FC2ブログ

我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

三脚メンテ・・・しょの2

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

脚ボルト
開脚角度ストッパーをずらしてボルトへのアプローチが出来る様に成りますと、ソケットレンチでボルトを緩めます・・・
ナットの方はある程度緩まるまで動きませんから、ナットを上から押さえてボルトを緩めるだけでボルトは外れます・・・
作業はまだカーペットの上でやって居ますが、出来れば新聞紙を数枚敷いた上でやった方がカーペットを汚すことも無く奥さんに怒られることも有りません・・・(笑
当然この作業をする前に雲台は外しておきます・・・
雲台の方は数年前にメンテをしましたから今回はしませんが、パーツクリーナーで湿らせた紙ウエスで外側の汚れを拭いておきます・・・
その他、エレベーターやそれを支える部分も必要に応じて清掃します・・・
脚を外すとナットとワッシャが有りますから、順番や入れる場所を記憶しておく必要が有ります・・・
脚は慣れると3本全て外して一斉に分解することも出来ますが、慣れない内は1本ずつ分解した方がパーツが混んがらなくて良いでしょう・・・
かく言う私も10年に一度のメンテナンスですから、前回のメンテなんて結構忘れてしまってますし・・・
スペーサーなどは摩耗の程度や場所が微妙に違っているため元々有った場所に入れた方が当たりが出ていますからガタが少なくなります・・・

脚組み立て
3段目を止めているネジグリップを緩めて緩め切ると3段目が外れますから、そのまま引き抜きます・・・
内部のパーツの位置や組み合わせを良く覚えておいてパーツを外しパーツクリーナーで洗浄し、シリコングリスを薄く塗って同じ場所に取り付けます・・・

脚組み立て02
スペーサーなどをもとの位置に取り付けたら2段目に3段目を入れてネジグリップを締め込んでいきます・・・
この時3段目下に有る石突のボルトにも薄くグリスを塗って石突を何度か捩じ込んだり緩めたりしてグリスをボルト全体にまわして置きます・・・

脚取り外し
続いて2段目を1段目と同じようにして外します・・・
2段目の中には3段目に無かったアルミのリングが付いて居ますから忘れないように同じ場所に取り付けるようにしましょう・・・
3段目と同じように洗浄と拭き上げ、グリスアップをしてパーツを元有った場所に組み付けます・・・
これを3本の脚全て同じように分解、洗浄、グリスアップ、組み立てをしていきます・・・

KANI三脚ストラップ
で、スリック914のメンテが終わりましたが、この三脚は135には少し大型で重いので持ち運びに少し難儀していました・・・
そこで何か良い運搬方法が無いかとネットで色々探してみました・・・
ベルボンのレッグポシェットが良さそうだったんですが、どこも売り切れでした・・・
どうも現在は生産中止して店頭在庫しかない状態の様でした・・・
今までは三脚を一々ケースに入れて肩に下げて持ち歩いていましたが、持ち歩くときは良いんですが撮影の度にケースから出し入れするのが面倒ですし、撮影中ケースの置き場に困ることも・・・
更に移動するときは又もや三脚を畳んでケースに収納するのも面倒でした・・・
何とか之をもっと簡略化出来ないかと考えたのが三脚ストラップでしたが、システムとして確立されているのはハスキーとマンフロットぐらいで下した・・・
国産の三脚も三脚を持ち歩くことを念頭に設計してシステム化しないとクイックシュー同様ガラパゴス化しそうな感じですねぇ~・・・
で、更に探していますとKANIの三脚ストラップと言うのを見つけました・・・
風景写真家が考えて作ったストラップらしいので、使い便利も良さそうですので注文してみました・・・
で、それのお話は、次回という事で・・・
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://garakutaphoto.blog.fc2.com/tb.php/1641-1cb81a4e