FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

01

建国記念日には神社参拝へ・・・しょの2

唐門越の拝殿
急峻な石段を登り切ると唐門越しに紀州東照宮の拝殿が見えてきました・・・
私より若い人もツアーに参加して居ましたし、回り道に行った人も私より早く行ったはずなんですが、まだ誰も到着して居ない様で私が一番乗り???
回り道へ回った人に聞くと、回り道でも相当長くてきつい石段が有ったそうで、正面石段ときつさはあまり違わなかったそうで、正面石段の方が短いだけ楽かもと言う事でした・・・
更に回り道は石段が悪くて登り難いそうで、雪が解けて石段が滑り易く成って居るので、回り道に回ったのが殆どがお年寄りだったので登りが遅く成り渋滞したそうです・・・
ん~これでは参拝も少し遅れてしまいそうですねぇ~・・・
雪がこういう所で影響するとは思ってもみませんでしたが、皆さん雪が降って寒いし濡れるので早々に参拝を済ませている様で、一寸安心しました・・・
一番時間を取る御朱印帳への御朱印を頂く人には添乗員さんが先に社務所へ申し込んで呉れて居ましたので何とか時間が短縮できそうです・・・
三門内側
境内に入って振り返ると楼門がそびえて居ます、画像右側は社務所です・・・
この社務所で一番混雑するのが御朱印を頂く為の申し込み何ですが、添乗員さんが予め社務所横で受け付ける様神社にお願いして居た様で、お守りとかを買う人との混雑は無く、スムーズに出来たようです・・・

楼門内側02
朱塗りの楼門も彫刻などが見事なんです・・・
雪が強く成って来ましたから社務所の軒先から撮って居ますが、一寸暗い様ですが流石に不必要に雪でカメラを濡らすのは幾ら防塵防滴でも遠慮したいので・・・

紀州東照宮拝殿
そうこうして居る内に皆さんが登ってこられて、境内がたちまち混雑し始めました・・・
正面に見えるのが唐門、その後ろに拝殿が建っています・・・

東照宮由来
参拝する唐門前からは拝殿は見えるものの、重要文化財の本殿は全く見えません・・・
拝殿内や拝殿からの本殿を参拝するには社務所へ申し込んで有料で参拝出来ます・・・
今回は時間の関係で見る事が出来ませんでしたが、何かの機会に拝見したいものです・・・
祭神は徳川家康公(東照大神)と徳川頼宜公(南龍大神)ですねぇ~・・・

拝殿彫刻
唐門の後ろに有る拝殿妻面の彫刻です・・・
中々豪華な彫刻が施されて居ますがこちら側は余り金ぴかでは無く好感が持てますねぇ~・・・
渋さでは日光東照宮にも負けて居ないのかも・・・???

拝殿彫刻
ネットで頂いた拝殿の左甚五郎の作と言われる虎の彫刻です・・・
正面からは見えませんが、中々豪華な彫刻や装飾が施されて居ますねぇ~・・・
これが唐門から見えないのは、なんか勿体ない様な気がしますが・・・
こう言った彫刻や装飾を見たけりゃぁ~拝観料を払って呉れれば案内しますよと言うシステムなんでしょうが、こんな豪華な装飾や彫刻が全く見えないと言うのもアピール度が少ない感じがしますねぇ~・・・
せめてその一凛でも見れれば、それに触発されて拝観料を払ってでも見たいと言う人が多くなるのにと思います・・・
何だかそういうチラ見せで参拝者の興味を引くのは、何だかストリップの見せ方の様で申し訳ない気もしますが、少しでも神社の魅力を見て貰えば良いかと思います・・・
最近は多くの若い女性が御朱印帳を持って神社参拝に出かけている様ですが、御多分に漏れず元若い女性たちも御朱印帳を申し込んだようで、相当時間が押している様です・・・(笑
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment