FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

07

撮影スタイル検証・・・

撮影スタイル(リヤゲート)03
新テーブルを購入したことでバックドアを利用した撮影スタイルが旨く配置できるかどうか検証してみました・・・
まぁ~捕らぬ狸の皮算用かも知れませんが、とりあえず旧テーブルでは奥行きが広くてやり難かったスタイルが配置できるかレイアウトしてみました・・・
これなら夜露も少しは防げそうだし、少々の雨や雪なら何とか成りそうです・・・
本格的な雨や冬期の風雪を避けるには周りをテントで囲う必要が有りますが・・・
まぁ~車から離れた所で撮る場合はこのスタイルは使えませんねぇ~・・・
応用としてはこのレイアウトで食事やお茶、テントを張れば着替えも出来ますねぇ~・・・
矢張りなんちゃって号の様にリヤに棚を作り付けるとこのレイアウトでは使い便利が悪くなりますねぇ~・・・
まぁ~夏場で蚊が居る様な場所だとリヤゲート開口部には蚊帳が要りますし、そうでなくても中が丸見えに成りますからカミさんと行く時は、カーテンくらいは要りますねぇ~・・・
月光での撮影や光待ちなど風景写真は結構「待ち」の時間が多くなりますので、一寸お茶したりレンズを置くテーブルが欲しかったんですよぉ~・・・
写真撮影時
これはテーブルだけを交換したものですが、リヤゲート付近の荷物が多くてゴタゴタしています・・・
これをなんとかしたいなぁ~ということで頭をひねった結果が一番↑の画像です・・・
特に3枚目のようにリュックサックのストラップがリヤゲートに干渉して締まりにくくなるのを改良したいなぁ~と思っていました・・・

写真撮影時02
この画像でザックの下にあるのがブランケットと毛布の入ったケースです・・・

毛布収納クッション
この状態ですと毛布を使用しない時は荷物にしか成りません・・・
そこでスーパーの特価630円で売り出ししていた59センチX55センチのクッションカバーを買ってきました・・・
ケースから毛布を引っ張り出して、空いたスペースにリュックサックを詰め込みました・・・

毛布収納クッション02
で、買ってきたクッションケースにはヌードクッションの代わりに毛布を突っ込みますと昼間はクッションになります・・・
これを腰に当てると助手席の背もたれに持たれることが出来ますし、結構大型ですから座布団代わりにも成ります・・・
少なくとも荷物には成らなくなりました・・・
もう本当のクッションは要らないかも知れません・・・

車外休憩ロー比較
車外での休憩でロー状態のテーブルに継ぎ脚を付けると丁度良い高さになりました・・・
以前は椅子の座面よりテーブル面が低かった為、一寸使い辛かったんですが、継ぎ脚でテーブル面と座面がほぼ同じになったので、丁度ソファーテーブルの感じに成りました・・・
休憩には無理にハイにしなくてもコレで良いかもって継ぎ脚を付けるのもハイ用の脚を付けるのも手間は同じなんですが・・・〔汗

封筒型シュラフ
今まで夏山ではシュラフカバーとウォームアップシーツを入れて下にはアルペンマットを敷いて使っていましたが、流石に年なのか此で寝るのはきつくなってきました・・・
更に昨年、石鎚の瓶ヶ森へ行って雪に出くわした時、最低気温が-10℃まで下がり登山用の3シーズン化繊シュラフにゴアのシュラフカバー、ウォームアップシーツで少し寒かったので、この封筒型夏用シュラフを仕入れました・・・
お値段1980円!!!
結構お安いお値段です・・・
まぁ~取り扱いが面倒で高価なダウンシュラフなどは冬山登山以外ではまっぴら御免で、撮影ではもっぱら化繊のシュラフですが・・・
化繊シュラフなら湿気にも強くダウンのように大幅に性能が低下する事はありません・・・
ダウンシュラフは軽くてコンパクトになり、保温力も強力ですから登山などには良いんですが、車に寝泊まりするなら嵩が有ったり少々重くても安くてタフな化繊が良いと思いますし、湿気の多い日本の冬には化繊の方が向いているような気がします・・・
で、もう一個買ったので連結するとチャイとカミさんも一緒に寝て、晩春から初秋までなら毛布と併用すると十分対応可能です・・・
冬ならマミー型のシュラフを中に入れるとダブルシュラフになって更に寒ければマミーシュラフと封筒型シュラフの間に毛布を入れると相当な低温まで耐えられそうです・・・

シュラフシーツ
んで、封筒型シュラフ用にシュラフシーツも2つ購入しておきました・・・
化繊シュラフと言えどもそう再々洗濯する訳にもいきませんし、シュラフの中が汗臭くなったりカビが出たりすると嫌ですので・・・
でも、シュラフシーツってお値段2100円で封筒型シュラフより高いんです・・・
何だか主客転倒みたいな話ですが、シュラフシーツを使う人がそれだけ少ないって事なんでしょうかねぇ~・・・
昔から山をやっている人なら、大切なシュラフを汚さない為にもシュラフシーツとシュアラフカバーは必需だったんですが・・・
まぁ~学生時代、シュラフシーツは家用のシーツを↑の写真の様に縫って貰ってマミー型のシュラフに突っ込んで使っていましたが・・・
スポンサーサイト



2Comments

北さん  

流石に、用具道具等細かなところにまでこだわりを持っていますね~。

年をとったせいか、最近はアウトドアー関係の売り場にも足を運ばなくなりました。

2011/12/08 (Thu) 13:51 | EDIT | REPLY |   

@我楽多  

Re: 北さん・・・

> 流石に、用具道具等細かなところにまでこだわりを持っていますね~。
狭いヤサゴローの車内で如何に快適に過ごせるか、如何に楽して(笑)撮影するかを目指していますから・・・

> 年をとったせいか、最近はアウトドアー関係の売り場にも足を運ばなくなりました。
私も今までは山屋さんばかり行って居ましたが、ヤサゴローに泊まるようになって初めてキャンプ屋さんを覗くように成りました・・・
なんちゃって号の時はホームセンターばかり覗いていましたが・・・
登山屋さんでは絶対に使わない折り畳みテーブルや椅子などが有ってヨサゲです・・・
まぁ~イオンの中にロゴスが出来なかったら私も覗かなかったと思いますが・・・

2011/12/09 (Fri) 06:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment