FC2ブログ

我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

建国記念日に京都の神社参拝に・・・しょの2

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

京都の神社参拝の記事の途中でピアノレッスンや写真展の記事が入っちゃいましたが、神社参拝の記事の再開です・・・

鯉沢の池
石清水神社を出て次にやって来ましたのが大野原神社です・・・
何だか住宅街の様な狭い道を通っていて途中ではバスの離合が出来ない様で、広い道路で止まってバス同士が無線で連絡し合って入って居るようです・・・
何十台ものバスが同じ神社に参拝に来て居ますから、こうでもしないと渋滞して時間が更に掛かるんでしょうねぇ~・・・
まぁ~私たちのバスはおばさんが行方不明になっている間に、10台ほど後に成って仕舞っていたそうです・・・
予定より50分遅れだそうですから、早目の行動をお願いしますとのガイドさんの注意が有りました・・・
私も間違わない様しっかりとガイドさんに着いて行かないといけませんので、写真を撮る余裕が余り有りません・・・
何とも慌ただしい参拝に成って仕舞いました・・・
駐車場でバスを降り、参道を進みますと鯉沢の池と言うところに出ましたが、この頃から雪が降り出しました・・・
時間が押していないと太鼓橋とか有りますから写真に良い池なんですが、時間が有りません・・・

瀬和井
鯉沢の池の反対側には瀬和井と言う昔の井戸でしょうか???
有名らしく歌にも多く詠まれて居るようです・・・

瀬和井02
井戸と言っても岩の間から清水が湧き出ている様な自然の湧水の様な感じです・・・
ん~こんな井戸が歌に詠まれる程有名な井戸なんでしょうか???

大原野神社手水舎
先ずは手水舎で手などを濯ぎます・・・
私たちの氏神様と同じくらい田舎に建って居ますが、相当立派な手水舎です・・・

大原野神社手水舎02
此処の手水舎で水を出しているのは龍ではなく鹿でした・・・
ん~何か鹿と関係が有る神社なんでしょうか???

神相撲土俵
境内にはこんな立派な土俵も作られて居ます・・・
滝宮天満宮などにも土俵が作られて居ますが、子供たちの奉納相撲は年に1度くらいしか行われて居ません・・・
此方はもっと盛んに行われて居るんでしょうか???
それにしても神相撲と言う行事は300年の歴史が有るんですねぇ~・・・
私たちの神社は神主さんは掛け持ちで普段は居ませんし、少子化で奉納相撲も行われ無く成り土俵も老巧化しても更新するお金が集まらず撤去されて仕舞いました・・・
ん~少子高齢化はこんな所にも皺寄せがきているんですねぇ~・・・
人が集まる都会が羨ましく成ります・・・
スポンサーサイト

Comment

くぅ says... ""
そうなんだよねぇ~
ツアーなんかも、一緒の行動となると写真が・・・!(;´・`)>フゥ...

300年の歴史の神相撲
すごいね。
2018.03.16 16:35 | URL | #Dv6DZoa6 [edit]
@我楽多 says... "Re: くぅさん・・・"
> そうなんだよねぇ~
一緒に行ったおばちゃんが間違って違うグループについて行きましたから、私ものんびりと写真に集中すると言う事が出来ません・・・
片目でツアーの後姿を追いながら写真を撮るのは中々難しいですねぇ~・・・
なのでロクな写真しか撮れていません・・・

> 300年の歴史の神相撲
貴乃花親方が相撲は神技だと言った意味が良く分かります・・・
まさに神に捧げる奉納技だったようですねぇ~・・・
2018.03.16 18:18 | URL | #kTvoSsVA [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://garakutaphoto.blog.fc2.com/tb.php/1576-3c330b0b