FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

04

新しい遠征のために・・・しょの1

SOTO310_2019112511122993b.jpg
天狗高原の遠征でOD(アウトドア)缶を使用する調理ストーブとCB(カセットボンベ)缶を使用するガススヒーターの予備ガス缶が意外とスペースを取るのでガス缶を統合して予備ガスのスペース縮小を考えた・・・
何方のガス缶に統合するかを考えると、旅をする上でどこでも手に入るCB(カセットボンベ)缶に統合する方が得策と考えた・・・
OD(アウトドア)缶は1本100円位、OD(アウトドア)缶は1本500~600円位するのでガス代の節約にもなるし・・・
で、何処のガスストーブが良いか色々考えたが、OD(アウトドア)缶とCB(カセットボンベ)缶が両方使えるガスストーブにしようかと考えて居たものの、それではガス缶を統一するという当初の目的が果たせないし、季節によっては予備ガスはOD缶とCB缶の両方を持つ事となり当初の目的が達成できない・・・
なのでCB(カセットボンベ)缶が使えてレギュレーターが付いている物を〇ゾンで探してみた・・・
レギュレーターと言うのはのガス気化によってボンベが冷えガスの圧力が低下しない様、燃焼熱をボンベに伝えてガス圧力が低下しないような構造を言うが、これが有ると無いとでは寒冷時にガスストーブが使えるか使えないか位の差が出る・・・
まぁ~CB缶はブタンガスの成分が多いので、最終的には寒冷時は沸点の低いプロパンガスの含有が多いパワーガスやOD缶を使わないと0℃以下に成ると使用が出来なくなるものの、車内で使うなら積雪期以外なら0℃以下に成る事は少なく十分使える・・・
どのみち積雪期にはOD缶のストーブかガソリンストーブが必要に成るので、その必要が有る場合はそれらを使うつもり・・・
そこでCB缶が使えて高さが低いガスストーブを探したところ、SOTOのST-310と言うガスストーブが目に止まった・・・
ホースでバーナー部分とガス缶部分が分離出来る同じSOTOのST-301と最後まで悩んだものの、大きな鍋をストーブ上に載せる事は無いし収納時にコンパクトなST-310に決めて注文した・・・
SOTO310-02.jpg
1枚目の様な箱に入って送られてきたものの、中身は↑の様なもの・・・
まぁ~言ってみればストーブ本体と収納袋と説明書だけの簡単なもので実にそっけない・・・(笑)

耐熱シリコンチューブ
このSOTOのST-310と言うガスストーブはゴトクの構造上ストーブに点火するとゴトクが熱くなりそれに繋がる足も熱くなると言う欠点が有り下手をするとテーブルを焦がしそうなので耐熱シリコンチューブをホームセンターで内径4mmφを1mを購入してきた・・・

シリコンチューブカット
買ってきた耐熱シリコンチューブを取り合えず4分割した・・・
シリコンチューブを入れる足の長さを図って見ると17~18センチ?だと思うが、シリコンチューブを短くカットして置かないと足は急カーブが多いので此処でチューブの変形と摩擦が大きく成って捻じ込み難くなる・・・

シリコンチューブ取り付け
シリコンチューブに食器用の洗剤を流し込みゴトクにねじ込むと、スンナリ入るものの足の接地部分で急カーブで曲がって居るので此処でつっかえてしまいねじ込んでも手を離すと元に戻ったり洗剤で手が滑ったりと言う行ったり来たりなので、ドライヤーでシリコンチューブを温め軍手を履いて押し込むと少しは柔らかくなったのか何とか入って呉れた・・・
まぁ~シリコンチューブの長さは適当なところで切っちゃったが、最初思った通り相当余っちゃった・・・

保冷パック
次に問題だったクーラーボックスの保冷なんだが、ネットなどの口コミを参考にしてロゴスの倍速凍結の氷点下パックXLにした・・・
期待度一番のロゴス氷点下パックGT-16℃は保冷力は強いものの持続時間が短いらしくて保冷力持続時間が長い倍速凍結の氷点下パックを買って見た・・・

保冷剤
ロゴスの氷点下パックXL1個だけでは保冷持続時間が長くても流石に保冷温度をキープすることは難しいと思い、比較のためにホームセンターでも保冷剤を買ったが、保冷持続時間では値段の割に結構健闘していると言う保冷剤750g・・・
値段はロゴスの氷点下パックXLの半分以下だったから2個買ったが、これでクーラーボックスの長辺にロゴスの氷点下パックを置き、短辺にコーナンの保冷剤を両側に入れようと言う作戦・・・
まぁ~一応クーラーボックスの6面中3面は保冷剤で囲える訳なので、少しは長く保冷して呉れると有難いのだが・・・
これにスーパーで頂くクラッシャーアイスと併用すればクーラーボックス内の湿度も上がって野菜などもしおれずに保存できるだろうし氷も長持ちするだろうと期待したい・・・
大体「要冷蔵」の食品は、7℃以下とか10℃以下で保存するよう書いてあるから、クーラーボックス内の保冷温度を必要以上に下げるより保冷温度は7℃くらいに抑えて、保冷時間を伸ばしたいと言う企みが此れで達成できるかどうかは今後の遠征で検証したいと思う・・・
スポンサーサイト



2Comments

くぅ  

なんだか・・・
こちらは、
保冷剤って、考えられない季節です。
午後3時00分現在 -6.5 度

2019/12/04 (Wed) 15:42 | EDIT | REPLY |   
@我楽多

@我楽多  

Re: くぅさん・・・

ハハハハハ-6.5℃って本当に冷凍庫見たい・・・
でも食品が凍らないようにクーラーボックスに入れる必要は有りますねぇ~・・・

2019/12/04 (Wed) 16:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment