FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

02

D850が気に成って居ます・・・しょの1


現在ニコンのD800を使って居ますが、私が撮りたい暗い所でのAFが迷いまくります・・・
仕方が無くライブビューでMFをしていますが、バックモニターの画像は拡大できるんですが、ピーキングが無いためにバックモニターの3.2インチ92万ドットの小さな液晶では今一ピントの追い込みが相当難しく感じます・・・
ファインダーはOVFですから液晶の拡大ボタンを押しても当然拡大されませんので、暗い場所でのMFには役に立ちません・・・
ミラーレスのオリンパスE-M1mark2ならバックモニターは躯体の大きさで制限されて大きいとは言えませんが、液晶画像の拡大とMFピーキングが有るのでピントの追い込みは割と簡単です・・・
オリンパスE-M1mark2の1.5倍近い価格のD800には液晶画面の拡大は有ってもピーキングが無いのは一寸納得が行かない所ですが、暗いシーンでのAFはピントに定評があるD800でも信用できませんし、色んな方法でピントを追い込もうとしてもファインダー像も暗くバックモニターの画面もピーキングが無いのでピントの追い込みが難しい・・・
結果後で確認するとピントが思った処に行っていません・・・
D800では微細な光ではピントが難しくて暗い所での使用は諦めてオリンパスE-M1markⅡを使っています・・・
まぁ~MFピーキングが追加されたD850なら何とかなる様な気がしますが、まだ高価過ぎて手が出せません・・・
出来る事ならD800にも搭載して欲しかったなぁ~其の上でオリンパスE-M1mark2の様にバックモニターの像を明るくするブースターが付いて呉れれば言う事無しなんですが・・・
MF.png
D850のMFのピーキングはこの様にピントが合った所を強調表示してくれる機能です・・・
この機能はオリンパスE-M1mark2で既に搭載されて居る機能ですが、より高価なD800には搭載されて居ません・・・
そもそもD800がピント合わせが出来る様な良いファインダーならこんなものは必要ありませんが、AFの為に液晶を挟んでいるOVFにはピントピークが見難くてピントを合わせる事自体が難しいので、どうしてもピーキングが必要に成ってしまいます・・・
ならばOVFを採用する意味は何だろうかと考えると、リアルタイムで被写体を見る事が出来ると言う点だけでしょうか・・・???
何だか本末転倒な気もしますが、こう言うレフ機のファインダーはもっと本来の機能に帰って欲しい気がします・・・

ピンポイントAF
D850のAFではピンポイントで狙えるピンポイントAF付きました・・・
D800で手前に枝などが多い場合に、奥の被写体にピントを持って手前の葉などを前ボケにしようとしてもAFでは手前の葉などにピントを持って行ってしまい中々奥の被写体にピントを持って行けません・・・
このピンポイントAFなら一々MFにしなくてもAFのまま奥の被写体にピントを持って行けそうですねェ~・・・
しかもD850 には電子シャッターが搭載されていて、ライブビューでは完全な無音で無振動の撮影が可能に成って居ます・・・
しかも電子シャッターは機械式シャッターを使わない為、シャッターの寿命も延びると言う嬉しい副作用も・・・
これはD800で微ブレに悩まされた者にとっては嬉しい改良ですねぇ~・・・
幾ら画素数が優れていてもシャッターやミラーの振動でブレてしまっては写真にすら成りませんからねぇ~・・・

サブセレクター
しかもAFのエリアをこのサブセレクターで自由に好きなところへ移動できますから、一々AFエリアを被写体に振ってシャッターを半押ししてから構図を決めてシャッターを全押しすると言う面倒が無くなります・・・
しかも、この方法はコサイン誤差でピントが必ずしも合わせた所に合うとは限らないんですよねぇ~・・・
中々使い易そうですねぇ~・・・
ミラーレスで出来るピーキングが背面液晶で出来て、更にピント合わせがOVFで出来てファインダーの視野枠の外側に撮影情報が表示されるなら、こんな高価なレフ機もハイブリッド一眼レフ機として納得できる方が多いのではないかと思います・・・
まぁ~D850が発売されてから約1年3か月余・・・未だ未だ新品も中古も高価なD850で、価格は中々下がりそうにありません・・・
この間、色んなネット情報を探しても余りネガティブな感想は出てこず、称賛する記事ばかりが目立ちます・・・
でも世の中のアマチュアカメラマンの多くは私の様なボンビーなカメラマンが大半でしょうから、3~5年おきに高価なカメラをホイホイ買い替える事が出来るんでしょうか???
しかもカメラの画素数が上がると場合によってはレンズの買い替えも必要に成ってきますし・・・
まぁ~そんなにD850が不満ならD5を買えよと言うのは無しで・・・
あんな更に高価なカメラはボンビーな私には中古でも手も足も出ずとても無理です!!!
折しもオリンパスが今年の100周年の記念モデルを発表すると言うニュースも有って、m4/3は更に進化を進めて使い便利が良くなる改良が加えられようとしています・・・
私は全紙に伸ばせる作品作りが出来れば、m4/3だろうがAPS-Cだろうがフルサイズだろうが拘りが有りません・・・
まぁ~今までNikonのフイルム機を使う期間が長かったのでNikonのAi-sレンズを沢山所有しています・・・
なのでAi-sレンズが使えるNikonのデジ一を使って居ますが、主役は矢張りオリンパスE-M1mark2に成ってしまいます・・・
険しい渓谷を歩いたり登山をして現地へ行かないと撮れないのが風景写真ですから、小型軽量、防塵防滴の頑丈で使い易く撮り易いカメラが絶対です・・・
なので連射性能とか内臓ストロボ等は余り必要として居ません・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment