FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

14

新テーブル改良・・・しょの最後

野草64
久しぶりに太陽が顔を見せてくれました・・・
朝の気温も12℃ほどになって昨日よりは寒いんですが、まだ暖かい朝です・・・
でも明後日からは最低気温8℃まで下がる予報ですし、最高気温も15℃と平年並み?に成る予報が・・・
16日からいよいよ平地にも紅葉が降りてきそうな気象条件になりましたねぇ~・・・
と思ったら18日から又もや最低気温は12℃、最高気温は21℃に帰り咲いているじゃぁ~有りませんか!!!
一体紅葉ってどうなっちゃうんでしょう・・・???
矢張り昨年みたいに12月最初が良いんだろうか???

昨日は休日出勤でレッスンをお休みしましたのでレッスン記は有りません・・・
代わりにとは言っても大分引っ張っている新テーブルの改造記事を急ぎアップしていきます・・・
新テーブルの改造も此が最後です・・・
完成後の新テーブルの姿をお楽しみに!!!←って誰も楽しみにはしていない???
バリ取り
パイプカッターの切断面を内径と同じにするため手持ちのリーマーではパイプ内径が太すぎて役に立ちません・・・
もっと大きいリーマーを買おうかとも考えましたが、そんな大きなリーマーは今後使う機会が有りそうにありません・・・
手持ちのフレア加工器ではこれほど太いパイプを加工できませんし・・・
ならば最後の手段?と半丸ヤスリで内側に織り込まれた部分を内径と同じになるまで削る力業で行く事に・・・
幸い削る部分は0.5㎜位ですので1時間ほどで4本とも内径と同じまで削る事が出来ました・・・
ヤレヤレです・・・
エンド部品をあてがってみますと隙間寸法が無いので相当きつくて全く接着を意識して作られていませんねぇ~・・・
ん~外した時にも接着痕が無かったし隙間寸法を取っていないと言う事は、接着ではなく圧入しているんだろうと解釈してエンド部品を接着ではなく圧入してみる事に・・・
まぁ~アルミパイプにプラスティックの部品ですから、アルミとプラスティックの弾力で何とか成るでしょうねぇ~・・・???

エンド部品挿入
エンド部品を軽く挿入して油圧プレスで圧入してみましたところ旨く圧入する事が出来ました・・・
まぁ~油圧プレスで圧入するほどの力は必要ありませんが、最初バイスで圧入しようとしましたがジョーが其処まで開かなかったので仕方なく・・・
別にコンクリートなどの堅い床の上で叩いたり大きなシャコ万で圧入しても出来ちゃうと思いますが、叩いて圧入する時はエンド部品を床に置いてパイプを垂直に持って叩く方が旨く圧入出来ると思います・・・
私は変に斜めに圧入しないように油圧プレスにしました・・・
別に持っている自慢じゃぁ~有りませんから、その辺は勘違いしないで下さいネ・・・(汗
圧入し難い時は潤滑剤として何らかの油を塗ると良いかもしれませんが、その必要は無かったようです・・・
アルミパイプがプラスティックのエンド部品をやんわりと包み込むように勘合しています・・・

エンド部品取り付け
でも油断は出来ません・・・
このエンド部を入れられて初めて完成です・・・
アルミパイプがエンド部を変に圧迫して部品が歪んでしまうと最悪ねじ込みが出来なくなります・・・
エンド部品が柔らかいプラスティック部品なのでこんな心配をしてしまいます・・・
が、何とか旨く行ったようで、エンド部に何の問題もなく手で軽くねじ込む事が出来ました・・・
此で脚の微調整も出来ますし、ハイの状態でも更に13センチ程なら高くする事も出来ます・・・

継ぎ脚取り付け
作った継ぎ脚をテーブルに取り付けてみました・・・
テーブルが小さいので高さが高く成りすぎたように感じますが、此で高さは計画通りでしたしガタも有りませんでした・・・
シュラフに入れた足をテーブル下に入れても窮屈さは感じませんし食事などでも何とか不自由なく使えそうです・・・
この辺の高さが私にとって食事やお茶とテーブル下に足を入れてスペースを稼げる一番に良い高さなのかも知れませんが、体格や身長でも変わってくると思いますので、そこいら辺はご自分で一番良い高さを探す必要が有るかも知れませんねぇ~・・・

継ぎ脚付高さ
継ぎ脚をセットしますとテーブル高さは計画通りの38センチ、テーブル下の高さも35センチでした・・・
ん~此ならロー状態でテーブル下に足を入れても窮屈さは有りませんし、この状態でもテーブル高さが高すぎる事もありませんでした・・・
テーブルの上に撮影機材等の荷物を置いてテーブル下に足を突っ込んで寝ると狭い車内が広く使えます・・・

継ぎ脚入れ
しかし、本来全く想定していない継ぎ脚ですから収納袋に継ぎ脚を入れるところがありません・・・
何か適当な物は無いかと探しますと、カミさんから巾着袋を貰いました・・・
一寸オッサンには可愛すぎる袋ですが、まぁ~人に見せびらかす物でもありませんから、有り難く頂き継ぎ脚を入れて収納袋に入れておきました・・・
まぁ~数年前にスキーで大山へ行った時に買った物のようですねぇ~・・・

本来はテーブルの高さをもっとメーカーさんが考えて出してくれれば良いんですが、このテーブルに感してはローでの高さが低すぎます・・・
まぁ~低すぎたので継ぎ脚を作らざるを得なかったんですが・・・
中途半端に低いと僅か数センチの継ぎ脚を作るなんて面倒臭いし・・・
継ぎ脚もメーカーから色んな寸法の継ぎ脚を出してくれればこんな面倒臭い工作をしなくても済むんですが・・・
テーブルの高さはメーカーさんがシステムを組む際に決めるんでしょうが、アウトドアでのキャンプしか考えて居ませんから広さの感覚が違います・・・
狭い車中や山中の狭い場所での使い勝手は考えられていませんから、どうしても使い難くなります・・・
ロー状態で継ぎ脚を使うとハイにする時は継ぎ脚を抜いてハイ用の脚に変える必要が有りますし、ロー状態で継ぎ脚を付けたままでは折り畳んで収納できないので一々外さないと収納出来ないのがが欠点ですねぇ~・・・
ハイ用の脚の長さを切れば継ぎ脚に継ぎ足せばいいので、一々継ぎ脚を外す手間も要りませんがジョイント部が1ヶ所増えて仕舞いますから強度的に面白くないんですよねぇ~・・・
まぁ~ジョイントが一箇所増えてもそれほど強度には影響しないのかも知れませんが、理系の拘り・・・???
スポンサーサイト



2Comments

くぅ  

好きですね、オトコノコ(笑)はこうゆうこと。
わたし、ねじを外して分解は大好きなんだけれど、そのあとのは大嫌いで・・・
迷惑なだけって云われてます。(´▽`*)アハハ

写真、雪が降っているのかと思いました。
池に花びらが浮かんでるのかな?

2011/11/15 (Tue) 14:52 | EDIT | REPLY |   

@我楽多  

Re:くぅさん・・・

> 好きですね、オトコノコ(笑)はこうゆうこと。
> わたし、ねじを外して分解は大好きなんだけれど、そのあとのは大嫌いで・・・
> 迷惑なだけって云われてます。(´▽`*)アハハ
ん~子供の頃は男も女も関係なく何でもバラしていましたねぇ~・・・
まぁ~それから組み立てられるまで行くのは、女子は殆どが全滅で男子は1/4位でしょうか・・・
私も昔脱穀で使った足踏み式脱穀機を分解掃除して注油したまでは良かったんですが、そこから組み立てまでは1月かかりました・・・
父母は絶対に怒らず最後まで一人で組立てさせると決心して居たそうですが・・・

> 写真、雪が降っているのかと思いました。
> 池に花びらが浮かんでるのかな?
いえいえ・・・
此は泡が太陽光を反射して居るんです・・・
他の池ではこの煌めきが出ないのに、この池だけ出てくれます・・・
池の水は相当汚いので水面で景色を反射させないと写真に成りません・・・

2011/11/16 (Wed) 06:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment