FC2ブログ

我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

マクロレンズ試写・・・しょの3

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

60mmF2・8
先の記事でも出た60mmF2.8マクロの開放画像です・・・
PROレンズでもなく、ましてやプレミアムレンズでもない安レンズですが、結構解像感は素晴らしい物が有ります・・・
無印のマクロレンズですが、新品は実売4万円少々します・・・
しかし、ワーキングディスタンスは35mm換算120mmの焦点距離が有りますから、被写体に余り接近しなくても大きく撮れますから、昆虫などの接写には最適かと・・・
私も最初30mmF3.5を買いましたが、余りにも撮影倍率が大き過ぎて、撮影距離もそれにつれて短く成り、レンズの先っちょで撮ると言う状態に成りましたから蝶などは接近すると逃げられてしまうので、大きく撮るのは難しい・・・
又撮影距離が短いと順光では被写体にレンズやカメラの影が落ちて暗く成るのも困りました・・・
最短撮影距離に近い距離で撮影する場合は、フラッシュや照明が欠かせませんねぇ~・・・
ですから後でこの60mmF2.8の中古を買い足しました・・・

60mmF4
60mmF2.8をF4まで絞って撮った画像です・・・
まだ目や耳は被写界深度には入らずボケの状態です・・・

60mmF5・6
60mmF2.8をF5.6まで絞って撮った画像です・・・
目は大分ハッキリとしてきましたが、耳は未だ被写界深度外でボケています・・・

60mmF8
60mmF2.8をF8まで絞って撮った画像です・・・
矢張り目は大分ハッキリしてきましたが、まだ耳と共に被写界深度外に成って居ますねぇ~・・・

60mmF11
60mmF2.8をF11まで絞って撮った画像です・・・
目は完全に被写界深度に入り、耳も相当ハッキリしてきました・・・

60mmF16
60mmF2.8をF16まで絞って撮った画像です・・・
目はF11より相当ハッキリしてきましたが、耳は未だ被写界深度外ですねぇ~・・・

60mm深度合成
60mmF2.8のレンズでF8、10枚の深度合成をした画像です・・・
鼻先から耳の先までピントが来ていますが、尻尾は完全に呆けに入って居ます・・・
矢張り深度合成は60mmの様なマクロレンズには深度合成は非常に有効な手段だと思います・・・
しかも深度合成中に少々被写体が動いても、反対に少々ならカメラが動いても合成して呉れると言いますから、有難い機能です・・・
フイルムカメラでは絶対に出来ない機能でしょうねぇ~・・・
またD800などでもこんな機能は有りませんから出来ない撮影です・・・
D800などでやろうとすればフォーカスブラケットなどで撮影した画像をフォトショップなどで合成しないと駄目でしょうねぇ~・・・
ミラーレスはどんどん進化して新しい機能が追加されて、新しい表現が簡単に出来るようになるのは有難いですねぇ~・・・
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://garakutaphoto.blog.fc2.com/tb.php/1549-3e3e84b5