FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

10

呉旅行しょの18・・・

文字色正門
帰りに寄りたい所と言うのは、しまなみ海道を通った事がなかったので走ってみたいのと、生口島にある「平山郁夫美術館」に立ち寄りたかったんです・・・
「たまゆら」聖地の竹原や映画ロケ地聖地の尾道にも行きたかったんですが、しまなみ海道は松山道にも山陽道にも繋がりが悪く行き難いのでこの機会に行っておこうかと・・・
平山画伯の美術館も各地に有りますが、此処は平山画伯の幼少時のデッサンとかスケッチ、初期の作品が多く展示されています・・・
私は平山画伯の初期の作品が好きですので、是非行きたかった美術館なんです・・・
後期の作品は大分具象に寄りすぎて精密に描いて居ますが、初期の作品の少し抽象的と言いますか、省略された描写が無く成り、見て居る者の想像を少なくしている点が一寸・・・
特に後期の作品は、初期の作品に有ったふんわりとした雰囲気が無くなって、何か鋭さと厳しさが出て来ています・・・
私が最初に平山画伯の絵に接したのは一枚の絵はがきでした・・・
絵が好きな知り合いが生口島から送ってくれた平山美術館で買った絵はがきでした・・・
その時に月に照らされた隊商が砂漠を行く雰囲気に魅せられて、是非一度行ってみたいと思うようになりました・・・
其れで今回、やっと訪れる事が出来ました・・・
玄関から門へのアプローチ
美術館玄関から門へのアプローチです・・・
手前が美術館の玄関で画面奥の左側に↑の入り口があります・・・
GWにしては暑い日でしたので、一寸コントラストが強くなっていますが、門から距離が有りますから、玄関へ辿り着くまで段々と気持ちが高まって来るのを覚えました・・・

正面玄関
門の方から写した正面玄関です・・・
このアプローチは和風とも洋風とも摂れる趣ですが、季節の花が咲いて木々が影を造って良い雰囲気になっています・・・
美術館の建物自体も和風とも洋風とも摂れる様な建物ですねぇ~・・・

ホールから中庭
入り口で入館料を払ってホールに入りますと大きなガラス窓の外に庭が広がっています・・・
どちらかと言えば和風かな?と思いますが、洋風と言われればそうとも摂れる難解な庭ですねぇ~・・・
外の暑さに比べホールの中は空調されて涼しくて気持ちの良い空間になって居ます・・・

ホール内
↑から身体を90度左へ回しますとホールの壁には平山画伯の「仏教伝来」の陶板絵が飾られています・・・
此処までは撮影が出来ますが、画面右奥への展示室へ入ると撮影は禁止になります・・・
なので、展示室内の画像は有りませんが、いい絵が沢山展示されていました・・・

仏教伝来
ホールに飾られていた「仏教伝来」の絵はがきを写したものです・・・
ホールの絵は陶板画ですので光が反射してよく見えない事がありますし、反射のない横から撮ると歪みが酷いので絵はがきをスキャンしています・・・
「仏教伝来」は、平山画伯の「仏伝」と「シルクロード」一連作品の出発点となる記念碑的な作品です・・・
原爆後遺症(白血球減少)で一時は死をも覚悟しなければならなかった時、玄奘三蔵(三蔵法師)をテーマにした『仏教伝来』を描きあげ院展に入選した記念する作品です・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment