FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

14

ヤサゴローに天井収納を・・・しょの5

折角の3連休でしたが、ヤサゴローが改装中だし台風19号が接近してお天気も悪い予報でしたので何処へも出かけられなかった・・・(涙
まぁ~ヤサゴローの改装が少し進んだので良しとしなければなりませんが、早く改装を終わらせないと遠征予定が迫っているし通勤にも支障が出てしまいそうです・・・

床編み完成
やっと天井収納の床編みが完成しました・・・
始めて作ったので決して褒められた出来では無いと思いますが、次に作る時にはもっと綺麗に早く出来ると思います・・・
何しろ教えて貰った事を反芻しながら作りましたが、初めてなので要領が分からず戸惑ってばかりでした・・・
これで重量は5Kg程ですから余り重心が上昇する事も無いと思います・・・
他に例えばグリーンカーテンで使っている様な農業用の網を枠の大きさに合わせて大まかに切って網に枠を通してから枠を組み立てる方法やメッシュパネルを床に使う方法も有りますから、無理にこの方法を取らなくても軽量化の方法は幾らでも有ります・・・
私の場合は偶々PPテープや両面接着テープなどを扱っている人が居てノウハウを教えて貰えましたし、不良在庫を頂いたりしましたのでPPテープを使いました・・・
PPテープでも全面を編みこんでバックや物入を編んでいる方も居ますが、これだけの面積を全面を編み込みで作ろうとするとPPテープ同士の隙間を作らない様編むのが難しいそうです・・・
私が飲みに行った先で偶々出会ったテープで座面を張った椅子を見てこれなら軽量化が出来ると思って天井収納の床に採用しました・・・
まぁ~発送部の人に色々教えて貰わないとこの方法も満足に出来なかった可能性も有りますが・・・
矢張り材料に対する知識が無いと性質も特性も分かりませんから、工作方法も分からないと言った事に成ります・・・
パイプ椅子
私が同僚とホテルのガーデンバルへ行った際にこの椅子席に案内されて、座る時に椅子を持って「軽い!」と思ったのが切っ掛けでした・・・
その時の同僚が発送部の人を紹介してくれてPPテープのノウハウを教えて貰ったと言う訳なんです・・・

天井収納仮組み02
一応ヤサゴローの天井に仮組してみました・・・
取り付けの許容度を確保する為取り付け幅が10mm短くしていますから、各部とのクリアランスやガタなどを何とか妥協しながら最終位置を決めていきます・・・

天井収納後ろクリアランスjpg
一番心配した天井収納後方のクリアランスです・・・
何とかリヤハッチとの干渉も無く後方へ一杯の位置で取り付けても支障は無さそうです・・・

天井収納仮組み
まぁ~ジョイントを少し内側に回せば何とか取付ボルトを回避して取り付け出来ますが、取り付け幅を10mm狭く作って居ますからジョイントの裏にはワッシャを1枚取り付けて居て、これで何とか幅の狭さは許容出来て取り付け出来そうです・・・

天井収納組付け
天井収納の各部のクリアランスやガタなどを見て何とか取り付け精度が出たと判断して本締めしました・・・
取付ボルトには荷重の分散の為にワッシャを入れていますが、天井収納の1/4荷重と荷物と天井との圧縮力がホルダーの穴一点に掛かるのを避けてホルダー全体に分散させるためです・・・

載せてみた
床のバスケットに入れていた寝袋や枕、カッパなどを載せてみました・・・
まだ余裕が有りますが、此れから寒くなると毛布などがこれに加わりますから丁度良いスペース感です・・・
ブレーキング時に天井収納の物が前方に飛び出す心配はこれだけきつく入っていれば大丈夫でしょう・・・
加速時は後方の天井が下がって居て、隙間が殆どありませんから、余程小さなもの以外は落ちる心配もなさそうです・・・
狭い軽4では荷物を上か下へ退避させないと寝るスペースが無くなってしまいますし、食事を作ったり寛いだりするにも支障が出ます・・・
如何にダイネットのスペースを確保するか、如何に荷物の移動を少なくして寝る体制を作れるか、それが雨の日でも外に出ないで出来るかが軽4車中泊車のテーマでしょう・・・
幸い、ロケ車は軽キャンの様に食事に凝ったり、テレビを入れたりと自宅の快適設備を持ち込むことが少ない車です・・・
自宅の設備をアウトドアに持ち出すとなると設備を稼働するエネルギーが大変なことに成ります・・・
登山の幕営は水場とトイレとテン場が必要ですが、ロケ車は駐車場とトイレが有れば泊れる事が可能な造りにしないといけません・・・
ロケ車で一番大きな荷物と言えばカメラバックと三脚、クーラーボックスと食料が主な物ですが、これらの収納が大変です・・・
シュラフやマットは嵩張りますが、使用は1日に1回、食事は3回、コーヒータイムは?と言う風に1日に何回の出番が有るかを考えて収納すると自ずと収納場所が限られてきます・・・
何度も使用する機材は手近で取り出しやすく仕舞い易い場所、そんなに使用しない機材はそれなりな所へ、非常用のブースターケーブルとか牽引ロープなどは奥まった所へ仕舞うようになります・・・
軽いものは上へ、重たいものは出来るだけ下へ収納すると車が安定します・・・
その意味で軽くて嵩張るものは天井収納へ納めるのが良い方法の一つだと思います・・・
まぁ~お金持ちならルーフボックスに収納と言う手も使えますが、車によっては立体駐車場へは駐車でき無い場合が有ります・・・

今回の台風19号で被害を受けた方々へ、心よりお見舞い申し上げます・・・
一日も早い復旧を願っております・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment