FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

28

映画「火天の城」・・・・

表紙小
先日映画「火天の城」を見に行きました・・・
謎や異説の多い「安土城」をどのように表現するのか?城内の吹き抜けは有ったのか?お城のライトアップはどのように表現するのか?音楽は?と興味が尽きない映画でした・・・

この映画は「安土城」築城をテーマにしていて戦国時代の映画には珍しく合戦場面がありません・・・

昔の木造構造ですから、ラーメン構造しか考えられませんが、果たして上階の重量をどのよう計算したのか???
当時、3層程度の天守が常識的だった時代に5層7重という桁外れのお城をどうやって作ったのかは誰しも気になるところです・・・
また当時、殆ど無名の熱田神宮の宮番匠だった岡部又右衛門を相当量に抜擢した信長との経緯も見物です・・・
あと四角い下層の上に六角堂を載せる構造ももっと見たい気もします・・・
親柱発見小
城の親柱を探しに命がけで敵国である木曽へ向かい、木曾義昌の許しを得て杣人と森を探す中ついに見つけた檜は伊勢神宮の遷宮に使うご神木でした・・・

また指図争いで城の模型に火を付け「火の通り道になる吹き抜けは命に代えて作れません」と信長に逆らって言い切ったシーン、建築途中のお城の中に入った岡部が木のしなる音に気づき、彼方此方を見て回る内、親柱以外の柱の敷石が雨で沈み親柱が天守を突き上げている事に気づいてからのストーリーは圧巻でした・・・・
時代劇でありながら城の築城だけに焦点を絞ったこの作品は異色です・・・
欲を言うなら音楽が無くても成立しそうな作品ですが、出来ればクラシック音楽にして欲しかった・・・
まぁ~築城後3年で炎上して姿を消す幻のお城ですが、それだけに謎の多い城をどのように表現しているのかは興味が尽きません・・・!!!
安土城を築城した岡部又右衛門は息子とともに本能寺の変で亡くなったそうです・・・
スポンサーサイト



2Comments

くぅ  

安土城って、
築城後3年で炎上して姿を消してしまったんですかぁ~
それで「火天の城」ですか。
全然知りませんでした。

日本人の技術力というのはすごかったんですよね。
何にしても、その技術の後継者がいないのは残念ですね。

日本史・・いろいろなところに逸話があって、
調べれば調べるほどおもしろそぉ~
でも、知らないことが多すぎるわたし。
いろいろ教えてくださぁ~い

2009/09/29 (Tue) 16:33 | EDIT | REPLY |   

我楽多  

Re:くぅさん・・・

> 安土城って、
> 築城後3年で炎上して姿を消してしまったんですかぁ~
> それで「火天の城」ですか。
> 全然知りませんでした。
「火天」とは仏教の天部一二天のうち、南東を司る火の神です・・・
火にくべられた供物や、火葬された死者の魂を天上へと運ぶ、神と人とを繋ぐ神です・・・
その智慧は無知を焼き、闇を照らして、迷える者に正しき道を示すそうです・・・
正に神になろうとした?信長に相応しいと思いませんか・・・???

> 日本人の技術力というのはすごかったんですよね。
> 何にしても、その技術の後継者がいないのは残念ですね。
世界最大の木造建築を作った技術力は、世界一の木造建築技術でしか作れませんからねぇ~・・・
その技術力も、採用する者がそれを見抜く眼力がないと無いに等しい・・・
技術力は有っても採用されなければ、その技術は廃れてしまいます・・・
でも唐招提寺の改修などでは、その技術は後世の人目に触れて驚かせています・・・

> 日本史・・いろいろなところに逸話があって、
> 調べれば調べるほどおもしろそぉ~
> でも、知らないことが多すぎるわたし。
> いろいろ教えてくださぁ~い
くぅさんは歴女???
最近は「天地人」などを見て現地を回る人が多くなりましたねぇ~・・・
でも日本史は謎が多いので、それに考えを巡らすのが秋の夜長には良いかもです・・・
例えば岡部又右衛門は何故本能寺へ付いていったのか?等など・・・・

2009/09/30 (Wed) 06:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment