FC2ブログ

我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

マクロレンズを試写・・・しょの2

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

遊具30mm03
同じ空港公園の遊具を今度は30mmF3.5で撮ってみました・・・
太陽は画面外に有るんですが、派手に光芒が派手に出ています・・・
この写真を撮った時には、太陽は画面ほぼ中央上の画面外に有りますが、こんな時でも光芒が出るんですねぇ~・・・
いやいや・・・オリンパスのマクロレンズは60mmF2.8でフレアが、30mmF3.5は太陽が画面外でも光芒が出るんですねぇ~・・・
ん~何だかオリンパスのマクロレンズは順光なら一般撮影が出来ますが、逆光や太陽を画面に入れる様な撮影では結構耐逆光性が弱いと言う特性を把握しないと駄目な様ですねぇ~・・・
でもこれでもゴーストが出て居ませんから、矢張りレンズの癖と言う方が良いんでしょうかねぇ~・・・???
でもゴーストと違って光芒やフレアなら写真の味付けに生かせる場合も有りますから、一概に悪いとは言い切れませんねぇ~・・・
30mmF3.5マクロはフードが純正では設定されて居ませんが、こういう場合に備えて何かフードを探してみましょう・・・

遊具30mm02
順光では全く問題なく撮影出来て居ますねぇ~・・・
解像感も問題ない様に見えます・・・

遊具30mm
これは左から光が来るサイドライトです・・・
サイドライトではレンズ表面に光が当たりませんから、全く問題なく撮影が出来るようですねぇ~・・・

水仙30mm02
右前から光が来るような半逆光です・・・
この場合も下向きに写して居て画面に太陽が入りませんからゴーストや光芒は出ない様ですねぇ~・・・

水仙30mm
↑のスイセンをマクロ撮影してみました・・・
矢張り右上から光が来る半逆光です・・・
マクロでも太陽が画面に入らないならゴーストもフレアも、光芒も出ない様ですねぇ~・・・
まぁ~マクロ撮影の場合は、ほとんどの場合上から下向きに撮る場合が多いので逆光耐性はあまり考えられなかったのかも知れませんねぇ~・・・
でもフレアや光芒は写真に味付けが出来ますから、この特性を生かせる写真の場合には良い選択に成りそうですねぇ~・・・
画面に太陽を直接入れる場合には、余り絞らずにゴーストが出たら画面外に出す様調整する方が良いかもですねぇ~・・・
もしくは太陽を画面中心に置いてゴーストを太陽に放り込むとか・・・
まぁ~この場合は後でトリミングが必要に成りますが・・・
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://garakutaphoto.blog.fc2.com/tb.php/1557-f8b82514