FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

05

NikonZ6、Z7発売発表・・・


ご存知の通り8月23日Nikonで初のフルサイズミラーレスカメラZ6、Z7の発売が発表されました・・・
私やNikon使いの写友、俗に言うニコ爺達は首をな長くしてこの発表を心待ちにしていました・・・
しかし発表のZ6はボディ価格27万2700円で11月下旬に発売予定、有効画素数2450万画素で、ISO感度は100~51200という事でSonyのα7SⅢの対抗馬と言った位置付けでしょうか・・・???
一方Z7は、ボディ価格 43万7400円で9月下旬発売予定、有効画素4575万画素で、ISO感度は64~25600と言うことでα7RⅢの対抗馬と言う位置付けでしょうか・・・???
一応Z6もZ7もボディ内5軸手振れ補正がやっと搭載されました・・・
でも発表された仕様を見る限り、後発のミラーレスカメラにしては平凡な仕様の様ですが、その割に高価な値付けですねぇ~・・・
今まで心待ちにしていたニコ爺達も何だかこの値段を見て一斉に冷めちゃったようですねぇ~・・・
皆さん「レンズまで入れると100万円コースだなぁ~、私はD850で十分やぁ~・・・」との事ですが、私もこの値段を見て同じ思いに成りました・・・
軽量小型のオリンパスE-M1mark2でも2000万画素有って全紙に伸ばす事が出来ますから不自由は有りませんし、いざとなればハイレゾショットと言う奥の手が有ります・・・
これでフルサイズミラーレスカメラはどれだけのアドバンテージが有るんでしょうかねぇ~???
Z6.jpg
まだ発表されて間がないので、このカメラでどんな画像が撮れるのか?どんな事が出来るのか?詳しい事は分かりませんが、少なくともオリンパスE-M1が発表された時の様な驚きは無い様です・・・
E-M1の時は、ボディ内5軸手振れ補正やコンポジット撮影など今までアマチュアカメラマンを梃子摺らせてきた諸問題が簡単に解決出来る機能が盛り込まれていましたし、システム全体も小型軽量でフットワークに優れたものでした・・・
更に小型の撮像素子でもハイレゾショットでフルサイズに迫る高解像度の画像も撮れるように成りました・・・
NikonのZシリーズではどんな驚きを我らニコ爺にもたらして呉れるのか楽しみにしています・・・

Z7-07_20180826105320363.jpg
Nikonの事ですからSonyとは違ってユーザーインターフェースは良好で使い勝手は良いと思いますが・・・
ドライブはSDカードではなくXQDカードでドライブは1つしか有りませんからJPG+RAWを選ぶと一枚のXQDカードに一緒に記録されるのは家でRAWとJPGに分けるのが面倒ですねぇ~・・・
もっと小型のオリンパスE-M1mark2でさえSDカードの2スロットルなんですが・・・
一応カメラ電池はUSBで充電出来るそうなので遠征時には車のシガー電源で充電出来るので充電の心配は無さそうですねぇ~・・・
でもSonyαシリーズの様に無理に小型化していないボディを見て使い易そうでNikonらしいなぁ~と思いますねぇ~・・・

Z.jpg
流石にNikonらしくSonyの様にα7シリーズを出したもののレンズが殆ど無いという片手落ちな開発はしていないようですねぇ~・・・
Zシリーズ発表と同時にNIKKOR Z 24-70mmF4、NIKKOR Z 50mm f/1.8 S、NIKKOR Z 35mm f/1.8 Sの3本が発売されるのは流石ですねぇ~・・・
更に来年にはNIKKOR Z 58mm f/0.95 Noct、20mmF2.8,85mmF1.8、24-70mmF2.8、70-200mmF2.8,14-30mmF4の発売が予定されています・・・
でもカメラとマウントアダプター、広角ズームと標準ズーム、望遠ズーム、マクロレンズ等を揃えるととんでもなく高価に成ってしまいそうですねぇ~・・・
果たしてそんな高価なフルサイズミラーレスに乗り換えるメリットってどんなものなんでしょうか???
全紙にプリントするには1600万画素有れば十分ですし、2400万画素有れば全紙でも少しはトリミングが出来ます・・・
ですから今のところ私にはm4/3の小型軽量システムを手放す気にはなれませんねぇ~・・・
しかし、NikonZ7やZ6のサンプル画像などはもう少し経たないと分かりませんし、使い勝手ももう少し経って使っている方のレポートが出てこないと分かりませんから、来年頃まで冷静に待って情報を仕入れようかと思って居ます・・・
まぁ~情報を仕入れたところで買える価格では有りませんが・・・
暫くは指をくわえて見ているだけですねぇ~・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment