FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

25

戦艦大和、建造開始・・・しょの1

台風27号進路
大型の台風27号が接近しています・・・
本土への直接上陸の心配は殆ど無くなりましたが、それでも何時進路が変わるか判りませんから目が離せません・・・
昨日は東の風が吹いていましたが、昨日夜になって北風に変わりましたから、もう通り過ぎつつあるのかな?って気象庁のHPを見てみると、まだ沖縄本島の東海上に居るんですねぇ~・・・
昨日は、昼間は雨も降っていなかったんですが、夕方になって雨が降り始めました・・・
風は少し強いのかな?と言う程度で、大した事はない様に思えますが、台風が近づくと強くなるんでしょうねぇ~・・・???
宇多津町の会社のご近所さんは、この土日が太鼓台祭りですから、しきりに土日の雨を心配していました・・・
太鼓台は既に組み立てられて、シートのごついカバーを掛けられています・・・

降水量
でも、今度の台風27号は、本体が未だ沖縄の東海上に有るって言うのに、全国的に雨を降らせているほど、雨台風なのかも知れません・・・
特に四国は30~50ミリの強い雨が降っていて、珍しく丸亀付近に強い雨雲が掛かっていて香川県に大雨警報が出ています・・・
今日は学校もお休みでしょうねぇ~・・・
今回土砂災害が有った伊豆大島付近は余り降っていない様で、ホッ!としました・・・
しかし、今月の折角の3連休は熱を出して寝込んだり、土日度に雨が降って写真を撮りに出かけられ無かったりで、ピアノ練習しかすることが有りませんでしたが、そんなに長い時間集中力も続きませんし、折角買ったプラモの戦艦大和の建造を開始しようかと思います・・・
以前手に入れた人工衛星のプラモ「はやぶさ」は衛星の外装に使う金色の遮熱材を探して居ます・・・
何方か良い材料があれば教えてくださいm(_ _)m
外箱
以前amazonで買った戦艦大和のプラモです・・・
余り戦艦を造った経験はありませんが、帆船やヨットの類のプラモ模型は作った経験があります・・・
でも、この類の模型はどうしても金型がショボくてバリが多かったり、隙間が多くて修正ばかりして居た記憶が・・・
なので、以来余り作りたいとは思わず、どうせ修正が必要ならと木製の帆船模型に惹かれてしまいます・・・
で、彼方此方修正覚悟で戦艦大和の建造開始です・・・

船体
先ずは、説明書にある通り船体の接着からです・・・
船体は一番大きなパーツなので、此処でぴったり合わずに修正が入る事が殆どです・・・
大体は船首と船尾が合うのに、船体中央を合わせると隙間が出来る事が多いようです・・・
まぁ~正確なモールドで定評有るハセガワの製品ですが、この点はどうなんでしょうねぇ~???

船体接着
恐らく修正が必要だろうとプラスティックパテや、接着材、先に塗っておかないといけない部分もあるかと指定の塗料まで買ってきて万全の体制での建造開始です・・・
しかし、流石はハセガワの製品です・・・
船体は細かい部分を除いて一分の隙もなく接着出来、プラスティックパテのお世話に成る事も有りませんでした・・・
大抵の場合は、船体を接着しようと船体左右を合わせて接着してゴムバンドを掛けると船体中央部の舷側部が内側に歪んで、結果船底部に隙間が出来るんですが・・・
この「大和」の場合、船体の所々に左右の船体結合を強化するパーツが入って居て、それが船体の変形を押さえる様な効果を出しているようです・・・
いやぁ~最近のプラモの正確さは流石の物が有りますねぇ~・・・
これ位正確に組み立てられるのなら、これからもプラモを楽しんでも良いかな?って思えますねぇ~・・・

船首
これ位、精密に出来ているモールドですが、細かい所では少し修正が必要です・・・
船首ではこの部分で約0.2ミリ位の段差が有るのと、接着面に少しカケが有ります・・・
船首の補助錨のアンカーリセス???の穴も少しずれていますから、修正が必要ですねぇ~・・・
一旦、パテで埋めて穴の開け直しが必要ですねぇ~・・・
接着完了後のヤスリ掛けとパテ付け修正はこれだけ精密になっても必要なんですねぇ~・・・

船尾
船尾は少しバリがありますから、これを取るのと、船尾にも少しカケや0.2ミリ程度のずれが有りますから、鉄板のケガキ線の繋がりを意識しながら修正しないと・・・
こういう処を手抜きして作ると、実物感が半減しますからねぇ~・・・
しかし、最近のプラモは結構精密に出来ていると思います・・・
恐らくそのまま組んでいってもそれほどストレス無く組み立てられて、組み上がりも余程近くで見ないとアラが目立たない様に完成すると思います・・・
でも、更にクオリティを上げようと思えば、上げる事はそんなに苦になるほどではなくて、結構根気さえあれば出来ると思います・・・
一番の難関は塗装でしょうねぇ~・・・
まぁ~「汚し」はこのスケールでは無理な所もあるので、今回は出来るだけ正確に作って行く事にしましょうか・・・
とにかくこのスケールになると、アンカーリセスや排水口付近、煙突や甲板などの「汚し」が小さすぎて塗装が非常に難しく成ります・・・
特に「ぼかし」が上手くできないので下手に「汚し」を入れると反って汚く感じますし・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment