FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

17

映画「天地明察」・・・

表紙
今年は5月に「テルマエロマエ」を見てから見たいって思う映画に出会わさなかったんですよねぇ~・・・
やはり大画面と良い音響で見たいと思う映画には中々出会えませんねぇ~・・・
良いかな?って思っても予告編を見るとDVDで見ても良いかって思う様な物ばかりでした・・・
しかし、やっと見たい!という映画が出て来ました・・・
その映画は「天地明察」!!!
沖方丁原作で「おくりびと」の滝田洋二郎監督の作品です・・・
将軍に囲碁を教える名家の息子である安井算哲が星の観測や算術に熱中しているうち、狂ってきている暦の間違いを探し新たな暦を作るという物語・・・
しかし当時、暦は朝廷の専権事項・・・
此は天文ファンの我楽多と致しましては見ない訳にはいきません!!!
こういうスケールの大きい映画は矢張り映画館の大スクリーンで良い音響で見ないと良さが半減しますねぇ~・・・
関の設問
物語は、江戸城登城前に金王八幡宮の境内に立ち寄り、掲げられた算術の設問の絵馬の前に座り込み夢中で解き始め、時の鐘の音に慌てて走り出し忘れ物に気がつき戻る途中、その短い間に関孝和が全ての設問に回答し、新たな設問を掲げていた事が始まりでした・・・

算哲と本因坊道策
江戸城へ登城した算哲は将軍家綱の前で本因坊道策と過去の対局を披露するんですが、道策が真剣勝負を持ちかけ算哲は之に応じて誰も試みた事がない初手天元を打ちます・・・
忽ち罵声が飛びますが、家綱は之を許し緊迫の対戦に固唾を飲んでいる最中、暦にない日食が始まり、蝕は不吉とされているため、全ての儀式が中止になります・・・
真剣勝負の趣旨を問いただした会津藩主保科正之は、算哲に日本全国の北極出地を命じ刀を授けます・・・

北極出地の面々
北極出地とは北極星の高度を測り、その土地の位置を割り出す事なんですが、船の航海術としても天測は今では一般的なものです・・・
算哲は、北極出地へ出発する前に関孝和に会いたいと村瀬塾を尋ねるとそこは金王八幡宮で掃除をしていた「えん」の家で、関孝和は門下生ではなく時たま顔を出す化け物みたいな和算家だと言われて居ました・・・
村瀬塾の塾長村瀬義益が取り出した関の稿本に算哲は食事も忘れて没頭します・・・
出発の数日前、関宛に作った設問を金王八幡宮へ掲出した算哲は、「えん」に関の回答を預かってくれるよう頼み、一年後の帰還の日に必ず来ると約束して出発します・・・
北極出地の頭取である建部昌明、副頭取・伊藤重孝およびその下男達と共に旅が始まり、算哲は彼らの天文への探求心に深い感銘を受け、自らも天測計算に参加します・・・
この観測の合間に算哲の設問を見た二人は、回答が無数にある誤問だと気づきます・・・

星を見る安井算哲
予定より半年遅れで帰還しましたが、「えん」は既に他家へ嫁いだ後でした・・・
算哲は暦が2日もずれている事を進言し保科は新しい暦づくりを決意、算哲を総大将に会津藩江戸領に観測所が建てられ算術・暦学・中国暦の専門家達が集まり、三種の暦に絞って観測と数理による解析に取りかかります・・・
そして元の時代の授時歴(じゅじれき)が正しいと結論づけ、幕府は朝廷に改暦の請願をするが却下されます・・・
そこで算哲は三年掛けて民衆の前で蝕が当たるかどうかの三番勝負を始めます・・・

算哲の妻えん
「えん」も離縁されて戻ってきて、三番勝負に勝つまで待っていてくれと頼み、「えん」は喜んで算哲を支えるつもりでした・・・
授時歴だけが全ての蝕を当てていたが、最後の蝕を外してしまいました・・・
しかし、本当の暦への挑戦はここからがスタートでした・・・

関孝和
授時歴が誤っている事をとっくに発見していた関から算哲は罵倒されます・・・
しかし、関から授時歴が誤っているとした計算データを受け取った算哲は更に悩みます・・・
日本一と言われた和算家の関が「勾配法」(こうばいほう)や「累裁招差法」(るいさいしょうさほう)、「方程招差法」(ほうていしょうさほう)などの計算方法を編みだし算哲がそれを使って観測した事は天測の基本でしょうねぇ~・・・

水戸光圀
会津藩主保科がこの世を去って後ろ盾を失った算哲は、好奇心旺盛な若き光圀に暦編纂のサポートを頼み込みます・・・
矢張りこの辺の人脈の豊かさは将軍に囲碁を教えるという名家に育ったお陰でしょうねぇ~・・・
そして見事に授時歴の誤りを発見して大和歴として発表し朝廷もその正確さから貞享歴(じょうきょうれき)として採用せざるを得なくなります・・・
まぁ~その辺は映画を見られたら良く分かると思いますが、並大抵の事ではないように思います・・・
天測を繰り返して暦を作ると言う事は大変な労力と時間が必要ですし、古代中国では暦の作成は天命を受けて世界を支配する皇帝に権限があり、皇帝は正確な暦を民に分かち与える義務があるとされていました・・・
又、天測の推定、変化を数式化するには高度の計算力が必要になります・・・
さらに、朝廷が暦を司っており、これを覆すには暦を支配して莫大な利権にあずかっている公家を旨く動かす政治力が必要だったでしょう・・・

星座図
最後に観測所の天井に算哲が書いた星座図です・・・
北極星近くの小さな星を「えん」にあげたと算哲が映画で言っていました・・・
さて、どの星が「えん」にあげた星なんでしょうか???
一寸興味のある方は探してみて下さい・・・
そろそろ空気が澄み渡ってきて夜空の星が綺麗に見える季節になりました・・・
時間が取れれば灯りのない山に入って満天の星空を眺めるのも良いかも知れませんねぇ~・・・
スポンサーサイト



6Comments

sinnosuke55  

我楽多さんの解説で映画を見たような気分になりました。
空の事は私にはよく分かりませんが
最近は夜空を見上げることが多くなりました。
(若い頃は忙しく、空を見上げる余裕がなかった^^;)
田舎に住んでいるお蔭で夏は天の川が綺麗に見えます。
これから冬にかけて星々も煌めいて見えるので楽しみです。
邦画にもこんな良い映画があるんですね。
DVDになるまで我慢ですけど見てみたいです。

2012/10/17 (Wed) 13:40 | EDIT | REPLY |   

@我楽多  

Re: sinnosuke55さん・・・

> 我楽多さんの解説で映画を見たような気分になりました。
> 空の事は私にはよく分かりませんが
> 最近は夜空を見上げることが多くなりました。
> (若い頃は忙しく、空を見上げる余裕がなかった^^;)
空を見上げる余裕が出来たって事ですねぇ~・・・ヨカッタヨカッタ

> 田舎に住んでいるお蔭で夏は天の川が綺麗に見えます。
> これから冬にかけて星々も煌めいて見えるので楽しみです。
星座には色んなお話しがあって、調べると面白いですよ!!!
国によって星座も違えばお話しも違いますし・・・

> 邦画にもこんな良い映画があるんですね。
> DVDになるまで我慢ですけど見てみたいです。
DVDが出るのは半年位先に成りそうですが、この映画は映画館で見た方がスケール感が出て良いと思います・・・
私もDVDは買っておこうと思いますが・・・

2012/10/18 (Thu) 06:19 | EDIT | REPLY |   

くぅ  

本当に詳しい~
映画を観たような気になってきたわ~(^ー^)
しばらく映画館から遠ざかっているわたし、
たまには足を運ぼうかしら・・・

2012/10/19 (Fri) 09:59 | EDIT | REPLY |   

@我楽多  

Re: くぅさん・・・

> 本当に詳しい~
> 映画を観たような気になってきたわ~(^ー^)
語りすぎましたかねぇ~・・・???
余り映画の筋を書いちゃうとネタバレになって面白くないかもと控えたつもりなんですが・・・

> しばらく映画館から遠ざかっているわたし、
> たまには足を運ぼうかしら・・・
大画面と良い音響で見たいなら映画館・・・
別にそこまで拘らない映画ならDVDで・・・
「剣岳点の記」や「岳」などと同様にスケール感が必要と感じたり「のだめカンタービレ」みたいに音響が良いのが良いと思えば映画館でしょう・・・
そこは矢張り個人の拘りと言う事で・・・

2012/10/19 (Fri) 11:27 | EDIT | REPLY |   

私はタワシ  

天文学がお好きなんですか!
気持ちわかります。
ロマンを感じますものね~。
天体写真などは撮影しないですか?
(本格的にやるには、望遠鏡とかの機材がめっちゃ高価そうですね)

映画の紹介も非常に詳しくてわかりやすかったです。
私も観たような気持ちになっちゃった~
でも確かにスクリーンで観たらよさそうですよね。

2012/10/22 (Mon) 08:56 | EDIT | REPLY |   

@我楽多  

Re: 私はタワシさん・・・

> 天文学がお好きなんですか!
> 気持ちわかります。
> ロマンを感じますものね~。
元々はヨットの航海術で天測を始めてから興味が湧いたってところでしょうかねぇ~・・・???
天測で位置を出せるようになると、何故そうなるのか?と興味が湧いてきて取り憑かれたようです・・・

> 天体写真などは撮影しないですか?
> (本格的にやるには、望遠鏡とかの機材がめっちゃ高価そうですね)
天体写真はデジ一や反射望遠鏡、赤道儀などの高価な資材が必要ですので、これ以上の道楽はカミさんが許してくれません・・・
なので出来る範囲での写真は撮っています・・・

> 映画の紹介も非常に詳しくてわかりやすかったです。
> 私も観たような気持ちになっちゃった~
> でも確かにスクリーンで観たらよさそうですよね。
宇宙は果てしなく広いって言う事を実感するためにも大きなスクリーンで見られた方が実感が湧くかと・・・
映画のメリットを生かせる映画は映画館で見ないと・・・

2012/10/22 (Mon) 11:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment