FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

09

和号見学・・・しょの2

ガソリン価格
いやいや、ガソリンスタンドからの値上げメールで判っていましたが、まさかの5円値上げですよぉ~!!!
プリカで此ですから、一見さんは150円超えの価格に成っちゃいますねぇ~・・・
これじゃぁ~うっかり県外へ行ってガソリンスタンドへ行けないじゃぁ~ありませんか!!!
県外へ行ってもセルフのスタンドは主に町中で、山中などの田舎は有人のガソリン入れてくれるだけのフルサービス???なので150円超えどころか160円に迫りそうですねぇ~・・・
暖かくなってそろそろ桜の開花も聞かれるかな?って時にこれじゃぁ~写欲がダダ下がりに成ってしまいます・・・
まぁ~ある程度ガソリン価格が下がってくれないと身動きが取れなくなっちゃいますねぇ~・・・
何かミンスの叔父さん達は以前に「ガソリン値下げ隊」ってのをやってなかったっけ???
あれって結局嘘って事???
床板受け
和号のキャビン見学記しょの2です・・・
和号の左側椅子兼床の立ち上がり部を水平に起こすと床受けのAが上方に押されて床板を通過させ、通過が終わるとバネで元に戻って床を支える様に成ります・・・
床を元に戻す時は床を一部折りたたんでから一端上げてAの部分を上に上げてから床板を戻すと元通り左側の床の立ち上がりになります・・・
こうする事でシンクを畳んだ所までの間が床になってセミダブル布団が楽に敷けるそうです・・・
奥の壁にはCDプレーヤー付きラジオが取り付けられていますし、運転席とのガラスは外されていて無理すれば此処から運転席へ、運転席からキャビンへ出入りする事も可能らしい・・・
運転席とキャビンとの間の窓の防水は、キャビンと合体後に窓の廻りに設置している自転車のチューブに空気を入れて膨らませて防水しているそうです・・・

天窓
和号に窓は後部扉の窓とこの天窓、運転席の間のガラスなし窓しか有りません・・・
幌で車中泊していると余り窓の必要性を感じなかったと言う事です・・・
それより窓を付けると窓からの熱損失が多くて寒かったのと水仕舞いの関係で窓は取りやめたそうです・・・
代わりに車内で煮炊きすると熱が籠もるので天窓を付けたそうで、床をセットすると天窓から頭が出せるので光待ちでも不自由はないそうです・・・
それに天窓から屋根に登れるので簡単にハイポジションが得られるそうです・・・
天窓を開けて外に傘を広げておくと夜中に雨が降っても濡れる事はないし換気が出来て結露もないそうです・・・
夏には後部扉を約二〇センチほど開けたままロックして天窓を開けておくと少し高度が有る所なら涼しく寝られるそうですし、最近の優れ物殺虫剤のお陰で蚊も入ってこないそうです・・・

換気扇扉開
此は右側サイドにある換気扇の蓋です・・・
此処は苦労したそうで、締めていても走るとしばしば雨水が室内に入って来たそうで、何度も試行錯誤したそうです・・・

換気扇扉
現在は蓋の周りにゴムのウエザーストリップを取り付けた上、蓋の前方に風切りを付け、更にダクトに水トラップを付けてやっと解決したそうです・・・
車に乗せるキャビンは上からだけの水仕舞いでは駄目と言う事を嫌と思い知らされたそうです・・・
尚、外壁は船舶用合板で作って居て防水塗料を塗った上に住宅用のレジンを吹いて防水したそうです・・・

サブバッテリー&排水
黒く塗られたベニヤ板で隠されていますが、此処にサブバッテリーと排水タンクが設置されています・・・
下が黒く塗られているホースが排水ホースです・・・
この排水ホースも室内側から簡単に排水できるよう工夫されています・・・
サブバッテリーは軽四から普通車までよく使われていて安い42B19Lだそうです・・・

排水タンク
この車の凄い所は上の写真を見て頂ければ判るようにリヤスプリング支持部と燃料タンクの僅かな間に太い塩ビパイプを通して排水タンクにしている事なんです・・・
大抵の車はシンク下に排水タンクを置いていますが、捨てるためにタンクの取り出しが非常にやりにくい車が多いんです・・・
特に排水タンク上部のスペースが不足していて排水パイプを排水タンクから抜くのが難しく、排水をこぼす事も・・・
この車はシンクを折りたたみ式にしていますから排水タンクを車内に設置しないで、僅かな隙間を見つけて其処にタンクを設置したのが凄い所ですし、一つ↑の画像の青いホース先端を車内からワイヤーで吊っていますから、此を伸ばせばホース先端が下がり排水が出来る様に成っています・・・
排水タンクの掃除は写真のエンド部を両端とも回して外すと太めのブラシで掃除できるそうです・・・
いやいや、こういう排水タンクにはお目に掛かった事がないので目から鱗です!!!

エンジン始動停止リモート棒
秀逸なのがこのエンジンスタート停止リモート棒?です!!!
単にパイプの中に変速機用のワイヤーを通し先端に二股金具を取り付けて簡単に予備キーを取り付けられる様にしています・・・
ん~最近のMTはこんなに太いワイヤーで変速しているんですねぇ~・・・
反対側は荷台のキャビン内に取り付けて置いてエンジンキーを捻られる様にしています・・・
金具の先端が曲がって居るのはキーと棒が垂直になる様にしてキーを回すのに支障がない様している為です・・・
勿論取り付け取り外しは簡単にできます・・・
このお陰でキャビン内にいながらエンジンを掛けたり停めたり出来ます・・・
まぁ~昔のクラッチスタートが付いていない車だから出来るんでしょうが、私などは既成のエンジンスターターを買ってしまいそうに成りますが、流石に安く仕上げています・・・
矢張り工夫次第で安く作れると言う事でしょうか・・・
でもこのギミックを考えている間は楽しいだろうなぁ~!!!
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment