FC2ブログ

我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

新カメラバッグ

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

ハス10
三脚のアルカスイス互換化が一段落したので、リハビリがてら坂出市の池にハスを撮りに行ってきました・・・
皆さんのブログを見ているとどうしても我慢できず朝早く起きて涼しい内の撮影ですが、太陽が顔を出して呉れるかどうか分からない位東の空が曇って居ましたから光線状態は必ずしも思った通りには成りませんでした・・・
朝ご飯も食べずに行きましたから途中で熱中症気味に成りましたが、車のクーラーで涼んでコンビニでアイスコーヒーを飲んだら回復しました・・・
矢張り夏の暑い時期は、空腹で動き回ると熱中症気味に成りやすい様です・・・
皆さんもこの異常な暑さの時期には無理をしないで休みながら撮影しましょう・・・
しかし街中に近いとコンビニにも近くて何でも直ぐに間に合いますから便利で良いですねぇ~・・・
これが山中だと持って行った物が全てですから、有るものでしか対処出来ませんからある程度予測して用意しないと駄目ですねぇ~・・・
今回アネロリュックが意外と便利だし軽量で機動力が上がったので一寸変わったカメラバックを探しだしました・・・
アネロリュックも便利ですが、唯一体の前でリュックを下さずにレンズを出そうとすると少し窮屈でした・・・
それに重くて嵩張るD800やレンズを入れるには少し強度不足かな?と言う感じがしますし・・・
そこで今回D800用のカメラバッグを買ってみました・・・

外観
ハクバのルフトデザイン ショルダーバッグ M 7.8L 大開口ガマぐち式というカメラバッグです・・・
アネロリュックのガマ口が大きく開いて使いやすかったので、同じガマ口式のカメラバックを探したら有りました・・・
評価ではLは重いという評価でしたので一回り小さいMにしました・・・
一寸手抜きですが、この画像も含めて以下の画像はアマゾンさんから頂いた手抜きものですが・・・

バッグの中
このバッグの一番の特徴は矢張りガマ口で大きく開くこの口でしょう!!!
アネロリュックでもこう言う様に大きく開いてくれるので中身が探しやすいし、レンズ交換の時でも蓋が邪魔になりません・・・
しかも仕切りの上に取り外しできる蓋が有りますから、レンズ交換の時に仮置きする事が出来ます・・・
欠点はファスナーをすべて開けないと口が開かない事でしょうか・・・
アネロリュックは開口部にホックが有りますから、ファスナーを閉めずにホックで止めるだけにしておくと一々ファスナーを開け閉めせずにホックを外すだけで開口できます・・・
口のファスナーを少し開けて小物を取り出そうとしても常に全開か全閉しか出来ない如何にもデジタル的な口の開閉です・・・

三脚取付
カメラバックらしく三脚を取り付ける事が出来ます・・・
アネロリュックではいろいろ工夫しましたが、これが出来ずにこのバッグを買う事に成りました・・・
どうしても三脚を持ち運びたい時が有りますからねぇ~・・・

背面
背面にはA4大のポケットが有ります・・・
ノートパソコン位なら何とか入れておけますが、余りこういう状態で持ち運びはしたくない感じです・・・

サイドポケット
サイドポケットは500ml位のペットボトルなら入れて置けるポケットが有ります・・・
このポケットは使わない時には縮んで邪魔になりませんし伸縮してくれますから、保温袋に入れたペットボトルなど少々大きい物でも入れておけますし、使わない時は縮んで小さくなって呉れますから便利です・・・
アネロリュックでもそうですが、こういう柔軟性は大好きですねぇ~・・・

底面
カメラバッグの底面は防水に成って居て、しかも底面には底が直接地面と接触しないようクッションバーが付いて居ます・・・
アネロリュックは底面が丸まっているので地面に置いても直立せず横に成ってしまいますから何かにもたせ掛けないといけませんが、このバッグはこの底面なので地面に置いても直立してくれます・・・
まぁ~アネロリュックはオリンパス用、ハクバルフトデザインはD800用と使い分けをしようかと・・・
アネロのショルダーバッグを一応検討しましたが、軽量で良いんですが地面に置いても直立しないのと三脚が取り付け出来ないのが欠点でした・・・
皆さんが欠点と指摘している開口の煩わしさは、一々ファスナーを閉めずホックで止めるだけにすれば直ぐに開口できますから、開口の時はホックを外すだけですから手間も掛かりませんし、開口部もワイヤーが入って居ますから一部だけ開いて中身が落ちる事も有りません・・・
ハクバルフトデザインバッグは1Kg少々と多少重くて中身が入ると更に重くなって機動力は相当低下しますが、三脚が取り付けられ地面に置いても直立しますし、D800の重いカメラやレンズを入れても丈夫で安心ですからこのバッグに決定しました・・・
まぁ~アネロリュックが有りますのでリュックは2つも担げませんから、2つのカメラやレンズを同時に持ち歩くなら必然的にショルダーバッグに成ってしまいます・・・
それに丈夫で重いカメラリュックは既に持って居ますし・・・
アネロリュックは軽量で機動力抜群ですが、外皮が薄いので三脚の取付けループをリュックに取り付けようとしても三脚の重さに負けてリュックが異常な形に変形してしまう為、取付け箇所に頭を悩まします・・・
アネロリュックは何だかゼロ戦みたいですが、反対にハクバルフトデザインバッグは差し詰めグラマンという感じでしょうか・・・(笑
スポンサーサイト

Comment

くぅ says... ""
暑い中お疲れ様でした。
わたしももう一つリックを買いました。
もちろん同時に二つのリックを持ち歩くわけじゃないですよ。
アネロのは深さはあるけれど、幅がないのが不便。
わたしは大きなデジイチを二台もって歩くことがあるので、
幅広のを。
といっても撮影専用に買ったわけじゃないけどね。
2018.08.07 19:17 | URL | #Dv6DZoa6 [edit]
@我楽多 says... "Re: くぅさん・・・"
もう1つ買われましたかぁ~・・・
確かに便利なリュックですよねぇ~・・・
皆さん、ファスナーを全開しないと中身にアプローチ出来ないと仰ってますが、ファスナーは閉めずにホックだけ止めて口を閉めておくとホックを外すだけでアプローチ出来ます・・・
くぅさんは横幅が欲しいようですが、縦長の方がリュックとしてのスタイルは良いように思います・・・
私はリュックの中をファスナーで仕切れる底を付けて上下2気室にしてもらいたかった・・・


2018.08.08 18:17 | URL | #kTvoSsVA [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://garakutaphoto.blog.fc2.com/tb.php/1639-d07ff2fa