主砲の穴でさえ空いていませんでしたが、このモデルでは最初から空いています!!!
それほどモールドが素晴らしいと言う事でしょうか・・・
初心者に等しい私でも組み立てられ、しかも素で組んでも完成時の出来上がりが素晴らしいキットですねぇ~!!!
これをベテランの人がデテールアップパーツを加えて組むと、きっともの凄く素晴らしいモデルに出来上がるんでしょうねぇ~・・・

主砲仰角
主砲は上向きに可動します・・・
残念ながら3本一緒になりますが・・・

砲口が向いた
主砲と副砲は旋回もします・・・
こりゃ!砲口は人に向けるもんじゃぁ~無い!!!
敵の軍艦に向けるんだよ・・・

飾り台塗装
此処で船体下の飾り台が未塗装でみすぼらしいのに気が付きました・・・
そこで何色が良いのか色々と考えましたが、金色にしました・・・
まぁ~菊の御紋を塗った金色が沢山余っていたと言う理由もあるんですが・・・(笑
しかし、この飾り台は何か大和の拘り方とは違って、全く何の拘りもなく作られて居る様な気がします・・・
よく見る丸形の旋盤加工した様な飾り支柱なら文句はなかったんですが・・・
何だか味気なさを感じます・・・
個人差かも知れませんが・・・

一応完成
一応完成しましたので居間テレビの上に飾ってみました・・・
一応って言うのは、これで完成ではないという意味です・・・
実は・・・

デテールアップパーツ
1/450大和にもデテールアップパーツと言う真鍮やステンレスにエッチング処理された金属パーツが有る様なのです・・・
これを使えば、カタパルトやクレーン、マスト、手摺り、ラッタルなどが細かく表現出来ますから、更に実感が向上する事でしょう・・・
ですので、これを探して居る所です・・・
まぁ~この大和も発売されて間がないので、何処まで有るのかどうか判りませんが、何とか探して見たいと思います・・・
マストやクレーンなど気に入らない所もありましたが、それに目をつぶって組み立てたのは、このパーツの存在があったからなんです・・・
一度組み立てた物を、分解してデテールアップパーツを組み込むのは2度手間のようですが、お小遣いや組み立てる時間の関係もありますから致し方有りません・・・
ましてやデテールアップパーツなんて使った事もありませんから、果たして私に扱いきれる物かどうかも判りません・・・
デテールアップパーツを探す間に埃が付かない様、ケースも作らないといけないので、忙しくなりそうですねぇ~・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment