FC2ブログ

我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

ゴールデンウィークの家族旅行・・・しょの11

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

今回の大阪北部の地震で被害を受けられた方へお見舞い申し上げます・・・
出社して震度計が「2」を示しているので「えっ!」っと思ってネットで確認すると大阪北部を中心としたこの地震でした・・・
すぐに娘に電話しましたが、中々繋がらず心配しましたが、LINEで被害無しって連絡が来ました・・・
LINEって電話が繋がらない時でも結構つながるんですねぇ~・・・

田浦分校入口
二十四の瞳映画村から車で約5分程でしょうか・・・???
二十四の瞳の小説と映画の元になった本当の岬の分教場「田浦分校」が有ります・・・
此方はあまり訪れる人が少ないのか駐車場も少なく寂しい限りですが、映画や小説の本当の背景を知るには此方へ来ないと分かり難いと思います・・・
「田浦分校」の入り口は派手さも無くゴールデンウィークにもかかわらず静かなものですが、反ってそれが本物の良い味を出している様な気がします・・・
入り口には「岬の分教場」と言う看板と少女像が有るだけです・・・
しかしこの少女像は二十四の瞳の幼い少女より少し大人びた少女ですし、何故か鳩が手に乗っています・・・
ん~この少女の像の背景が良く分かりません・・・
おまけに少女像の頭の上に燕が乗っていて、カメラを向けても逃げようともしません・・・
結構カミさんや私、息子などが写真を撮ったりしていても全く動じることもなく少女像の頭の上に止まり続けていました・・・

本当の分校
これが二十四の瞳の映画や小説の元になった田浦分校です・・・
基本的に映画村のセットと同じなんですが、細かい所は違っています・・・

田浦分校
田浦分校も映画村のセットも職員室と教室というレイアウトは変わりませんが、雨樋が付いていたり雨戸が付いていたりします・・・
矢張り本物の分校はセットの分教場とは作りが立派で劣化度が少なく感じます・・・

教室内02
此方が田浦分校の教室内です・・・
二十四の瞳映画村のセットより教室らしい感じがしますし、配置も教室らしい配置ですねぇ~・・・
オルガンも私が小さい頃に行っていた小学校の教室の位置に有りました・・・

二十四の瞳映画村の黒板
此方は二十四の瞳映画村の教室内の黒板ですが、何故か黒板の長さが短い・・・
↑の田浦分校の教室の黒板と比べてみてください・・・
ひょっとしたら二十四の瞳映画村のセットは実話より少し前の時代を背景にしているのかもしれません・・・

本当の田浦分校の教室
田浦分校の教室内です・・・
しかしアップライトとは言えピアノが教室に有るなんて裕福な分校ですねぇ~・・・
それにしても先生の机が粗末なのには一寸チグハグな感じがします・・・
まぁ~分校には講堂などが無いため、ピアノをここに置かざるを得なかったんでしょうが、分校にピアノって結構裕福だったんでしょうねぇ~・・・
しかし昔のピアノってどんな音色だったのか非常に興味が湧きますが「触らないでください」と掲示されていましたから、触る訳にもいかず音色は聞けませんでした・・・
しかし小学校などの先生はオルガンやピアノを弾けないと成れなかったんでしょうかねぇ~???
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://garakutaphoto.blog.fc2.com/tb.php/1618-30b06345