FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

04

聖通寺山(宇多津町)で遊んでみた・・・しょの1

聖通寺山
以前ご紹介した宇多津町の聖通寺山です・・・
頂上にある白い建物は瀬戸大橋を見渡せるサン・アンジェリーナと言う結婚式場です・・・
下の漁港は宇多津町の北浦漁港です・・・
以前ご紹介した青野山は、頂上に古墳がありますが、どうやらお城は無かった模様で、景色だけは抜群でしたが、歴史の面白さはありませんでした・・・
で、町内の古老に聞いたところ、聖通寺山には昔お城があったと言う事です・・・
なので今回は、宇多津町にある山では2番目に高い聖通寺山に登ってお城の形跡を探して遊んでみようと思います・・・
まぁ~青野山と違って頂上まで車で上れますから、お手軽なものですねぇ~・・・
しかし、青野山より標高の低い聖通寺山に何故お城を造ったのか?古老に聞きますと・・・
聖通寺山は現在とは違って、昔は聖通寺山が海に突き出たような半島だった事から、海がお堀の役目を果たして守りやすかったんではないかと言う事でした・・・
更に備讃瀬戸を一望し、中讃海域の要所に立地する立地条件は、お城を造る条件にもピッタリだったのではないでしょうか???
まぁ~余り高い所へお城を造ると、食料や武具を運び込むのにも支障があるでしょうし、部下の侍達が登城するのも大変でしょうねぇ~・・・
とりあえず山頂まで登ってみましょうか・・・
積石塚古墳
聖通寺山山頂にはサン・アンジェリーナの南側に積石塚古墳が有ります・・・
この古墳は、古墳時代前期に石を積み上げて墳丘を築造した積石塚です・・・
一般的な古墳は、盛土で築造されていますが、積石による古墳は全国的にも少なく、特に積石塚の大半が讃岐に分布することから、早くよりその特殊性が重視されて居るそうです・・・
現状での墳丘規模は直径約12m高さ約2mであり東部分がやや膨らんだ楕円形になっています・・・
しかし、現状に至るまでに数回の積み直しがあったようで、旧状は墳丘中央部がスリバチ状に窪んでいたとも言われて居ます・・・
又、仙石権兵衛の投石によってできたという民間伝承でも有名な古墳でも有ります・・・
で、積石塚古墳の南側は駐車場になっていますが、その一角に・・・

平山城址石碑
平山城趾の石碑が・・・
ん?此処って聖通寺城では無いの???
平山城???
確かに此処は宇多津町平山なんですが・・・

入り口
疑問を残したまま、頂上を後にして山を宇多津町側へ下っておりますと・・・
何やらカーブミラーの処に看板が・・・
登ってきた時には気が付きません、と言うより明らかに下りの人に見せるように看板が立っています・・・

入り口看板
香川県指定天記念物の「ゆるぎ岩」ですかぁ~・・・
何か名前から巨石が簡単に動きそうな名前ですが、面白そうなので行ってみますか・・・

道
舗装はされていますが、結構細い道で対向車が来たら対抗できないなぁ~って思いながら・・・
先を見れば、対向車なんて来そうにない所でしたが・・・

聖通寺公園
こんな所へ出ました・・・
地図で調べると「聖通寺公園」となっていました・・・
こんな時、カーナビは便利ですねぇ~・・・
帰ってネットで調べると、桜の名所だそうです・・・
そう言えば、正面の木は未だ細い若木ですが、左の木は相当な老木です・・・
春にはきっと花見の人で賑わうんでしょうねぇ~・・・
で、画面左へ向かって入りますと・・・

展望台
広場の奥には展望台???
こんな処に展望台って、きっと見晴らしが良いんでしょうねぇ~・・・
で、車を近くで停めて、近寄って見ました・・・
でも此処の桜の木は画面左側には老木があるんですが、右側には細い若木しか植わって居ません・・・
何か訳があるんでしょうかねぇ~???

展望台02
ん~結構立派そうですが、相当築年数も経って居るようで彼方此方錆が出ています・・・
きっと利用者も春の花見以外には来ないんでしょうねぇ~・・・
それ以外の季節には、私のような物好きしか来ないんでしょう・・・
公園って成っていますから、もっと手入れがされて利用者も居るのかと思って居ましたが、広場の真ん中はともかく周辺は草が伸び放題です・・・
入り口に除草作業中って看板があったんですが、そんな作業をしている様子は有りませんねぇ~・・・

正面展望
展望台に上がって呆然としました・・・
正面に木が茂ってまるで展望がありません・・・
これでは展望台の役目をしていないのと同様ですねぇ~・・・
高いお金を出して展望台を造った意味がありませんねぇ~・・・

番の州側展望
目の前に桜の木が有りますから正面の展望は望めませんが、北を見ると番の州方面は展望が開けていました・・・
でも瀬戸大橋は山に遮られて見る事が出来ません・・・

坂出側展望
坂出側の南の方は木が切られていて見通す事が出来ました・・・
でも、正面の木は桜なので切られなかったんでしょうねぇ~・・・
正面に桜の木があれば建築時に其れを避けるか、展望台建築時には桜の木も若木だったでしょうから、移植して展望台を建てれば良い訳ですが、其れをせずに展望台を建てたんでしょうねぇ~・・・
何ともお間抜けな展望台です・・・
でも桜の時期にお花見をするなら、目の前に桜が見える此処が特等席?かも・・・???
ん?そう言う処を含んで造った訳でしょうか???
でも桜の木が大木になったらこの展望台から見通しが殆ど無くなって仕舞いますねぇ~・・・
何とも深い展望台ですねぇ~・・・(笑
しかし、看板に有った「ゆるぎ岩」は一体何処に有るんでしょうか???
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment