FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

05

Nikon用のレンズを更新します・・・しょの2

18-35mmF3・5-4・5 (1)
私が持って居るAF17-35mmF2.8Dは未だカタログに載っている現行レンズですが、2002年に発売された古い設計のレンズです・・・
D800では高精細な写真ですので画面周辺部の流れや収差が結構目立ったりする様に成りました・・・
なので広角ズームを買い替えようかと考えました・・・
ニコンのNIKKOR14-24mm f2.8は数あるニコンレンズの中でもNo.1の神レンズだと言われています・・・
フルサイズの14mmスタートな上にf2.8通し!!!VRも付いて描写も凄く良くいと言われて超ド級の大型レンズです・・・
其の上お値段25万円!!!です・・・幾ら臨時収入が有ったとはいえ今の私には手も足もでません・・・
なので値段的に手が届きそうなF4のAF-S16-35mmF4 ED VRを検討しました・・・
デジカメinfoでは「解像力は16mmでは絞り開放から中央と周辺部で非常によく、四隅は若干落ちるもののとても良好だ。F5.6まで絞ると、画面全域で素晴らしい解像力になる。24mmでは最高の性能で、開放からF8までの間で素晴らしい解像力。35mmでは解像力が少し落ち、特に周辺部では少し甘くなるが、F8まで絞れば周辺部の画質も向上する」と評価されて居ます・・・
ん~F4なのに解放からは使えないのは一寸痛いですねぇ~・・・
でNikonには別にAF-S18-35mmF3.5-4.5G EDと言うレンズが有りました・・・
デジカメinfoでは「解像力は、18mmでは開放から画面全域で既に際立ったレベル(outstanding)に近い。絞ると更に改善し、F8でピークになる。24mmの解像力は中央は開放から非常に高い値を維持しているが、周辺部は素晴らしい値(excellent)をわずかに下回るレベルまで落ちる。画面全域で解像力がピークになるのは、F5.6とF8で、このとき中央は際立った解像力(outstanding)で、周辺部は素晴らしい解像力(excellent)だ。35mmの解像力は、中央は開放から際立った値(outstanding)を維持しているが、周辺部は開放では良い(good)のレベルまで落ちる。解像力のピークはここでもF5.6とF8で、このとき中央は際立った解像力(outstanding)、周辺部はとても良好な解像力(very good)だ。」と紹介されて居ます・・・
ん~AF-S16-35mmF4 ED VRは12万円少々ですがAF-S18-35mmF3.5-4.5G EDは8万円を切っています・・・
AF-S16-35mmF4 ED VRより2/3安いレンズの方が解像度は良い様ですし、重量は半分強です・・・
しかし現有のレンズよ広角側が1mm少ない18mmなのは少し痛いなぁ~・・・
でもAF17-35mmF22.8 IF-Dと同じ最短撮影距離な上、重量は半分近くに成るのは良いですねぇ~!!!
なので購入したもう1本の広角レンズはAF-S18-35mmF3.5-4.5G EDに成りました・・・
18-35mmF3・5-4・5 (3)
箱を開封すると何やら黒い物が入って居ました・・・
ん~何なんでしょうねぇ~・・・???

18-35mmF3・5-4・5 (2)
ビニール袋から取り出すと黒い物はレンズポーチでした・・・
レンズポーチを箱の上に入れてクッション代わりにしている様ですねぇ~・・・

18-35mmF3・5-4・5 (4)
ポーチの下にはレンズがプラスティックのケースに入れられて入って居ました・・・
これは28mmと同じ梱包ですねぇ~・・・

18-35mmF3・5-4・5 (5)
ケースを開けるとビニール袋に入れられたレンズとフードが入って居ました・・・
この辺は28mmF1.8も同じ梱包の様ですねぇ~・・・

18-35mmF3・5-4・5 (7)
18-35mmF3.5-4.5Gのフードです・・・
長さが短くて根本などはこれで大丈夫なの?って位薄いフードです・・・

18-35mmF3・5-4・5 (6)
AF-18-35mmF3.5-4.5G EDレンズです・・・
結構解放値は暗いんですが、解像度や収差は良いと言う評判の様ですねぇ~・・・
広角でボケを使う事は少ないんですが、どうしてもボケを使った表現が欲しい時は28mmF1.8を使うか、後でサムヤンの14mmF2.8でも買いましょうか・・・
しかし分かってはいましたが、持ってみて非常に軽いのには驚きました!!!
17-35mmF2.8の半分の重さというのは感覚以上に軽く感じますねぇ~・・・
しかも小型なのでカメラに付けてのハンドリングも楽ですし、このレンズはインナーズームなのでレンズ全長が伸びません・・・
いやぁ~小型で軽いのは正義ですねぇ~で、このレンズの鏡胴はエンジニアリングプラなんですが余り安っぽさは感じませんねぇ~・・・
其の上、レンズ性能が良いのは最高です!でもこのレンズVRが付いて居ません・・・
まぁ~17-35mmF2.8DもVR付きでは有りませんでしたが、過不足なしに使えていましたから広角にVRはあまり意味が無いのかもしれません・・・
が、今までは広角と言えども三脚に固定して撮影して居ましたから、三脚の重量を考えると機材の総重量は増えますからVR付きで手持ち撮影という方法も有りなのかも知れませんねぇ~・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment