FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

27

大窪寺へ紅葉見物で・・・しょの1

紅葉08
一寸掲載が遅れたが、11月8日娘夫婦が来ると言うので翌9日にお昼ご飯がてら大窪寺に紅葉見物へ出かけた・・・
そろそろ大窪寺の紅葉も良い頃かな?と言う時期なので、娘や孫たちも八十八庵の打ち込みうどんと共に楽しみにしていた・・・
しかし季節も丁度と思われたので渋滞が心配で少し早めに出発したが、混雑も無く意外と早く到着してしまった・・・
余りに簡単に到着してしまったので、未だ紅葉の時期には早かったのかと心配に成って車を停めたら急いで大窪寺が見えるところまで行って良く見ますと結構綺麗に紅葉して一安心・・・
まぁ~それでもよく見ると未だ紅葉していない紅葉があったりで、ほぼ7割の紅葉が紅葉していたのではないかと思う・・・
やれやれ娘たちを連れてきた甲斐が有ったと言うもので、一安心した所でソロソロ境内へ登って行きましょうかねぇ~・・・
やはり少ないようでも矢張り土曜日なので結構参拝客も多く来ている様ですねぇ~・・・
で、大窪寺ど定番に成って居る三門の紅葉です・・・
紅葉12
三門を潜り振り返りますと三門の向こうに綺麗な紅葉が見えましたので此処で何枚か撮りましたが、娘や娘の旦那は子供ほったらかしでスマホで写真を撮りまくって居ます・・・
いやぁ~これだけ喜んでくれると連れてきた甲斐が有ったというものです・・・

公孫樹02
ここまで来ると境内の大公孫樹は目の前ですので大公孫樹へ急ぎますがこの公孫樹が黄葉した葉を付けた状態で出会えるのは何年ぶり何でしょうかねぇ~・・・
でもこの大公孫樹が黄葉した葉を付けている時に紅葉は未だ紅葉が進んでいない事が多いので痛し痒しですねぇ~・・・

十六羅漢
大公孫樹とくればその下にある十六羅漢像が定番でしょうねぇ~・・・
何だか此処は来る度に撮って居る気がしますが、今年は暖かいのでまだ公孫樹の落葉が進んでいませんので、羅漢さんに持たせる公孫樹の葉っぱも余りありませんねぇ~・・・

女体山と本堂
十六羅漢像から少し目を西に振ると本堂とその後にそびえる女体山が目に入りますが、この本堂の位置は誰が決定したのか良い位置に本堂を建てたものですねぇ~・・・
本堂にお参りする人は嫌でも女体山の威容が目に入ってきます・・・

手水舎
ここでふと気に成って手水舎を覗いてみました・・・
矢張り手水舎の水面に公孫樹の黄色が写り込んでいましたが、もう公孫樹の木への日差しが少なく成って居るのか?水面への黄色の映り込みの色が少し弱い感じですねぇ~・・・

紅葉21
手水舎で写真を撮っていると娘が呼ぶので行ってみると、大公孫樹の横から南方向が結構良いと言うので見てみたが、まだ紅葉が紅葉しきれて居なくて緑の葉も多いので、紅葉した葉っぱで隠して影のようにして背景の赤い紅葉を暈してみた・・・

紅葉16
写真を撮って居るとふと可笑しな葉っぱが揺れているのに気が付きました・・・
↑は背景が黄葉した紅葉なので背景が綺麗ですが、此方は背景がまだ紅葉しきれて居ない黄葉の葉っぱでしかも揺れている葉っぱも黄葉している葉っぱですから余りにも変化が有りません・・・
どちらかが紅葉して呉れていれば色の変化が出来て面白かったんですが、何とも黄色黄色した写真に成ってしまいました・・・
しかしオリンパスのE-M1mark2に40-150mmF2.8を付けて手持ちで撮って居ますが、ほぼ300mm相当F2.8でシャッター速度が1/8secまで落ちています・・・
流石に少しブレ気味でピントが甘く感じますが、揺れている葉っぱは見事にブレて呉れました・・・
この見事な手振れ補正を一度でも体験するとオリンパスのカメラが手放せなく成るんですよねぇ~・・・
まだまだ明るい晴れた日の午前中で日の光は十分なはずなんですが、葉っぱの作る陰に入ると相当暗く成るんですよねぇ~・・・
ISOを上げりゃぁ~良いじゃぁ~無いかと言う方もおいでますが、マイクロフォーサーズでは高感度ノイズが出るのが嫌なので出来るだけ上げないようにしています・・・
とくにオリンパスのカメラでは余りISOを上げずに強力な手振れ補正に頼った方が画質の良い写真に成ると思います・・・
現に連射して撮った他の写真は見事に止まって居ましたし・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment