FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

08

合歓の木の花が咲いた・・・しょの2

合歓の木21
撮影を始めた時は結構雲も出て居たりしていたが、急に明るく成ったかと思ったら見事に晴れ渡って青空さえ見え始めた・・・
ん~花を撮る時は曇って居てくれた方が良い色が出るし、コントラストが弱くなって白飛びしないので良いんだが・・・
まぁ~晴れたものは致し方が無いので、折角明るく成ったのでMC20を付けて今回初めて600mm相当で合歓の花を狙ってみた・・・
まぁ~前回は林の中が主だったので少し暗めの処だったし下から見上げるアングルだったのでMC20は使わなかった・・・
しかし渓流の対岸なら何とか合歓の花がアップで狙えるのではないかと思ったのと、明るく成ったので手振れも無いだろうと試してみた・・・
まぁ~m4/3はどうしても白飛びしやすいので、何時もは露出をアンダー目にして撮っているが、今回の様に急に晴れると同じ露出補正では少しハイキーに成って仕舞うが露出補正を-1/3下げただけでOKにした・・・
丁度手前に綺麗では無かったものの合歓の花が有ったので前ボケに使わせてもらった・・・
まぁ~ほぼ主役を隠すように前ボケを使った場合、細かく露出補正を調整しないと中々思った明るさでは写って呉れない・・・
しかしシャッターを切る直前では白飛びや黒潰れ警告が出ず、何時もヒストグラムを表示させていても判らない場合が多い・・・
せめてシャッターを半押しすれば白飛びや黒潰れ警告が出てほしいが、それは無理なんだろうか???
合歓の木05
こう言う様な部分的に白い部分が画面にある場合、カメラのヒストグラムは適正露出を表示しているが、太陽光が当たって居る白い部分は白飛びしてしまっている・・・
背景の波ならいいが主役の合歓の花が白飛びしてしまってはどうにもならない・・・

合歓の木23
折角カメラにMC20を付けて600mm相当にしたので、対岸の合歓の花を狙って玉ボケを写してみたが、何だかMC20を付けるとミラーレンズの様にリング状の玉ボケになる様だが、これはMC20+40-150mmF2.8の組み合わせが原因?それとも光線状態による現象なんだろうか???

合歓の木10
しかしMC20を40-150mmに付けて600mm相当にすると、同じ合歓の花でも相当アップで狙う事が出来て、合歓の花の撮影が楽しくなる・・・
換算600mmはアップだけでなく、被写体前後のボケも綺麗なので野鳥撮影ばかりで無くこういった撮影のも使える様だ・・・

合歓の木06
今まではこんなにアップした合歓の花を撮りたくても撮れなかったので何だかアップばかり撮って居る木がする・・・
しかし合歓の花ってこの細い線の様なものが雄しべらしいが、雌しべは何処にあるんだろうか???
アップにして初めて疑問がわいてきた・・・

合歓の木08
しかし合歓の花はカミさんが大好きな花なんだが、よく見ると実に不思議な形をした花に見える・・・
調べてみると細くて長い髭の様な雄しべの根元に有る緑色をした筒状の物が花弁らしい・・・

合歓の木22
合歓の木は何とマメ科の木らしいがどんな実がなるのか見た試しが無いので今度この近くを通る時は注意してみてみようか・・・
カミさんも合歓の木を庭に植えたいと言って種を欲しがって居たから、有れば採ってこようかな???
なんでも中国では合歓の木の花を採取して天日乾燥させ合歓花(ごうかんか)と称して精神安定や不眠解消の効果があるとされるそうだし、樹皮は合歓皮(ごうかんひ)と称する生薬で、7 - 8月ころの樹皮が剥がれやすい時期に幹や枝の一部から剥ぎ取って、表面の粗皮を取り除き、天日乾燥させたもので樹皮にはタンニンが含有され、利尿・強壮・鎮痛効果があり、花と同様に不眠、不安に対する薬効もあるとされるそうだ・・・(Wikipediaより
しかしそう言ったことは別にして合歓の花は実に撮影の被写体としては面白く感じる・・・
葉は夜になると閉じる就眠活動をするし、花は独特の甘い香りが有って花も他に無いような独特の花をしている・・・
初夏にピンクの独特な花を付けて呉れるのは、実に有難い存在だし、花の表現も結構難しさが有るので飽きる事が少ないと思う・・・
アジサイとは別の面白い花だと思うので、この花の表現もチャレンジしていきたいと思う・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment