FC2ブログ

我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

三脚メンテ・・・しょの1

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

三脚
えぇ~ベルボンE545Mが入ったお陰で三脚のレパートリーは、スリック914、ベルボンE545M、スリックエアリーL100と成っていいバランスに成りました・・・
D800にはスリック914とベルボンE545M、オリンパスE-M1やmark2にはベルボンE545MとスリックL100と言う風に使い分ける積りです・・・
で、ベルボンE545MやスリックL100はまだ新しいので調子も良いのですが、スリック914は10年ほどメンテをしていませんから脚の開脚とか足の伸び縮みが渋くなってきましたので、殺人的な酷暑の上まだ療養中で外へ撮影に出られませんから、この際三脚のメンテをしておこうと思い立ちました・・・
しかし、金属用のパーツクリーナーは有りますが、プラ対応のパーツクリーナーとプラに対する攻撃性の無いシリコングリスが有りません・・・
なので先ずはパーツクリーナーとシリコングリスを尼で注文しました・・・
以下のグリスやパーツクリーナー、紙ウエスなどの画像はアマゾンさんから頂いたものですが・・・

AZシリコングリス
わが家のガレージに有るグリスはバイクメンテ用のリチウムグリスかモリブデングリスしか有りません・・・
リチウムグリスやモリブデングリスは金属には良いんですが、プラスティックへの攻撃性が有ります・・・
三脚にはプラスティックのスペーサーが入って居ますからリチウムグリスやモリブデングリスは使えません・・・
何を使うかと言えばプラスティックへの攻撃性の無いシリコングリスを使います・・・
で、AZシリコングリス20gを注文しました・・・
三脚には少ししか使いませんから20gも有れば十分です・・・

速乾パーツクリーナー
わが家に有るパーツクリーナーは金属用ですからプラスティックには使えません・・・
なのでプラスティックへの攻撃性の無いパーツクリーナーが要ります・・・
で、色々調べた結果、ガレージ・ゼロの速乾ブレーキ&パーツクリーナーを注文しました・・・
まぁ~無水エタノールでも使えそうなんですが、日曜日は薬局もお休みですから買えません・・・
バイクにも使えますし安いので一番大きな物を注文しました・・・

SCOTT Rags
パーツを洗浄したら拭き上げるウエスは我が家のガレージに有るスコット・ラグを使用しました・・・
バイクメンテに使っていますが、安いので惜しげも無く使えますし、処理も燃やせるゴミに出せますから楽です・・・
新聞紙を重ねた上に敷いて上からパーツクリーナーを掛けて使い古しの歯ブラシで擦ると飛び散りが少なくて掃除も楽です・・・
バイク部品なら循環式のクリーナー台が有りますから、それを使えばいいんですが三脚にそんな大袈裟な道具は不要です・・・

脚角度ストッパー
道具が揃ったのでいよいよ三脚の分解です・・・
先ずは脚の開脚角度のストッパーカバーを外します・・・

脚角度ストッパー02
カバーを止めているビスを外すと開脚角度ストッパーが出てきます・・・
ですがこのままではボルトを緩める事が出来ません・・・

角度ストッパー
で、開脚角度ストッパーを引くとボルトを緩められる隙間が出来ますから、此処にソケットレンチを入れてボルトを緩めます・・・
長く使ってメンテナンスをさぼっていた為、ボルトの周辺にグリスは全く無くなってカラッカラでした・・・
これでは脚を開くときに渋かったのは当たり前ですねぇ~・・・

脚角度ストッパー内
↑の画像の状態から開脚角度ストッパーをスライドさせるとストッパーが外れますが、外しちゃうととんでもない事に成っちゃいます・・・
開脚角度ストッパーを引いて外すとこの様な小さなスプリングとボールが入って居ます・・・
開脚ストッパーのクリック用なんですが、不注意に外して飛ばしちゃうと探すのに苦労しますから、必要が無ければ開脚角度ストッパーはこれ以上分解しない方が良いでしょう・・・
分解する場合はスプリングなどが飛んでいかない様、ビニール袋などに入れてから分解すると良いでしょう・・・
しかし療養がてら三脚のメンテを思いついて良かったです・・・
このまま使い続けると三脚の足が摩耗して寿命が短く成ったりガタが出てブレの原因に成ったりするでしょうねぇ~・・・
矢張り道具は時々メンテをしないと駄目ですねぇ~・・・
スリック914は10年ほど前にメンテをして以来メンテをさぼって居ました・・・
と言いますのも、67や645を手放したので余り出番が無くなった為なんです・・・
しかし今回D800が来て再び日の目を見ることに成りました・・・
でもD800を乗せて使うにはストーンバッグなどでブレを抑制する必要が有りますねぇ~・・・
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://garakutaphoto.blog.fc2.com/tb.php/1640-4380792e