FC2ブログ

我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

カメラ周辺小物色々・・・

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

シューカバーが無い
オリンパスE-M1markⅡを買ってウキウキして居たら、E-M1が焼きもちを焼いたのかE-M1のホットシューカバーが無くなって居ました・・・
なのでネットで探しまくりましたが、何処にも売って居ませんでした・・・
汎用型は売って居るんですが、専用のホットシューカバーは売って居ません・・・
ん~何故なんだろうと不審に思ってネットで検索していると、何故かオリンパスプラザへ電話するとメール便で送って貰えると言う記事を見付けました・・・
1個108円だそうですが、定額小為替でパーツ代と送料分を送らないといけないらしい・・・
定額小為替と此方の住所氏名やパーツ名と数量を書いて一緒に送らないといけないらしい・・・
当然定額小為替などを送るのにも切手代が掛かるし、第一面倒だし日にちも掛かる・・・
なぜこんなパーツごときに、こんな面倒臭い事をしているんでしょうかねぇ~???
何処のカメラメーカーもこんな部品何て結構無くしたりしますから、通販でも買えるようにして居る様なんですが・・・
サードパーティ製の汎用ホットシューカバーは尼などでも沢山出ていますが、純正でも寸法が緩くて落とすのに、サードパーティ製だったら更に寸法精度が悪いでしょうから選択肢には入りませんでした・・・
で、更に検索しているとニコンのBS-1と言うホットシューカバーを逆差しすると外れにくくなるらしい・・・
オリンパスのホットシューカバーを手間暇かけて買っても、また無くすと同じ手間と暇が掛かりますから、オリンパスのホットシューは諦めてニコンのホットシューカバーを某キタムラで注文しました・・・

シューカバー
3日程でホットシューカバーが取り寄せ出来ました・・・
確か216円でしたから、オリンパスプラザへ注文するより安いしずっと早く手に入れられました・・・

シューカバー取り付け
早速ニコンのBS-1を取り付けてみました・・・
判っていたことですが、どのホットシューカバーも寸法的には同じですから、ピッタリと取り付け出来ました・・・

純正ホットシューカバー
ネットで頂いたホットシューカバーの画像です・・・
私のは無くしてしまったので画像を撮れませんでしたが、ご覧の様にL字型をしています・・・
しかしアクセサリーポートにはしっかりとしたカバーが有りますから、何故ホットシューカバーがL字型に成ってアクセサリーポート付近まで覆って居るのか意味が良く分かりません・・・

清掃ブラシ
最近カメラ用品などを撮影していて結構塵が付いて居る事が多いのに気が付きました・・・
使った後は必ず清掃をしていますが、どうやら防湿庫に入れずに机の上に放って置いた時に埃が付いて居るようです・・・
偶にはチャイの抜け毛が付いて居る事も有りますし・・・
此れは茶の間で撮影する時にチャイが興味津々でクンクンした時に付いたんでしょう・・・
そこで埃取り用のブラシを購入する事にしました・・・
私が選んだのはHAKUBAクリーニングブラシ KMC-65です・・・

清掃ブラシ03
尼で僅か600円強ですがブラシの毛が細くて柔らかくレンズを清掃しても傷がつく心配が有りません・・・
しかも大きさはリップスティックより少し長い位の大きさなので持ち歩いても気に成りません・・・
カミさんが口紅と間違って持ち出さない様に色は黒にしました…(笑

清掃ブラシ02
このブラシは仕舞う時にブラシ根元の金具を引き出すとブラシが隠れます・・・
その後に上で外したキャップをしてブラシ後ろ側の持ち手を押し込むと収納完了です・・・
ペン型のレンズペンに付いて居るブラシは、この蓋が有りませんから埃が付いて汚れる心配が有りますが、この清掃ブラシはそんな心配が有りません・・・
レンズペンはフィールドで胸のポケットに差して使いますが、この清掃ブラシは家に置いてカメラなどを撮影する時に使おうと思って居ます・・・
でもブラシの毛が柔らかくてカミさんの化粧用のブラシの毛とよく似て居ますから、カミさんに取られやしないかとヒヤヒヤものです・・・
その内プラモ塗装用のコンプレッサーで埃を飛ばすエアーダスターを造ろうと思って居ます・・・
市販のスプレー缶では直ぐに使い切って経済的では有りませんし・・・
200V3馬力のコンプレッサーで使って居るエアーダスターの口金を交換してエアー吹き出し口を少し絞れば使えそうな感じですが、模型用はエアー圧が低いので果たしてうまく行きますかどうか・・・???
プラモ用のエアーダスターを買っても2000円弱なのでそっちの方がお手軽に出来るかも・・・???
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://garakutaphoto.blog.fc2.com/tb.php/1574-bb86b81d