FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

23

ヤサゴローの床下収納制作・・・しょの4

只今帰ってまいりました・・・
台風の影響が心配されていましたが、何とか回避できて素晴らしいお天気にも恵まれた日で終わりました・・・
遠征の写真は追々アップさせて頂きますが、まだ未整理ですので一寸先に成りそうです・・・
どうぞお楽しみに・・・

高さ確認
大体のパイプが組み上がったら、リヤシートを引き出してパイプとのクリアランスを確認します・・・
そうなんです!実は床下収納を20センチ強にしたのはリヤシートをダイブダウンせずに折りたたんだ状態で床を作りたかったのです・・・
ただ単にリヤシートをダイブダウンして床下収納を作ってしまうと、高さに変化がない収納に成ってしまいます・・・
↑の様に片側はダイブダウンして、もう片側は引き上げた状態で使う事も出来ますし、両方ともダイブダウンしたり引き上げたりしても使えますから、季節によって変わる荷物の種類によって床下収納の高さを変えることが出来ます・・・
今まで高さが有って床にしか置けなかったクーラーボックスや水タンクがここに収納できますし、ジャッキやホイルレンチへのアプローチも簡単に出来ます・・・
またロケ以外で急に乗車人員が増えてもパイプを一部外してリヤシートを起こせば4人まで乗る事も出来ます・・・
ガスバーナーやコッヘル、食料や水タンクなどはボッチなら床に置いても差し支えありませんが、2人で車中泊する時はそれらをこの床下に収納すれば出したり入れたりは簡単に出来ますし、雨が降っていても一々外に出る必要は無く床板をはぐれば直ぐに荷物に手が届きます・・・
軽4のワンボックスと言えども空間は限られていますから、一番厄介な雨降りを想定してダイネットを確保して外に出ずに2人が食事を作って食べられて、その荷物を片付けて寝る準備をすると言うシュミレーションをした結果、こう言うレイアウトに落ち着きました・・・
一部分解
↑の状態からパイプ3本を外せるように組んでいます・・・
容易に外せるようにジョイントにはめ込む長さを通常は30mmですが25㎜に短くしています・・・

リヤシート起こし
パイプを3本外すとこの様にリヤシートを起こせますから、此処を玄関として室内へのアプローチが容易に出来ますし、脱いだ靴や室内から一寸出る際のツッカケなどは運転席側のリヤシートの背もたれ上か足元に置く事が出来ます・・・
さらに急に乗車人員が増えても乗車する事が出来ますし・・・

機材試し積み
一応この段階で三脚などの機材を床下に積んでみました・・・
一応問題なく積み込み出来ましたが、何となく左右のサポートが無いのでカーブで移動しそうな気がしますから、何か考えないといけませんねぇ~・・・

高さクリアランス
↑の状態で機材とパイプとのクリアランスを見てみましたが、何とか空間が有りますから、機材が踊り出さない様に何らかの工夫が必要ですねぇ~・・・
まぁ~まだ積んでいない他の機材も有りますし、カメラやレンズなどの機材や牽引用ロープやバッテリー上がりの時のジャンピングコードなど積みたい機材はまだまだ有りますからねぇ~・・・

筋交い追加
この状態で前半部の最前部の脚が少し強度不足気味な事に気が付きました・・・
何しろ脚が長い上に左右のリヤシートを出すために補強が余り入れられませんでしたから、一寸グラグラしていますから、ホームセンターへ行って筋交いのパーツを買ってきて取り付けました・・・

ビス止め完了
大体全体の強度が上がったので各ジョイントをタッピンビスでパイプと止めていきました・・・
すると全体の強度が上がって一体感が出て来ました・・・

ビス止め箇所
タッピングビスで止めた個所です・・・
メーカーでは必ず接着してくださいと資料に書いてありましたが、全体的な強度がまだ未知数ですし、追加で補強が必要な場合にはねじを外すと直ぐに追加の補強を入れる事が出来ますので、最終段階まで接着はしない方針で行こうと思って居ます・・・
また使って居てもっと室内髙が欲しいとか、前後長がもう少し欲しいとか、ジョイントが壊れたとかの時には矢張り接着しておくよりビス止めの方が対応し易いのでは無いかと思います・・・
確かに接着した方が強度が出るでしょうが、それよりは後々の対応のし易さを優先させた方が良いと思います・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment