FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

10

車泊用小物ですが・・・しょの2

網を敷く
さて連載中でしたが、ピアノレッスンやダルマ朝日で中断しておりましたが、車泊用小物の再開です・・・
お待たせ致しました・・・って誰も待ってない???
いや、あのその辺はまぁ~置いといて・・・
初春や晩秋の朝は時折気温が下がっておにぎりも冷たくなっていますねぇ~・・・
えっ?別にオニギリでなくても良い???・・・いや!朝はオニギリなの!!!

えぇ~気を取り直して・・・
冷たいおにぎりはそのまま食べるとご飯がボソボソして美味しくありませんが、暖めるとボソボソ感も消えてお米本来のおいしさが帰ってきますし、寒い時には暖かい方がなにかと美味しく感じるものです・・・
そこで何とかおにぎりを暖かく食べてやろうと思うんですが、山中では電子レンジも使えませんから暖めるのも簡単ではありません・・・
暖かいおにぎりを食べれば元気も出ようってもんですが・・・

こんな場合、おにぎりを前回作った網で簡単に暖められます・・・
まぁ~豚まんとかあんまんでも同じ事なんですが・・・
先ずは作った網をコッヘルの中にセットします・・・
コッヘルより網が大きいと当たり前ですが網が入りませんから、其処はコッヘルの大きさと相談して適当な大きさの網を探すか、適当な大きさのコッヘルに換えるかして下さい・・・
網が小さすぎる場合は適当な大きさの円柱形の金属筒をコッヘル内に置いてその上に網を置く事で何とか成りますし・・・
作った網は四隅を曲げてありますから、当然コッヘルの底とは隙間がありますねぇ~・・・
<おにぎり解体
ここでおにぎりを解体します・・・
おにぎりの周りに巻き付けてある包装を海苔ごと綺麗に剥がし中身のおにぎりだけにします・・・

サランラップ
次ぎにサランラップを取り出し適当な大きさに切ります・・・
この時ケチって小さく切っちゃうとオーバーラップが少なくなって蒸気が入りおにぎりがビチャビチャに成ってしまいます・・・
サランラップ以外にポリラップとかの商品名がありますが、密着が悪かったり高温に弱かったりしますから、必ず一度試してから使って下さい・・・

サランラップで巻く
で、おにぎりの中身だけをサランラップで巻きます・・・
この時、重なりの部分を比較的多めにとって置いて下さい・・・
又、おにぎりの上で画像のように纏めておくと取り出す時に此を持って取り出せるので便利です・・・

コッヘルに入れる
コッヘルに網が浸からない程度まで水を入れストーブに火を点けます・・・
水が湧いてからおにぎりを入れるか、最初からおにぎりを入れるかは判断が分かれる所ですが、私は燃料や時間の節約の為に最初から入れておきます・・・
後でインスタントラーメンなどを作りたい場合は最初から網を2重にセットして多めの湯を沸かすようにすると便利です・・・

コッヘルに蓋
ストーブに火を付けたらコッヘルに蓋をして蒸気が出て来るのを待ちますが、最初から入れて置いた場合は蒸気が出ると1/3ほどは暖まっていますが、湯気が蓋から少し出ている状態が続く程度まで火を絞った方が燃料の節約になります・・・
万一気温が低くて長い時間暖めないといけない時は網をもう一枚網の上にセットして多目に水を入れてオニギリを入れると、水の量が増やせて長く暖められます・・・
この状態で沸騰してから外気温にも寄りますが5~10分程度でおにぎりが暖まります・・・

海苔におにぎりをセット
おにぎりが暖まったらコッヘルから取り出しサランラップを外して、最初に外していた海苔の包装を開けて海苔の上におにぎりを置きます・・・

海苔を巻く
おにぎりに海苔を巻き付けて出来上がりです!!!
この方法だと海苔も未だパリパリですし海苔を巻くと手で掴んで食べられます・・・
暖めに使った湯はインスタント味噌汁やコーヒーを作って有効利用できます・・・
とりあえず使う当てがない場合はテルモスに入れて保温しておくと後で使えます・・・

冷蔵おにぎり
使ったおにぎりは前日に買って24時間以上5℃の冷蔵室で保管していた物で、室温22℃の部屋で実験した時は、沸騰後約5分でおにぎりも芯まで暖まりましたが、沸騰しておにぎりを入れた場合はもう少し掛かりますし、気温が低い山中では更にもう少し掛かります・・・
お持ちのストーブの能力やコッヘルの大きさも関係しますので、目安程度に考えて置いて下さい・・・
おにぎりが芯まで温まって無くてもう一度暖めたい場合は再度サランラップ等でくるんでから暖めないと蒸気でおにぎりがバラバラになってしまいます・・・
ビニール袋などにおにぎりを入れてお湯に浸して暖める方法もありますが、ビニール袋は意外と水密性が悪く高温にも弱いので穴が開いたりしてほぼお湯が入ってビチャビチャになりますし独特の臭いが付く場合も有ります・・・
その他にお茶の中におにぎりの中身だけを入れてお茶漬けとか缶詰などと煮ておじやとかにして後で海苔を散らす方法も簡単です・・・
更にストーブを使って暖める時はドアか窓ガラスを開けておかないと窓ガラスが結露でビチャビチャに成ってしまいますし二酸化炭素中毒の恐れもありますので、必ず風下側のドアか窓ガラスを開けておくようにしましょう・・・
又空焚きにならないようコッヘルの中の水の量を良く確認しましょう・・・
長い時間暖めるには網の位置を上にして水を多めに入れましょう・・・
言うまでもありませんが、車内で火を使うのはストーブが倒れて火傷をしたり他の物に燃え移って火事になったりしないよう細心の注意をして、あくまで自己責任でお願い致します・・・
私は車内で火を使う事を勧めているのでは有りませんので、その点は勘違いなさらないで下さい・・・
次回はもう少し寒い時の暖め方を・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment