FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

04

ヤサゴローの床修正・・・しょの1

大掃除と荷物卸
ヤサゴローの床は今まで完全な段差処理はしていませんでしたが、寝ていると何だか凸凹が気に成り始め、僅かながら黴の匂い?食べ物の残り香?チャイの匂い?がしてきましたので、雨や曇り続きで残暑の撮影に行けないこの時期に思い切って荷物を全て降ろして大掃除がてら床の点検をすることにしました・・・
まぁ~テント泊で床が凸凹している処で寝るのは慣れていますが、リヤシートと荷室の段差が約4センチ有りその内2センチしか段差処理をしていませんでしたが、少しズレて段差が大きく成った様ですし大掃除は1年に一度位に12月にしていますが、車中泊の垢が溜まったのかもしれないと荷物を全て降ろして、雨の止み間にGSで洗車し掃除機で車内を徹底的に掃除しまくりました・・・
更にGSの拭き上げタオルを使って車内のガラスやプラスティック内装の拭き掃除までやっちゃいました・・・
そうすると僅かに残っていた黴臭?チャイ臭?らしき匂いが無くなりましたから、此処でファブリーズの出番です・・・
何時も車中泊をした後はシュラフ等を乾燥させるように車のドアを全て開け放して車内に風を通して乾燥させてからファブリーズをするんですが、荷物や敷物が邪魔でその下までは手が回って居ませんでした・・・
なのでこの際にリヤシート周りや床のカーペット周りを乾燥させようとドアフルオープンで風を通しました・・・
まぁ~湿度が高い空模様ですが、車内に風を通さないよりはましでしょうねぇ~・・・
っと言う事で乾燥後はカーペットをめくって下のマットを点検すると案の定マットがずれていましたのでマットを撤去した上でファブリーズしましたから黴臭?らしき匂いも全くしなくなりました・・・
まぁ~拭き掃除も大いに効果が有ったと思いますし、風を通しての乾燥も効果的だったと思います・・・
プラスティックすのこ
一旦ズレていた下敷きのマットを撤去しましたが、荷物を置いて居る運転席側の床の下も柔らかい銀マットでしたから上の3段チェストが安定しません・・・
そこでホームセンターでプラスティックすのこを買ってきて下に敷くことにしました・・・

置いてみる
プラスティックすのこは抗菌防カビの様ですから、黴臭が出ることは無いでしょうし軽量ですから助かりますねぇ~・・・
当たり前ですが結構丈夫で上に載ってもブカブカすることは有りません・・・

干渉部
荷室に置くとリヤのシートベルトキャッチが干渉してしまいますねぇ~・・・
今までが銀マットでしたから干渉を逃げてくれていたようですが、今度はそうもいかない様です・・・

干渉部03
致し方が無くカッターで干渉部を切り取ります・・・
これが木製のすのこだとこう簡単には逃げを作る事が出来ないでしょうねぇ~・・・

プラスティックすのこ02
材質は発泡ポリプロピレンの様ですから、カッターでサクサク切ってシートベルトキャッチの逃げを作ってしまいます・・・
リヤシートとの段差は約4センチ有りますが、3.5センチの厚みが有りますから、ほぼ段差は解消できます・・・

助手席側
助手席側はお風呂マットを敷いてみました・・・
実は厚手の銀マットも有りましたが、結構割高でしたから此方を選びました・・・

バスマット
お風呂マットの材質はEVA樹脂を発砲させていますからカッターで簡単に切る事が出来、シートベルトキャッチの逃げを切り抜く事が出来ました・・・
このマット僅か500円強ですが、同じ厚みの銀マットは2000円超えしますから厚手の銀マットを買うより安くつきます・・・
まぁ~ヤサゴローもそろそろ床下収納を作って三段棚の荷物を床下に収納しないと2人寝る事が出来ません・・・
今は私とチャイが寝るので精一杯ですがカミさんが一緒に行けないのでオカンムリで困ります・・・
まぁ~なんちゃって号も出せば一緒に行けますが、大人二人と一匹が泊まるのに軽四2台は勿体ない・・・
ヤサゴローの収納で一番困って居るのが三脚の置き場です・・・
現在は足元に転がしていますが、これでは寝返りを打つと足に当たって痛い目をしてしまいます・・・
チェストの横に立てて収納した事も有りますが、固定が十分で無かった性か車が揺れると窓や内装に当たってしまいます・・・
なので本格的に床下を嵩上げして三脚等を収納して2人が寝られるように床下収納を作ろうと思いますが、休みが有りません・・・
休みが取れて床下収納作成迄の凌ぎでの床作成ですから、余り本格的には作り込みをしません・・・
まぁ~床下収納も余り重くしないように構造や寸法を考えないといけませんから少々時間が掛かります・・・
良くある立派な床下収納や棚は重量を増やすだけで、ブレーキ性能や加速性能、燃費をスポイルさせてしまいますから、出来れば人間1人分の60Kg以内に収めたいわけです・・・
キャンプ道具や撮影機器などで約30Kg程有りますから、床下収納を30Kg以内に収められれば合計60Kgに収められますからそれを目標にしたいと思います・・・
スポンサーサイト



2Comments

くぅ  

お疲れ様。
我楽多さん、アイディアマンだよね。
色々工夫するのも楽しいのかな?=*^-^*=にこっ♪

2019/09/04 (Wed) 16:48 | EDIT | REPLY |   
@我楽多

@我楽多  

Re: くぅさん・・・

まぁ~一人で写真撮影の為に車中泊するには現状でも十分なんですが、カミさんも付いてくると成れば荷物で寝られませんから改装を決心しました・・・
2人で行く時はなんちゃって号で行く事も出来ますが、長距離に成るとヤサゴローのターボが物を言います・・・
まぁ~災害時でも役に立ちますし、単なる旅行でも使えますからこの際以前から考えていたアイデアを実践しようかと考えています・・・

2019/09/05 (Thu) 16:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment