FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

09

聖通寺山(宇多津町)で遊んでみた・・・しょの2

台風接近の朝
台風24号は、午前8時40分現在、鳥取市の北約160Kmを東北東へ時速45Kmで進んで居ましたが、午前9時50分能登沖で温帯低気圧に成りました・・・
讃岐へは午前6時頃が一番接近した状態だったと思われます・・・
西の空はもう雲が切れ始めていますので、台風の影響も後少しなのかな???
昨日は東の風が強かったんですが、今朝は西風になって、台風の吹き返しの風になっています・・・
風はそれほど強くないんですが、時折強い風が吹きますので、台風の風だと思わされます・・・
昨日は九州に相当接近して九州各地に強い風雨をもたらして被害が出たようです・・・
被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます・・・

聖通寺公園
前回は「ゆるぎ岩」の看板に誘われて聖通寺公園まで来たんですが、聖通寺公園から「ゆるぎ岩」は何処に有って、どう行けばいいのか?看板も見あたりません・・・
取り敢えず、聖通寺公園で目立つのは展望台だけで、他に施設らしい物は有りません・・・
若しかして、ここへ来るまでの間で、分岐点があって見逃したとか・・・???
でも、入り口から聖通寺公園までの道を思い起こしても分岐点など有った記憶はありませんし・・・
ならばと歩いて聖通寺公園の周囲を探してみますと、入って来た道の先に細い道みたいなのが見えました・・・
ん~、この道は何処へ通じているんでしょうかねぇ~・・・???
看板の一つも立ててくれて居れば、こんなに迷わずに済んだんですが・・・
何ともマイナーな処らしい臭いがしますねぇ~・・・
余り人が来ないので、苦情も出ないか、来るのは道が分かっている地元の人だけという限られた需要しか無いんでしょうか???
それとも、行く価値がない位詰まらないところとか・・・
色々考えて見ましたが、取り敢えずその道らしい処を見てみますと・・・
注意看板
こんな看板?注意書き?を発見しました・・・
どうやら車での進入は止めて欲しいようですので、車はそのまま停めておいて徒歩で行ってみましょう・・・
でも、こんなA4の紙っきれ一枚の看板なんて、余程注意しないと判りません・・・
道が分かっている人なら看板?に気づかず、サッサと車で行ってしまうでしょうねぇ~・・・

ゆるぎ岩
細い道を辿っていくとどうやら此処が「ゆるぎ岩」のようですねぇ~・・・
結構草が伸びる時期なんですが、草丈も低いので最近に草刈されたんでしょうか???
意外としっかりと管理されているんですねぇ~・・・
何か説明板も有ります・・・
県指定天然記念物らしいです・・・
しかし、周囲には灯籠やお地蔵様?等の石仏が沢山・・・
一体「ゆるぎ岩」って何なんでしょう???

説明板
どうやら重さ10tの岩が片手で動かせるようですねぇ~・・・
それで「ゆるぎ岩」なんですかぁ~・・・
しかし、三ツ岩と言い、ゆるぎ岩と言い何だか巨石文化の臭いがしますねぇ~・・・
海際の宇多津町で、こんなに大きい岩が沢山有ったとは思えませんし、何処からか運んでくるにも大変だったでしょうから、どうやって出来たのか、非常に興味が有りますねぇ~・・・
昔はクレーンなどの重機もなかったでしょうから、重さ10tの石を動かす事は大変な事だったでしょうし、何の役にも立ちそうにない「ゆるぎ岩」なんて作るはずもなかったでしょうし・・・
自然に出来たにしては、岩が多く集まり過ぎて居る様にも見えますし・・・

ゆるぎ岩02
「ゆるぎ岩」の西側へ回ってみました・・・
何ともお地蔵様?やら灯籠やらが、おどろおどろしい雰囲気を醸し出していますねぇ~・・・
ん~
こういう雰囲気って昼間でこれですから、夕方なら何か近寄りたくない不気味な感じでしょうねぇ~・・・

ゆるぎ岩03
「ゆるぎ岩」の北東側に回り込むと、これがどうやら「ゆるぎ岩」の本体なんでしょうねぇ~・・・
以前紹介した「三つ岩」に勝るとも劣らない巨石ですねぇ~・・・

ゆるぎ岩04
「ゆるぎ岩」の近くへ寄って果たして片手で動くのか?岩を揺すってみました・・・
始めは抵抗して動こうとしなかった「ゆるぎ岩」ですが、何度か揺する内に少しずつ動き始めました・・・
矢張り10tもの巨石ですから、そう簡単には動かないようですねぇ~・・・

聖通寺山城址石碑
「ゆるぎ岩」から帰って車に乗ろうとしたら、何か石碑のような物が目に入りました・・・
近くへ行って見てみますと「聖通寺山城趾」と刻まれています!!!
どうやら此の聖通寺公園が「聖通寺山城趾」のようですねぇ~・・・
だとしたら、山頂にあった「平山城址」の石碑は一体何なんでしょうねぇ~???
平山城と聖通寺城の関係は一体どう成っているんでしょうか???
ん~帰って歴史に詳しい古老に聞いてみる事にしました・・・
山頂の常磐公園がある北の山頂と聖通寺公園の有る南の山頂が出丸で、その中峰に本丸を置いていたという事らしい・・・
では何故平山城と聖通寺城の名前が有るのか???
古老によると平山城の名は、「生駒氏入部の際に加藤清正が平山城を引き渡したと史料にある」為らしい・・・
では、聖通寺城の名前は???
「天正十三(1585)年、長宗我部元親が土佐に退去したあとは、仙石秀久が宇多津聖通寺城で統治を行った」・・・
と有るらしい・・・
まぁ~当時のお城は、一般に知られているようなお城ではなく、木造のいわば砦のような物だったらしい・・・
そんな訳で聖通寺山には石垣一つ残っていないらしい・・・
砦なら石垣と行っても小規模な物だったでしょうし、使った所も限られていたでしょうから、残って居ないのは無理からぬ事でしょう・・・
木下藤吉郎が織田信長に命じられ、「一夜城」とも言われる「墨俣城」を蜂須賀小六らと建設したのは有名な話ですが、これも砦的なお城だったと言われて居ます・・・
なので、当時の資料が残って居ないのと、史跡が残って居ないので、詳しい事は判らないそうですが、城の名前が変わるのは、昔から城主が変わると有った様ですし、出丸の名前かも知れないと言う説も有るようですし・・・
まぁ~早い話が「判らない!!!」と言う事が正解でしょうか???
スポンサーサイト



2Comments

くぅ  

10トンの岩、我楽多さんも揺らしてきたんですかぁ~
すごい!(*'ー'*)ふふっ♪

北海道はあまり古い史跡はありませんが、
そちらでは歴史の教科書に載っているようなものもあるのでしょうね。

まだまだ緑が綺麗ですねぇ~♪

2013/10/10 (Thu) 15:50 | EDIT | REPLY |   

@我楽多  

Re: くぅさん・・・

> 10トンの岩、我楽多さんも揺らしてきたんですかぁ~
> すごい!(*'ー'*)ふふっ♪
片手で動かせるって書かれていたので、試しに動かしてみました・・・
でも、容易にってほどじゃぁ~有りませんが、動かせる事が出来ました・・・

> 北海道はあまり古い史跡はありませんが、
> そちらでは歴史の教科書に載っているようなものもあるのでしょうね。
ん~本当かどうかは判りませんが、源平合戦の壇ノ浦とか、塩飽水軍の本島とか、二四の瞳の映画村とか・・・(笑
まぁ~歴史なんて結構好い加減なところもありますから、壇ノ浦なんて全国で何カ所もありますし・・・

> まだまだ緑が綺麗ですねぇ~♪
未だ暑くて紅葉するところまで行っていません・・・
早く涼しく成って欲しいんですが、この時期になって真夏日って・・・
本来ならとっくに衣替えで長袖になっている時期なんですがねぇ~・・・

2013/10/11 (Fri) 06:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment