FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

17

ジッツオG2220メンテ・・・しょの1

ジッツオ エクスプローラG2220
わが家にはもう20年選手に成りますが、昔買ったジッツオG2220が有ります・・・
昔は撮影の高さやアングルがこれ程自由に成る三脚は他に存在していませんでしたから、これ1本でマクロ撮影から風景写真まで撮影できますから物凄く欲しかった三脚です・・・
お小遣いを少しづつ貯めてやっと買った三脚なんですが、最近は小型のスプリントミニが有りましたから余り出番が有りませんでした・・・
何しろローアングルならスプリントミニで簡単に撮影出来ますからねぇ~・・・
何といっても小型軽量で持ち運びに困りませんから・・・
でも最近E-M1mark2のハイレゾショットで色んなアングルを撮りたいのでこのG2220も使う場面が出てきました・・・
スプリントミニにE-M1mark2を乗せてマクロ撮影しようとすると、高さの調節は脚の開脚角度かエレベータでの調整に成りますが、エクスプローラの様に開脚角度の自由度が少ないので思う高さを出すのに結構な手間と時間が掛かります・・・
なのでG2220も久しぶりにメンテをすることにしました・・・
雲台を外す
先ずは雲台を外します・・・
G2220にはスタンダードなオフセンターボール雲台が付いて居ます・・・
このオフセンターボール雲台とG2220エクスプローラの無段開脚角度調節・オフセンターポールでどんなアングルでも自由に撮る事が出来ます・・・

石突を外す
最初に石突のゴムを外します・・・
別に外さなくても分解は出来ますが、石突の下に有るスパイクのメンテの為です・・・

スパイクを外す
で、スパイクを外してスパイクのネジをパーツクリーナーで清掃して薄くグリスを塗っておきます・・・
まぁ~私のエクスプローラはカラカラでしたが・・・

ネジグリップ
でネジグリップを緩めていきます・・・
緩め切ると3段目が抜ける様に成りますから、ゆっくり引き抜きます・・・
と言う具合に2段目も同じようにメンテをする事が出来ますし、同じように3本の脚を分解メンテする事が出来ます・・・

スペーサーにグリス
1段目を引き抜くとスペーサーが1段目に付いて居ますから、場所を良く覚えておいてもとに位置に組めるよう綺麗に外します・・・
スペーサーは場所によって摩耗度や摩耗箇所が違いますから、出来るだけ同じ場所に戻せるように慎重に外してください・・・

スペーサー
スペーサーはパーツクリーナーで清掃して、薄くシリコングリスを塗っておきます・・・
余りにも摩耗が進んでい居る時は、ジッツオのHPで部品番号を調べて日本代理店にカメラ店経由で注文できます・・・

三段目
3段目を引き抜くとスペーサーを外してパーツクリーナーですべて清掃して薄くシリコングリスを塗ります・・・
矢張りこの時もスペーサーの位置を良く覚えておいて同じ位置に戻すように組付けます・・・

ネジグリップ内
更にネジグリップを外して内部をパーツクリーナーで清掃して薄くグリスを塗っておきます・・・
内部には画像にようなリングが入って居ますから、清掃とシリコングリスをお忘れなく・・・

ネジ雄部
2段目に残っているネジ部もパーツクリーナーで清掃して薄くシリコングリスを塗っておきます・・・
この部分にシリコングリスを付けすぎると、ネジグリップを締め込んでいく時シリコングリスがはみ出してきますからご注意を・・・
部品は古いジッツオ三脚でも型番が分かればZITZO SPARES.Comで探す事が出来ますから、部品番号が分かればこのサイトかカメラ店経由かで注文できます・・・
私も10年程前のメンテの時、脚の開脚角度を決めるレバーを1個注文しました・・・
GITZOは値段が高いのが難点ですが、その分サポートもきっちりと行っているのが安心です。今回のようなパーツだけでなく、ネジのような小さなものについても注文が可能です・・・
一応、>ZITZO SPARES.Comは海外からの発送なのですが、日本語表記もされていますし、10ポンド以上の注文については海外送料が無料となっています・・・
ただ、日数はかかるようでHPには「10~14営業日」との記載があります。私が注文した際も、1ヶ月近くかかりました・・・
しかし、20年も前に買った三脚のパーツが未だに新品で手に入るって素晴らしい事ではないでしょうか・・・
国産三脚メーカーなら20年も前の三脚なら部位にも寄りますが部品何て出して呉れず修理扱いに成って、メーカー送りでないと修理できませんし、場合によっては部品払底で修理不能で帰ってくることが多いでしょうねぇ~・・・
修理不能で帰ってくるとその三脚は、御払箱にするしか方法が有りませんから、部品一つで使えなくなるのはもったいない話です・・・
こんな充実したサポートが得られる点が、世界中でジッツオの三脚がカメラマンに愛用されている理由の一つではないでしょうかねぇ~・・・???
三脚を長く使うのなら少々高くてもジッツオの三脚にすれば、特殊な工具を使わなくても自分でメンテが出来ますし部品も手に入りますから、結局は安い買い物に成りますねぇ~・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment