FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

16

四国村へ・・・しょの12

旧吉野家住宅
旧丸亀藩斥候番屋すぐ下には旧吉野家住宅が有ります・・・
入り口にはタコ漁漁船が置かれて居ますから漁師の住宅でしょうか・・・???
漁船の上には屋根型が置かれて雨が入らない様に成って居ます・・・
しかしわざわざタコ漁漁船を入り口に配置したって言う事は、この住宅はタコ漁で生計を立てていた漁師の家なんでしょうか???
でも古い住宅の割には瓦葺ですし、壁は漆喰で塗られて結構現代的ですし、昔の住宅にしては豪華仕様な感じですねぇ~・・・
しかし私の実家も漁師なんですが、それと同じような外見ですねぇ~・・・
いやぁ~現代の漁師住宅と言われても分からないくらい現代的な外観ですが、現代の住宅と変わるのは建具が木製かアルミサッシかと言う違い位でしょうか???
それと屋根の軒先に樋が無いのが気になるくらいでしょうか・・・???
旧吉野家住宅内
開け放たれた吐き出し窓から中を覗くとこんな部屋でした・・・
火鉢が置かれて漁師の家らしく神棚と床が有り戸棚が有る間取りですねぇ~・・・
山村の住宅と違って畳み敷きです・・・

旧吉野家土間
↑の画像左側に有る土間です・・・
漁師の常で漁具が沢山置かれて居ますねぇ~・・・
しかし座敷に繋がる床は竹が並べられていますが、暖かい所の漁師住宅なんでしょうか???

旧吉野家漁具
家の外には漁具が沢山置かれた倉庫の様な物が有ります・・・
タコ漁に使うタコツボが沢山置かれて居ますが、タコの生息地は岩礁なので波が荒いと中々船を近づけるのが難しいんですが・・・
果たして何処の漁師住宅なんでしょうか???

旧吉野家住宅説明
どうやら徳島県美波市伊座利の漁師住宅の様ですねぇ~・・・
矢張り暖かい所の漁師住宅でしたねぇ~・・・
成程、濡れた道具や衣類の雫を落とすために竹を簀の子の様に床に張って居る訳なんですねぇ~・・・

土佐若者組泊屋
紹介し忘れていましたが、四国村の料金所を兼ねた入口の建物は、高知県宿毛市にある国の重要有形民俗文化財を其の侭復元した入母屋造桟瓦葺高床式の「浜田の泊屋(とまりや)」と言う建物です・・・
土佐の若者組の宿泊所で15才になった男性が酒二升を持参して若者組に仲間入りし合宿して先輩に鍛えられると言う習慣が有ったそうです・・・
男15歳で六尺の赤ふんどし、女は十四歳から腰巻付けるのが一人前の男女となった印だったらしい・・・
夜は泊屋に集まって先輩から、性教育をはじめいろんな教育を受けたそうだし、祭礼の時は、行事の中心になった様です・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment