FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

05

呉旅行しょの3・・・

今朝、テレビの報道で観音寺市の宝くじ売り場でロト7の8億円の当選が2本出たという事で持ちきりでした・・・
恐らく同一人物が1等当選の番号を2口分買ったと思われるそうです・・・
一人で16億円って金額が多すぎて実感が湧きませんねぇ~・・・
良い所、1億円か2億円が一番実感が湧きますねぇ~・・・
1等を出した宝くじ売り場の「観音寺チャンスセンター」には、四国中から買いに来る人が殺到して大騒ぎになっているみたいですねぇ~・・・
まぁ~幸運は何処に転がっているか判らないと言う事で、呉旅行の続きをば・・・

艦橋02
どうも船を見るとどうしても水線下の船形に興味が行ってしまい水線から上を見て居無い事が私の悪い点ですねぇ~・・・
で、改めて水線から上に目をやると巨大な艦橋が有ります・・・
一体何階建てなんでしょうか???
資料によると13層の塔型艦橋が採用され水面から約40mの高さがあったそうです・・・
又、中甲板から第1艦橋まで 4人乗りのエレベーターが設置されていたそうで、軍艦なのにエレベーターって凄いですねぇ~・・・
「男達の大和」のロケでは、尾道市向島の日立造船所に大和の前甲板の実物大セットを造りましたが、艦橋だけは高層建築になるので法規上造れなかったそうです・・・
ですので制作する事が出来なかった艦橋が写る映画のシーンでは、この大和の模型と合成して居るそうです・・・
従って、この模型は戦艦大和として「男達の大和」にも出演して居るって訳なんです・・・
大和の模型の大きさも映画用に本物に見える精密さを求めた結果なんでしょうか???
この大和の模型の大きさは半端ではなく、1階フロアを掘り下げて其処へ台座で設置し、1階フロアレベルがほぼ喫水線で、2階天井までの吹き抜けに成って居る大和ひろばに設置されている事からもお解りかと思います・・・
なので、大きさと共にその精密さも半端ではなく、「天1号作戦」に向けて強化された対空砲火も模型とは思えない位の精密さでカメラでアップにしても実物と見間違うほどです・・・
戦艦は艦橋が1番狙われるそうなので、艦橋付近に1番対空砲火が集中しているんだそうです・・・
艦橋はその艦を指揮する艦長や艦隊全部を指揮をする司令官など高級士官が居ますし艦の中枢ですから、当然のように狙われるんでしょうねぇ~・・・
普通の映画ならこの艦橋にいる艦長とか艦隊司令官とかの偉いさんを中心に話が進んでいくんですが、「男達の大和」では艦橋付近の対空砲銃座に配置された兵隊が話しの中心になっています・・・
「男達の大和」に共感できるのは、艦長や司令官を中心にせず一介の兵士にスポットが当たって居る事でしょうかねぇ~・・・
この画像ではよく判りませんが、空中線の張り方も小さな碍子?やターンバックルまで精密に造られています・・・
また、空中線とロープ、支持用のワイヤーとの区別もきちんとされていますねぇ~・・・
最上部の世界最大とも言われる測距儀やレーダーのアンテナも映画に写る為にもの凄く精密な作りに成っています・・・
で、艦橋付近のデッキを見て居ると何か異質な物が・・・
人形
デッキの上に人形???
ん~多分、人間が立てって居ればこれ位の大きさですって言うスケールの為に置いてあるんでしょうか???
まぁ~人間がこの大きさって、1/10って事では無いくらい人形が小さい感じがします・・・
反対に言えば大和の模型が如何に大きく感じるかって事なんでしょうねぇ~・・・
でも、この人形は一寸邪魔な気もしますが・・・

零式水上観測機
人形はこんな処にも居ます・・・
でも飛行機の下にいるのが本物の?人形で、飛行機の後に首が出ているのは生首?ではなくて、模型の向側にいる本物の人間です・・・(笑
でも、顔の大きさを比べると確かに1/10の模型なんだなぁ~って判りますねぇ~・・・(笑
飛行機自体も翼長1.5mは有りそうですので、飛行機の精密さも半端じゃぁ~有りませんねぇ~・・・

内火艇接舷部
船尾の飛行機と人形を見て居たら、此処も気になって見てしまいました・・・
戦艦大和は主砲発射による爆風から搭載している飛行機や短艇を守るため、内火艇を吊り下げて此処から中へ入れたそうです・・・
飛行機が置いてある甲板の下にレールが船首方向へ伸びていて、ホイストクレーンのように短艇を吊り下げて船内に格納したようです・・・
飛行機はカタパルトとカタパルトの間の穴からクレーンで降ろされて格納されたようです・・・
飛行機は7機格納されていたそうです・・・

短艇格納
内火艇は、後部甲板の縁に沿って取り付けられているホイストクレーンでこの様につり下げられて、船内に格納されたようです・・・
この画像は内火艇の格納方法の画像をネットで探して居て見付けたフリー画像です・・・
で、飛行機の格納方法も画像を探しましたが、見つかりませんでした・・・

大和模型銘板
大和の模型台座に貼られて居た銘板です・・・
やはり呉市音戸町の山本造船所で設計制作されたんですねぇ~・・・
山本造船所は大和ミュージアムに展示されている「しんかい」や「回天」「海龍」なども修理したんですねぇ~・・・

武蔵の模型と大和の模型
大和の模型の傍に誰も注目されずに佇んでいる戦艦「武蔵」の模型です・・・
流石に精密な模型ですが、後方の1/10サイズの大和と比べると見劣りがして誰も見ようとはしません・・・
しかし、大和の同型艦で殆ど大和進水時の装備のままだったそうで、大和の「天1号作戦」時の対空砲火の差がよく判ります・・・
レイテ沖海戦で後から進水した「武蔵」が先に沈み、対空砲火の脆弱さを痛感して大和の対空砲火を強化しましたが大和は温存され、やっと来た出番が沖縄特攻だったとしたら不幸な事です・・・
レイテ沖海戦で被害集中艦として、艦隊と大和を守った武蔵の乗組員は武蔵沈没を秘匿する為、内地に帰られた負傷乗組員には病院内でも見張りが立てられ、負傷していない者はフィリピンに送られフィリピン守備隊に編入されて多くの人は戦死したそうです・・・
大和型巨大戦艦は登場が遅く時代の流れに乗れなかったせいか、何れも不幸な運命をたどっていますねぇ~・・・
万一、開戦前に完成していたらパナマ運河を通過できるサイズの戦艦しか作れなかったアメリカとは戦争に成っていなかったかもしれませんねぇ~・・・???
現在では大和のような巨大艦は空母以外に必要性がないので、建造されていませんから大和が現在でも世界一の巨大戦艦に成って居ます・・・
大和のような巨大戦艦を現代に運用しようとしても、ハプーン一発で撃沈されますから犠牲が多すぎます・・・
これからはイージス艦のように小型高速船でレーダー管制射撃で対空能力が高く、ミサイルで戦艦や空母でも沈められる能力を持つ船が主力になって来るんでしょうねぇ~・・・
周囲が海洋の海国日本・・・
外から侵害してくる力に対向するにはこう言った艦船が必要に成って来ますが、将来に対する見通しや侵害の仕方にどう対応していくかを考えていかないといけない時代になってきていますねぇ~・・・
スポンサーサイト



4Comments

くぅ  

16億円・・・どうしましょう~
って、わたしが当たった訳じゃないけど(笑)

大和・・・特に男性は興味あるんでしょうね。

2013/06/05 (Wed) 17:31 | EDIT | REPLY |   

@我楽多  

Re: くぅさん・・・

> 16億円・・・どうしましょう~
> って、わたしが当たった訳じゃないけど(笑)
ん~余りにも高額すぎて実感が湧かないでしょうねぇ~・・・(笑
私もサマージャンボでも買っときますか・・・

> 大和・・・特に男性は興味あるんでしょうね。
大和は船としての魅力と時代の波に乗れなかった悲しさが心を掴むんでしょうねぇ~・・・
まぁ~女性はカミさんも含め「興味なし」でしょうねぇ~・・・
でも、ご主人とか息子が大和と共に沈んだ方にとってはお墓と一緒なんでしょう・・・
結構お年寄りの女性も来ていましたし・・・

2013/06/06 (Thu) 06:03 | EDIT | REPLY |   

私はタワシ  

>一人で16億円って金額が多すぎて実感が湧きませんねぇ~・・・
良い所、1億円か2億円が一番実感が湧きますねぇ~・・・
←6億円なんて、宇宙に行くのと同じくらい異次元の話です。
だけど、1億円か2億円なら実感が湧くという我楽多さんも、なにげにすごいですよ。
ビンボー人のタワシにはどう考えても実感なんて湧きませんもの。

大和といえば。。。
今、あの<宇宙船艦ヤマト>のリメークをやっているんですね。
先日たまたまテレビつけたら放送してました。
でも古代進も森雪も、オリジナルとはかけ離れた絵柄になっていて性格も違うし・・・
違和感ありまくりでした・・・

2013/06/09 (Sun) 08:17 | EDIT | REPLY |   

@我楽多  

Re: 私はタワシさん・・・

> >一人で16億円って金額が多すぎて実感が湧きませんねぇ~・・・
> 良い所、1億円か2億円が一番実感が湧きますねぇ~・・・
> ←6億円なんて、宇宙に行くのと同じくらい異次元の話です。
> だけど、1億円か2億円なら実感が湧くという我楽多さんも、なにげにすごいですよ。
> ビンボー人のタワシにはどう考えても実感なんて湧きませんもの。
会社の仕事をしていますから、1億とか2億なら実感できますって言う訳なんです・・・
でも16億なんて言う数字は天文学的数字で実感も湧きませんねぇ~・・・
実生活だけで言うなら1億って生涯賃金くらいに成りますねぇ~・・・

> 大和といえば。。。
> 今、あの<宇宙船艦ヤマト>のリメークをやっているんですね。
> 先日たまたまテレビつけたら放送してました。
> でも古代進も森雪も、オリジナルとはかけ離れた絵柄になっていて性格も違うし・・・
> 違和感ありまくりでした・・・
宇宙戦艦ヤマトのリメークは私も違和感有りまくりだったので1話以外見て居ませんねぇ~・・・
矢張り最初のイメージが刷り込まれているんでしょうか???
でも宇宙=海って言う発想は松本零士独特の世界観なのか、プロデューサー西崎義展の世界観だったんでしょうかねぇ~???
でも松本零士はその後宇宙を旅するSL「銀河鉄道999」で宇宙観を変えましたが、「キャプテン・ハーロック」で又もや宇宙=海に帰ってきましたねぇ~・・・

2013/06/10 (Mon) 06:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment