FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

15

ヤサゴローへの積載状況・・・しょの1

写真用品収納
床下収納への写真用品の積載状況です・・・
運転席側の床下収納には防湿効果が有りそうなコンテナボックス2個に各種角形フィルター、レンズヒーターとモバイルバッテリー、折りたたみレフ版、レンズ清掃道具、SDカードなどの予備カード、予備電池(単3・単4)などをカビ防止剤と一緒に収納しています・・・
夜は寒いだろうと言う予測で昨年買ったCB缶(カセットボンベ)用ガスヒーターを手前側に積んでいますが、温かかったので使わずじまいだったのでもっと奥の方でも良かった感じです・・・
下の板は奥の物を取る時に板を手前に引けば板に乗った荷物が手前に出てくる様に敷いた敷板です・・・
本当は引き出しの様なものが良いのでしょうが、軽量化の為に機能だけと考えた結果この様な形に簡素化しました・・・
左に写っているのは折り畳みテーブルの屋外用の延長足です・・・
東屋などが無い様な山奥の広場でお天気が良い日にはテーブルを外に持ち出し、足を継ぎ足して↓に写っている折りたたみ椅子で食事を取ったりコーヒータイムを楽しんだりカメラの手入れなどをする事が出来ます・・・
まぁ~そんな事も時間が有って天候が良い時期限定で車中泊生活の気分転換を味わう為では有りますが・・・
脚立と折り畳み椅子
助手席側の床下収納には折りたたみ椅子と脚立が入って居ます・・・
この折りたたみ椅子はディレクターチェアーみたいなひじ掛け付きでなんちゃって号に積んでいたもので星空を見上げるには背もたれが高くていい具合で、カミさんお手製の収納袋付きです・・・

予備ガスなど
折りたたみ椅子の後ろ(写真では手前)には予備ガスなどを入れたクーラーバックを積載して居ます・・・
予備のCB缶(カセットボンベ)3缶とOD缶(アウトドア)1缶、予備ライターと予備ロールペーパー、写真には写って居ませんが、ライターの下には非常用にファイヤースターターと缶入りの固形燃料などが入って居ます・・・

クーラーボックスと三脚
運転席後方の床下収納には高さのあるクーラーボックスとリヤシート下には三脚と撮影用折りたたみ椅子を収納しています・・・
此処にはジャッキやホイルレンチなどが有りますから、余り沢山は収納できませんが、クーラーボックスは昔買った釣り用の安物ですが取り出さなくても蓋上部に若干の余裕が有るので蓋を開けて中身にアプローチすることが出来ます・・・

長靴突っ掛け三脚
助手席後方の床下収納には三脚2本とつっかけ、奥にはゴム長をトレーに入れて収納しています・・・
ゴム長は濡れた所を歩きますから、収納には下にトレーを使いゴム長が濡れていても収納に差し支えない様にして居ます・・・
つっかけはテント泊の時から愛用していて一寸トイレとかに行く際には手軽に履けて便利です・・・

水タンクお風呂セット
ゴム長の奥には5Lの水タンクとお風呂セットが入って居ます・・・
水は500mlのペットボトルに小分けして車内に持ち込んでいます、お風呂セットは今回は毎日お風呂に入ったので、もっと出しやすい所でも良かったかな???

ガス警報器
今回は車内でガスヒーターを使う可能性が有ったので、折り畳みテーブルの上にCOガス警報器を取り付けました・・・
此処はテーブル上でガスストーブ(コンロ)を使いますから最適の場所だろうと思います・・・

調理用品等
車内に積んでいる調理道具類です・・・
定番のイワタニのOD(アウトドア)缶用ガスバーナーに角型コッヘル、クレラップやくっつかないクッキングホイル、フリーザーバック、クッキングホイル、お湯と氷用のサーモス2本、包丁や調理ハサミ、スプーン・フォーク・ライターなどを入れたバック、チタンコップやサーモスカップ、割りばし、布巾、キッチンペーパーや調味料、バーナーのウィンドシールドなどが入って居ます・・・

食料品塔
調理道具を入れた籠の横にある折り畳みテーブルの下に食料品などを入れた籠を入れています・・・
入っている物は天狗高原で消費した残りですが定番のレトルトご飯や乾燥パスタ、レトルトパスタソース、缶詰数種類、インスタントラーメン、使い捨てドリップコーヒー、インスタント味噌汁、インスタント春雨スープ、レトルトカレーなどが入って居ますが、これは食糧計画で変わってきますがここまでの装備品を含めた重量は床が40Kg、装備品は15Kgでクーラーボックスなどで8Kg増加しましたので合計55Kgとなりましたが、これにはカメラとレンズは含んでいません・・・
改装前は12Kgでしたから43Kg増加したことになり成人女性一人分が増加した感じです・・・
軽4の車中泊車では電気容量の関係で電気冷蔵庫を積むと結構な電力を継続的に使うので他に対する影響が大きく成りますから使って居ませんし、安物クーラーボックスでは24時間氷が持てばオンの字です・・・
ですから初日~2日目までは生鮮食品が使えますが、それ以降はどうしてもレトルト主体の食事に成ってしまいます・・・
まぁ~周りに食事が出来る環境が有ればそこで食事もできますが、山中ではそう言う所は望み薄ですし、写真撮影中は食事時間も通常の食事時間から大幅に変わる場合が有りますから、食べたい時には営業時間外と言う場合も有ります・・・
写真撮影は通常の生活パターンでは生活出来ず夕方の夕景から夜は徹夜して星を撮って居ると日の出を迎えますので日の出後に食事をしてお昼中は睡眠って言う場合も沢山有りますから、何時でも食事や睡眠が出来る環境作りが大切ですねぇ~・・・
まぁ~車中泊をしている人の中には、家庭でいる時と同等の快適さを求めて、大容量のリチウムイオン電池に電子レンジ、冷凍冷蔵庫やIHコンロなどを車に持ち込んでいる方もおいでです・・・
確かに電子レンジと冷凍庫は冷凍食品やレトルト食品を調理するには最適で調理できる食品も非常に多いのが現実です・・・
しかしリチウムイオン電池と言えども使えば容量は減りますし、電子レンジなどは大電力を消費します・・・
リチウムイオン電池の充電は多くがシガーライターからの12V15Aで充電しますから、使った電力を回復するには太陽光発電を併用しても相当な時間が必要に成り、毎日が晴天とは限りませんし充電の為にエンジンを掛けるのは山中ではガソリン残量が心配で良い方法とは言えません・・・
ですから充電できる電力で使える電力を設定しないと直ぐに電力不足に陥ってしまいますからご注意を!!!
皆さん便利さにだけ目を向けて肝心の充電時間を考えていないので、毎日繰り返して使える装備なのかを置く検証する必要が有りますねぇ~・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment