FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

12

新標準ズームを導入・・・

桜黄葉
最近暖かいので油断していましたが、気が付くと桜が紅葉を始めています・・・
ん~暖かくて未だ最低気温が12℃とか13℃までしか下がって居ませんが、桜は其れでも紅葉するんですねぇ~・・・
桜が紅葉しだすと山では木々が紅葉を始めます・・・
今年は10月に成っても暖かくて、紅葉は1週間ぐらい遅れるのではと勝手に憶測していました・・・
でも最低気温があまり下がらなくても桜が紅葉を始めたと言う事は、山でも当然木々が紅葉を始めているはずなので、そろそろ準備をしないといけなくなりました・・・
D800で行くのか?E-M1mark2で行くのか?昨年は主にE-M1mark2で撮りに行きましたから今年はD800で行こうかな???
でも何処へ行こうかなぁ~・・・???
大山へ電話すると黄葉はしているものの紅葉はまだの様ですし、面河は紅葉はしているもののピークはまだ先の様ですし・・・
昨年の写真のEXIFを見ていると矢張り小田深山へ行っている様でしたので、今年も小田深山渓谷へ行こうと決めました・・・
でもD800で紅葉撮影に行くには少々問題が・・・ 
AF35-70f2.8D
実はD800の標準ズームはフイルム時代の35-70mmF2.8しか持って居ません・・・
一応Dタイプなので写りは悪くは有りませんが、D800の高精細なデジタル撮影には余り向いて居ません・・・
昨年E-M1mark2で小田深山渓谷へ行った時、一番活躍したのが標準ズームの24-80mmF2.8でした・・・

24-120mmF4G ED02
なので致し方なく中古ですがAF-S24-120mmF4G ED VRを導入しました・・・
F2.8にしたかったんですが、VR付は重くてデカくて渓谷に持って行くには一寸負担に成りますねぇ~・・・
なので軽くて小型の24-120mmF4G ED VRにした訳です・・・

24-120mmF4G ED
一応ナノクリスタルコートですから逆光にも強いはずですし、VR付ですからD800に付きものの微ブレ問題にも対応できそうです・・・
F2.8G ED VRはF2.8の為にデカくて重いしVRが付いて更にデカく重くなってしまい体力が落ちている現在フィールドで持ち歩くには一寸躊躇われます・・・
若くて元気が有る頃の私なら躊躇することなくF2.8にしたんでしょうが・・・

カメラに装着
AF-S24-120mmF4G ED VRをカメラに取り付けてみました・・・
思った通り余り重くなくしかもF2.8より相当小型で、これなら渓谷の崖を上り下りしても大丈夫でしょう・・・

カメラに装着02
しかしNikonはAF-S24-70mmF2.8E ED VRはあれほど大きく重く成ったんでしょうかねぇ~・・・???
VRが付く前は大きいのは大きいんですがそれ程でも無く、大きくなくて重いのは重いんですが、何とかフィールドへ持ち出せる大きさだったんですが・・・
AF-S 24-85mm f/3.5-4.5G ED VRも小型で余り重くなくしかも安いんですが、85mmでF4.5は渓谷で使うには少し暗すぎます・・・
解放から1段絞って使う事を考えると渓谷に光が差し込んでいる時は良いんですが、光が来ない時にはISOが上がって面白くありません・・・
ギリギリ許せるのがこのAF-S24-120mmF4G ED VRだった訳です・・・
F4なら1段絞ってもF5.6ですし、このレンズは口コミでは解放のF4でも何とか使える様ですし、VR付きで手ブレにも対応できそうですしF2.8の半額で手に入ります・・・
F2.8と比べてF4は大きさで約2/3しか有りませんから、渓谷の大岩が有る河原を歩いても、道路から河原に降りる時でも登る時でも邪魔には成りませんし、重さも感覚的には半分の重さですから渓谷を1日歩き回ってもそれほど負担にはならないでしょう・・・
何より新品価格が実質F2.8の半額なので中古ではさらに安く成って居て何とか私のへそくりでも買う事が出来ました・・・
何と言ってもナノクリコートなので逆光耐性も期待が持てそうですし、D800の課題だった微ブレもVR搭載で何とか克服できそうです・・・
試写をする暇が有りませんでしたから少々不安が有りますが、レンズの口コミでは結構写りが良さそうなので何とかなるでしょう・・・
しかし出来ればVRが三脚モードで微ブレに対応して呉れれば最強なんでしょうが・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment