FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

23

芙蓉が咲いて居る農家・・・しょの2

芙蓉
芙蓉が咲く農家の続編です・・・
今回は白い芙蓉を中心にお送りしたいと思います・・・
しかし蓮と言い、芙蓉と言い白い花は露出が難しい上に太陽が顔を出したり雲に隠れたり露出がコロコロ変わりますから難儀します・・・
↑は太陽が厚い雲に隠れて雨でも降り始めるかと言う位に暗くなった時に60mmマクロの開放での画像です・・・
この花は扶養の木の相当下に咲いていましたが、暗くなって露出も切っていましたから背景の影が暗く落ちてくれて白い花が浮かび上がってくれました・・・
まぁ~本音で言えばもう少し絞り込んで花の半分くらいまでは被写界深度内に収めたかったんですが・・・
外での撮影は太陽光の強さが頼りですから、太陽光が陰って急に暗くなってしまうと思うような露出に出来ずに苦労しますねぇ~・・・
芙蓉02
これも同じレンズですが、撮影の際体が揺れてピント位置が少々奥へ行ってしまいました・・・
でもこれ位暗くなって開放での撮影でも手持ちで撮影できるのはオリンパスの強力な手振れ補正のお陰ですねぇ~・・

芙蓉03
扶養の木のトップ付近に咲いている花を空に抜いて透過光で撮影しました・・・
これも手持ちですが、マクロ撮影でも強力な手振れ補正のお陰で手持ちが出来るのはアングルの自由度が上がって良いですねぇ~・・・

芙蓉11
芙蓉って花の中心部がやや緑掛かって居る花も有りますが、同じ種類難でしょうかねぇ~???
見たところ花の中心が少し緑っぽい以外は他の花と何ら変わらないんですが・・・

芙蓉12
この花も花の中心部が少し緑っぽいんですが、↑の花と比べれば緑っぽい所は少ないようですねぇ~・・・
まぁ~一寸下側の花びらが虫に食われたか、葉っぱで擦れたかして痛んでいますねぇ~・・・

芙蓉10
ポートレートの基本で斜め45度から・・・
って花を女性に例えてのポートレートって言ってもややソフトに写すのと、ピントバッチリで写すのとでは写し方が全く違いますねぇ~・・・

芙蓉11
やっと太陽が顔を出してくれましたので、透過光でも写してみます・・・
こう言う花弁が薄い花は透過光で写すと花も結構色っぽいですねぇ~・・・

芙蓉10
この芙蓉は違う場所に咲いていた八重の芙蓉です・・・
やや西に傾きかけた太陽光で透過光撮影してみました・・・

吾亦紅
今まで白い花ばかりですとモノクロ画像みたいで色気が無かったので赤い千日紅をば・・・
これも別の場所に咲いて居ましたが、↑の画像の近くで咲いて居ました・・・
矢張り花でも光の扱い方で花の表情が変わるのが面白いと言いますか、中々表情を変えてくれなかった芙蓉が結構色っぽくなったりするのは一寸した光の加減だけなんですよねぇ~・・・
千日紅は色々光の加減を変えても表情が変わりませんでしたから、これは今後の課題でしょうねぇ~・・・
でも最近は60mmマクロばかり使っていますから、30mmマクロのご機嫌が斜めに成って居ま様ですから今度使ってやらないといけませんねぇ~・・・
さて何を撮りに行きましょうかねぇ~???
スポンサーサイト



2Comments

くぅ  

やっぱり太陽さんが出てくれると良い写真が撮れますね。
綺麗。

最後の赤いお花は、
吾亦紅じゃなくって、千日紅じゃない?

2019/08/23 (Fri) 16:26 | EDIT | REPLY |   
@我楽多

@我楽多  

Re: タイトルなし

写真は光画とも言いますから、太陽光が差さないと綺麗な写真には成りませんねぇ~・・・
光が無ければ影も出来ませんから立体感も出ません・・・
まぁ~適度に曇っているとデテールは出しやすいんですが・・・

最後の写真は調べたら千日紅の様ですねぇ~・・・
御指摘有難うございます!!!

2019/08/24 (Sat) 06:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment