FC2ブログ

我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

クイックシューのアルカスイス互換化・・・しょの6

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

L字シュー
NikonD800やオリンパスE-M1にアルカスイス互換のL型クイックシューを取り付け、三脚にもアルカスイス互換のクランプを取り付けました・・・
するとE-M1mark2だけアルカスイス互換のL型クイックシューが取り付けられていません・・・
これではE-M1mark2だけ三脚が使えなくなってしまいます・・・
D800は微ブレ対策に、E-M1は夜景や星景撮影の為のコンポジット撮影の為に必要ですが、E-M1mark2ではハイレゾショットに使いたいので矢張りアルカスイス互換のL型クイックシューを付ける必要が有ります・・・
E-M1mark2は手振れ補正が強力なので三脚は必要ないかとも思いましたが、矢張りハイレゾショットの魅力には勝てませんでした・・・
しかしアマゾンで探しても中々オリンパスE-M1mark2用のアルカスイス互換L型クイックシューは中々ヒットしません・・・
何だかアマゾンの検索機能は緩いと言いますか、雑と言いますか、検索してもヒットしない確率が高いへなちょこ検索ですねぇ~・・・
普通の平型クイックシューにしようかと思い始めましたが、急がずに何度も検索したところ、やっとヒットしたのが↑の画像のL字型クイックシューです・・・
幸いな事にD800やE-M1と同じMENGSと言うメーカー製です・・・
価格も2509円と言う激安価格です・・・
しかし問題はどうやら中国から送って来るらしく到着に10日位掛かる事です・・・
これだけ検索してもヒットしないのは、他に作って居るメーカーさんが無いって事なんでしょうか???

E-M1mark2にL字シュー
実はE-M1用のL字型クイックシューをmark2に取り付けようとしたところ、三脚穴の位置が違っていて取付けが出来ませんでした・・・
まぁ~付ける前から凡そのことは分かって居ましたが、若しやと思い試しましたが案の定撃沈でした・・・
なので、mark2用のL字型クイックシューを探していた訳なんです・・・

L字シュー前
10日位掛かってやっと到着しましたので直ぐに取り付けてみました・・・
D800やE-M1と同じように取り付けると隙間なくピッタリですねぇ~・・・
中華製と言っても馬鹿に出来ません・・・

L字シュー取付
E-M1用と違って三脚取付用のネジ穴が有りません・・・
何だかE-M1用と違って裏側はあっさりとしたものですねぇ~・・・

電池室エントリー
ベルボンのクイックシューで一番困っていた電池室へのエントリーはこのように全く問題有りません・・・
何故ベルボンのような使いにくいクイックシューを使っていたのか不思議な位ですし、非常に安価にアルカスイス互換クイックシューを各カメラ3台にインストールする事が出来ました・・・

L字シュー左02
E-M1mark2のL字型クイックシューの左側です・・・
矢張り肩掛けストラップの三角環の逃げが有ります・・・

L字シュー左
リヤモニターのヒンジ部の部分に切り欠きが有りますが、逃げは完全ではなく少し干渉しますのでリヤモニターを完全に開くことは出来ませんが、8割程度は開きますから見るのにあまり支障は有りませんが、星景撮影など」の時には少し支障が有るかな・・・???
こちら側はテレビ接続用のHDMI端子やミニUSB端子、ステレオイヤホンジャックなどの端子へのエントリーは支障なくできます・・・
E-M1mark2からレリーズスイッチの端子はグリップ側に移って居ますからL字型クイックシューを付けても関係なくエントリー出来ます・・・
E-M1ではレリーズスイッチをマルチコネクターに接続する際、コネクターの向きが有って夜の暗闇の中では明かりが無いと挿す事が出来ますせんでしたが、mark2ではステレオジャックの様な端子ですし、グリップ側に移動していますので向きに関係なく夜の暗闇の中でも苦労せずに挿す事が出来ます・・・
これでE-M1mark2でハイレゾショットを楽しむ事が出来ます・・・
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://garakutaphoto.blog.fc2.com/tb.php/1638-80f353ca