FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

30

大山雪景色を撮りたくて・・・しょの4

中断していた大山の雪景色を再開して、その間にOlympusE-M1markⅢの試写する時間を稼がないと・・・
何だか雨模様な日が多くて試写が進まない・・・何だかこのお天気って嫌がらせなのかな???
みつめの棚田から (1)
閉鎖された奥大山スキー場へ行く途中、道路が凍結していて久しぶりにタコ踊りをして、奥大山へ行くのを諦めて御机まで帰って来たが、もうお昼過ぎに成って居たので御机の駐車場所?でお昼ご飯にすることにした・・・
しかし肝を冷やした後なので、冷たいコンビニ弁当を食べる気にもならず、何か暖かい物は無いかと探すと相変わらずの袋ラーメンとどん兵衛が有ったので袋ラーメンはいつも食べているので、きつねうどんのどん兵衛にした・・・
きつねうどんのどん兵衛は久しぶりで、袋ラーメンより高価なので余り買ったことが無いが、今回大山に来る際カミさんがてんぷらそばのどん兵衛と共に持たせてくれたものだ・・・
出汁の効いたうどんって言うのも中々旨いので大好きだが、カップ付きと言うのは後でごみに成るので余り撮影旅行では食べないようにしている・・・
どうも登山の時の癖で、ごみを出さない様に無駄な荷物を減らすような習慣が付いて居る様だ・・・
と言う事で昼食を済ませてコーヒーで腹を落ち着けてから国道181号へ出ようと御机を出発したが、バックミラーに写る大山の南壁が中々綺麗だったので停まってみると、其処には雪をかぶった段々畑が・・・
後で調べると「みつめの棚田」と言う所らしい・・・
烏が山 (1)
みつめの棚田からの大山南壁も綺麗だったが、此処から見る烏が山も中々見事な山容を見せて呉れる・・・
秋の紅葉に彩られた烏が山も良いが、雪に覆われた烏が山も中々良いものだなぁ~・・・

みつめから烏が山
少し引いて烏が山とみつめの棚田をコラボしてみた・・・
烏が山と大山のすそ野に抱かれたみつめと言う部落は中々長閑な村の様に見えたが、そんな雰囲気が出ているだろうか???

みつめの棚田
烏が山とみつめの棚田をコラボしたので大山南壁も少し引いてみつめの棚田とコラボしてみた・・・
此処からだと大山が少し遠くに成るのか、大山が少し小さく成って仕舞った…
そこで写し直したのが1枚目の画像だが、見ている方はどちらがお好みだろうか???

溝野口から
国道181号線へ一旦出てから溝ノ口のループ橋を上って溝ノ口IC付近に有る秋にも寄った休憩所みたいな所へやって来た・・・
此処からの大山は正に伯耆富士と言う名の通り中々端正な山容を見せて呉れる・・・
まぁ~一番の難は道路に有る電信柱だろう・・・

公衆電話ボックス
此処には何故か鬼の公衆電話ボックスや何の用途か分からない建物が建っている・・・
大山には鬼の伝承でも有るのだろうか?でも他の地区では鬼のマスコットとかは見ないしなぁ~・・・

植田正治写真美術館 (1)
溝ノ口から大山へ再エントリーしたのは、最近知った植田正治氏の写真美術館で写真を拝見するためだったのだが・・・
GoogleMapで場所を探してナビに入力して置いたので何処からでも行く事が出来るが、冬季閉鎖の道路が多いので一番確実だろう溝ノ口からエントリーしてみた・・・

植田正治写真美術館02
しかし折角やって来たと言うのに植田正治写真美術館は冬季休館中だった・・・
ん~大山は道路も美術館も冬季には閉鎖に成って仕舞うんだなぁ~・・・
いやぁ~これは予想外だったなぁ~、高度的には随分としたの方なので雪の影響はそんなに無いと思っていただけに一寸失望してしまった・・・
此処で大山の魅力的な写真を拝見して、大山を撮る参考にしたかったし、自分のセンスをも磨きたかったのだが・・・
また私の知らない絶景が有るやも知れず、今後の撮影の手引きにもしたかったが、致し方が無い・・・
まぁ~駐車場に着いた時に、駐車場に一台も車が停まって居なかったので不吉な予感は有ったが、それが当たってしまった・・・
私が写真を再開したのは愛媛の高橋毅氏の写真集を見てだったから、結構石鎚山の写真で撮影欲を刺激されていたのかもしれないなぁ~・・・
瓶が森や石鎚山などは毎年の様に登って居ましたから、同じ山をテーマにした高橋毅氏の写真に共感したのかもしれない・・・
大山も山仲間やザイルパートナーから冬山をやる際には山スキーの技術が有った方が良いと言うアドバイスでスキーを始めた訳だし、訓練で冬の大山を登ったりもしたし・・・
家族で石鎚山スキー場は勿論、大山や氷ノ山、鉢伏や神鍋、志賀高原や渋峠などスキー場は沢山滑ったし・・・
だから雪山には慣れていたものの、雪山の魅力を写真にするのは結構難しい・・・
山と渓谷や岳人などの雑誌に載っている魅力的な写真は、余程の雪山エキスパートでないと写すこともその場に行く事も出来ないだろうし・・・
行けたにしても其処で光を待つことがどんなに難しい事かは雪山へ行った者でないと分からないだろうなぁ~・・・
スポンサーサイト



4Comments

いもじいじ山陰  

みつめの棚田、初めて聞きました。
ここは棚田と大山のコラボが撮れるので
多くの人が車を停めています。
溝口には鬼伝説があって街中至る所に
鬼のモニュメントがあります。
ここの鬼は人間を助けてくれる良い鬼だそうです。
植田正治美術館残念でしたね。
植田さんの写真は見られたことがありますか。
人物を写したものが多いです。

2020/03/31 (Tue) 06:28 | EDIT | REPLY |   

くぅ  

ダイナミックだねぇ~
空もキレイ~♪

2020/03/31 (Tue) 14:31 | EDIT | REPLY |   
@我楽多

@我楽多  

Re: いもじいじ山陰さん・・・

>棚田と大山のコラボが撮れる
矢張り皆さん良い場所はご存じなんですねぇ~・・・

> 溝口の鬼は人間を助けてくれる良い鬼だそうです。
矢張り伝承が有るんですかぁ~・・・

> 植田さんの写真は見られたことがありますか。
> 人物を写したものが多いです。
そうなんですかぁ~・・・
大山の麓に有るし、美術館から大山が見えるのでてっきり風景写真だとばかり思って居ました・・・
でも植田さんの人や物の見方が見たかった気もします・・・
風景写真が好きですが、色んな写真家の視点を見てみたい気がします・・・

2020/03/31 (Tue) 16:41 | EDIT | REPLY |   
@我楽多

@我楽多  

Re: くぅさん・・・

何だか北海道にも通じるダイナミックな風景だと思います・・・
空は次々と表情を変えていますから、強い風が吹いていたかと・・・
この晴天のお陰で、放射冷却が起きて道路が凍結していました・・・

2020/03/31 (Tue) 16:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment