FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

03

ヤサゴローの荷室模様替え・・・しょの5

最上段
さてさて模様替えで乗せたチェストの中身ですが、チェスト最上段はこんな中身です・・・
チェストは上へ行くほど軽いものをという事で、最上段にはクッション代わりのタオルなどで隠れて居て一寸っ分かり難いとは思いますが食料のインスタントラーメンやインスタント味噌汁、使い捨てお茶やコーヒー、調味料セットやお風呂セット、洗面具や使い捨ての割りばし、その他予備なども含めてタオルや布巾、キッチンペーパーなどを入れています・・・
最近はインスタントラーメンと言っても冷麺が出ていますから、糞暑い処で車中泊する時には助かります・・・
お風呂セットは今まで中々持って行けず、折角温泉を見つけても諦めてスルーするしか有りませんでしたが、これからは温泉を見つけたら即入って汗を流す事が出来ます・・・
無料で貰ったポケットティッシュなどもクッション代わりに入れていますから、トイレットペーパーが無くなっても大丈夫です・・・
此処に余裕が沢山有るのは撮影に行く先によって食糧計画と言っても朝と昼くらいですし、朝はほとんどがインスタントラーメンやコンビニおにぎり、お寿司などです・・・
お昼は下にいる時はコンビニなどでお弁当を買ったり、コンビニおにぎりとお惣菜やお寿司だったりと殆ど出来合いで済ませます・・・
夜は晩酌が主なので生ものの刺身とかと蛸酢などのお惣菜で済ませますから、総菜類を入れるためのスペースを取って居ます・・・
生ものや冷やしておきたい缶ビールなどは後で出てくるクーラーボックスにスーパーで氷を貰って入れて冷やしています・・・
2段目
2段目は主に撮影用品を入れています・・・
レンズヒーターやモバイルバッテリー、USB充電器など・・・
カメラの予備電池とレリーズスイッチはカメラ別にジップロックに入れて充電器と一緒に・・・
レンズクリーナーやレンズティッシュ、ブロアー、レンズペン、エアースプレーなど・・・
フィルター類はハーフNDフィルター類、NDフィルター類、PLフィルター類などはそれぞれケースに入れていますが、余り出番の
ない丸形のND16は私が持って居るレンズ口径が一番大きい77mmをステップダウンリングで各レンズに対応しています・・・
その他ヘッドライトや強力LEDライト、小さなハンドライトと予備電池・・・  
今後カメラの予備電池を充電できる様に充電器が必要かどうかは今後の電池使用量を見て決めたいと思います・・・
その為に撮影用品のスペースは結構緩々です・・・

最下段
最下段は主に調理道具などです・・・
OD缶のバーナー、コッヘル、コップ、スプーンやフォーク、紙コップや果物ナイフ、ナイフパレット、じょうごやライーターなど・・・
まぁ~撮影で泊まる時は殆どコンビニやスーパーでお惣菜やお弁当などを買ってきて食べますから余り大袈裟な調理器具は持って行きません・・・
撮影での車中泊はキャンプとは違って調理が目的では有りませんし、食事時間は出来るだけ最小限にして撮影に時間を取りたい為なんです・・・
また防虫剤や電池式蚊取、殺虫スプレー、かゆみ止めや救急袋なども入って居ます・・・
勿論リュックを担いで山に登る時には、もう一回り以上小さなコッヘルやバーナーや5徳ナイフなどを持って行きます・・・
予備のOD缶も入れていますが、日中に駐車すると今年は猛暑で車内温度が50度前後まで上がりますから、一寸やばいかな???

チェスト後ろ
チェストの後部は空いてしまいましたので、此処に中身が無くなった折り畳み式のコンテナと百均で買った発泡スチロールのクーラーボックスに布テープを巻いたものを置いて居ます・・・
更に折り畳みテーブルを此処に入れ込んでいます・・・
こうして見るとあまり積載量は変わって居ないように見えますが、以前よりは水タンクとかクーラーボックスとかが増えていて、重さはさほどでは有りませんが、嵩は増えている様です・・・
エンジンパワーはターボと言えどもプアな軽四ですし、車体が重い1ボックスですから、出来るだけ重くしないように気を使います・・・
矢張りツエルトコンセプトで簡易野営を意識して贅沢用品を持ち込まないように気を使っています・・・
5~6回車中泊しても使わない用品はさっさと車から降ろしてしまいます・・・
そうしないと要らない物まで積んでおく事に成り、プアなパワーが更にプアに成って高速道路での運転がしんどく成ります・・・
ヤサゴローは撮影の為の移動と車中泊が目的で、キャンプが目的ではないので登山でのビバーク的な車中泊を目指しています・・・
食事などを弁当や総菜などの簡素なものにすることでゴミも少なく成りますし、調理時間やガスなどの節約も出来て撮影に時間を割く事が出来ます・・・
勿論登山などで山に入る時はジフィーズなどの乾燥食料を持って行きますが、撮影用品の分だけ他を軽量化しないと担げるク重量は限られて居ますからねぇ~・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment