FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

06

D850に買い替えちゃいました・・・しょの2

液晶保護シート
カメラを新しくすればお決まりの背面液晶保護シートを張ります・・・
此れも最近流行りのガラスシートにしようかと思いましたが、カメラ屋の店員さんが「ガラスシートは空気抜きが難しい」と言う事でしたので、特殊シリコンで衝撃吸収すると言う↑の従来のシートの3倍の強度が有ると言うエツミのZEROにしてみました・・・
カメラ屋の店員さんによるとガラスの液晶保護シートは曲がりにくいので空気抜きがし難くて無理に曲げようとすると割れちゃうそうです・・・
貼り付け方が悪いと隅の方が割れたり、貼り付ける時に割れたりする上に高価なので余りお勧めしないし最近のシリコン製のシートも安くなって居るし空気抜きもしやすいし、肩の液晶カバーも付いて居るタイプもあるらしい・・・
シリコン製の液晶カバーも最近は傷が付きにくくて安価なので傷が付いたり汚れたりすれば気安く交換する事が出来るので返って良いそうです・・・
ガラスシートを貼り付ける場合は、もう1枚予備を買っておくと割れた時でも慌てずに済むそうです・・・
まぁ~それ位ガラスシートを貼り付ける時に割れ易いと言う事なんでしょうねぇ~・・・
液晶保護シート張
早速液晶保護シートを貼り付けますが、端の方から空気を抜きながら徐々に貼り付けます・・・
この辺は今までと余り変わりませんから何とか空気の噛み込みが少なく貼り付けられましたが、その後の空気抜きも結構簡単にできました・・・
その上、肩の液晶まで保護シートが入って居ましたので念のために貼っておきました・・・

L字ブラケット
次に必要なのがアルカスイス互換のL字型ブラケットです・・・
色々なメーカーから出て居ますが、D800で使っていたMENGSのL字型ブラケットが安価ですし、結構良かったので同じメーカーから買いました・・・

L字ブラケット中身
尼で注文して翌日に到着したL字型ブラケットの中身です・・・
何だかD800より下のブラケットの長さが短いような感じもします・・・

L字ブラケット装着
早速D850に取り付けてみました・・・
相変わらず安物の癖にぴったりと取り付けられました・・・

L字ブラケット正面
L字型ブラケットの取り付け部をカメラ正面から見てみますと、下のブラケットが短い訳が分かりました・・・
丁度カメラ下部の電池室の蓋が結構大きいので蓋に干渉するのを避けたかったので短くしたんでしょうねぇ~・・・

L字ブラケット左側02
L字型ブラケット左側です・・・
ブラケットの背面側に少し隙間が有りますから、この隙間が有るので各種の端子蓋へのエントリーも支障なく行えます・・・
D850用のL字型ブラケットも矢張り一体成形で削り出されて居ますから、オリンパスE-M1mark2用のブラケットの様に縦のブラケットと横のブラケットはネジ等で固定されていませんから、この部分が緩んでくる心配は有りませんねぇ~・・・
D800やD850の様に結構重量級のカメラではこれが結構ポイントが高いんです・・・
縦位置や横位置にとカメラを三脚に取り付けて居るとカメラの重量が重いと縦のブラケットと横のブラケットの繋ぎ目には結構な力が掛かっています・・・
縦と横のブラケットの繋ぎ目がビスなどで繋がって居ると、中華製の安物ブラケットではビスが緩んで仕舞、縦位置に三脚に取り付けようが無くなります・・・
ビスを締めようにもビスの頭は6角のヘキサゴンに成って居ますから、ヘキサゴンレンチを持っていない限り締め付ける事が出来ません・・・
実はこの事例がオリンパスE-M1mark2のL字型ブラケットで撮影中に起きてしまい、泣く泣く縦位置での撮影を断念した事が有ります・・・
なので一体の削り出しと言うのは緩む心配が無いだけに安心感が有ります・・・
さてさてこれで撮影準備が整いました・・・
後は電池を充電してXQDカードを買えば何時でも撮影に行けます・・・
どこへ行こうかなぁ~・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment