我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

大窪寺紅葉・・・しょの6

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

古木05
大窪寺の魅力は楓の紅葉もですが、植えられて居る古木の風情も魅力的です・・・
何百年も人里離れた山中で厳しい風雪を耐えている古木は、苔や着生植物と共に長年の風雪に耐えた年輪が刻まれて居ます・・・
こんな古木は歴史を重ねた古刹の庭にしか有りません・・・
一体何年の時間此処に居るんでしょうか???
しかし古木は、何も言わずにじっと其処に佇んで立って居るだけです・・・
長い歴史を見て来たでしょうが、何にも動ぜずにじっと動かず、まるで大山のごとき雰囲気さえ漂ってきます・・・
私はこういう雰囲気は大好きですねぇ~・・・
意外と地味ですが、こう言うドシっとした安定感は大好きです・・・

苔生す木
古木にはこう言った着生植物や苔が付いて居て、更に古木の雰囲気を良くしています・・・
此処だけ見ても一服の絵が出来ますねぇ~・・・

紅葉24
楓と土塀、石垣の組み合わせは古刹独特の雰囲気を作って居ますねぇ~・・・
余り紅葉して居ない楓の中で、この楓は特に色よく紅葉して居ます・・・

紅葉23
すぐ隣の楓は矢張り未だオレンジ色です・・・
僅か数メートル位置が違うだけで、この差は一体何なんでしょう???

紅葉20
オレンジ色の楓の葉っぱは紅く成りかけていますが、マダマダ青い部分が沢山有りました・・・
紅く成るのもまるで紅いしみみたいになって広がるんですねぇ~・・・

紅葉21
矢張り今年の楓は、どの木も未だ緑の部分を残した葉が付いて居ます・・・
木によっては全く紅葉して居ませんし、オレンジ色の葉が多いのも今年の特徴でしょうねぇ~・・・
此れだけ紅葉が少ないのは大窪寺ではかなり珍しい事ですねぇ~・・・
来ていたカメラマンたちも紅葉の具合が悪いので、撮るのに苦労している様子でした・・・
当たり年ならどこを切り取っても絵に成りますが、此れだけ紅葉が少ないと切り取る場所が限られてしまいます・・・
腕が有る方なら苦労は無いんでしょうが、駆け出しの私などはあっちへウロウロ、こっちへウロウロ・・・
何とか頭に描いたイメージを絵にしようと苦労しますが、中々思いに通りには成りません・・・
ん~こう言う事で精進の不足が良く分かります・・・
何度も通いたいんですが、紅葉時期は限られて居ますし、休みも限られて居ますから中々思う通りには成りません・・・

スポンサーサイト

Comment

くぅ says... ""
古木、不思議な風情がありますね。
ドシっとした安定感も魅力。
絡みついているツタなどが、古木にじゃれついているお孫ちゃんみたい。(*´m`)むふ♪

まだらに色づいて葉っぱも、それはそれで美しいですよ。
2017.12.26 16:21 | URL | #Dv6DZoa6 [edit]
@我楽多 says... "Re: くぅさん・・・"
> 古木、不思議な風情がありますね。
> ドシっとした安定感も魅力。
そうなんです・・・
一般家庭の庭では絶対に味わえない木の魅力です・・・
長い年月が磨いた古木の魅力ですねぇ~・・・

> 絡みついているツタなどが、古木にじゃれついているお孫ちゃんみたい。(*´m`)むふ♪
言われてみれば・・・
お爺ちゃんと孫がじゃれ合って居る様にも・・・

> まだらに色づいて葉っぱも、それはそれで美しいですよ。
例年なら真っ赤に染まって居るんですが、今年の紅葉は珍しい染まり方をしています・・・
まるでドット模様の様にも見えます・・・
お洒落な葉っぱなのかな???
2017.12.26 18:10 | URL | #kTvoSsVA [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://garakutaphoto.blog.fc2.com/tb.php/1542-f42abcf6