FC2ブログ

我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

ゴールデンウィークの家族旅行・・・しょの17

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

吉備津駐車場
ゴールデンウィーク2日目は少し早起きして部屋でコンビニで買った朝ご飯を頂き、ホテルを早めに出ました・・・
早目に出たのは道路が混まない内に行きたかったのと、行先の駐車場が空いて居る内に行きたかったからなんです・・・
結構人気の所なので駐車場の空きが心配でした・・・
で、到着したのは桃太郎伝説で有名な吉備津神社です・・・
社伝によれば、吉備津神社の創建は仁徳天皇(にんとくてんのう)の吉備國行幸の際、同社の主祭神である吉備津彦命(きびつひこのみこと)をこの地に祀ったのが始まりといわれているそうです・・・
『日本書紀』によれば、主祭神・吉備津彦命は崇神天皇により西国討伐を命じられました・・・
この西国討伐が、温羅(うら)という名の鬼退治をしたという伝承になり、桃太郎伝説の由来とされています・・・
なお、吉備津彦命は桃太郎のモデルとも言われています・・・
岡山市には吉備津彦神社と吉備津神社と言う1字違いの神社がほんの2Kmほどしか離れていない所に有ります・・・
両方の神社の伝承とも温羅(うら)が攻め落とされたというのは同じみたいですが、『吉備津宮縁起』では、かなりの死闘の後、首を落して埋めたとされています・・・
それに対して吉備津彦神社の『吉備津彦神社縁起』によると、大和朝廷との戦いに負けた温羅は命を助けられ、日本の人々に製鉄、造船の技術を伝えたと言われています・・・
背後にある吉備中山は古来より、山全体が神の山として崇められて来ました・・・

吉備津神社境内図
吉備津神社の境内図です・・・
どうやらカーナビは吉備津神社の北側へ案内してくれたようです・・・
まぁ~こちらの方が本殿に近いから一般的なんでしょうが、肝心の所を通らないので結局は一緒でしょうか・・・

矢置岩
入り口近くに「矢置岩」と言う岩が有りました・・・
いったい何でしょうねぇ~???

矢置岩由来
どうやら温羅との戦いの際に吉備津彦命が屋を置いた古事らしい・・・
以来矢立の神事が行われているらしい・・・
まぁ~結構神社と弓は縁が有るのか、流鏑馬とか百々手祭とか色んな弓行事が有りますねぇ~・・・

吉備津神社入り口
此方が吉備津神社の北参道入り口の様です・・・
奥に随身門が見えますが、その奥が本殿に成ります・・・

吉備津神社拝殿
北参道から石段を登り北随身門を潜れば吉備津神社本殿も前に出ます・・・
何だか呆気ない位の近さに一寸呆れてしまいました・・・
普通なら長い参道が有ってその奥に本殿が鎮座なさっているものだとばかり思って居ましたし、事前の検索でも長い屋根付きの参道の画像が出ていましたから、一寸呆気に取られてしまいました・・・
まぁ~それでも沢山の人が参拝していましたので、私達も取り合えず参拝を済ませました・・・
しかし滅茶立派な本殿ですねぇ~・・・
その割には取ってつけた様な拝殿は少しアンバランスな感じもします・・・
 
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://garakutaphoto.blog.fc2.com/tb.php/1624-6968a9a0