FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

16

瓶ヶ森へ・・・しょの4

瓶ヶ森東面の紅葉
朝食を済ませると太陽高度も上がって瓶ヶ森東面にも日が当たりだしました・・・
太陽高度は上がらない時には、下部の紅葉まで日が当たりませんから太陽高度が上がるまでに朝食を撮って居ました・・・
朝食を済ませて太陽高度も上がりましたからカメラを持って瓶ヶ森周辺を写して回る事にしました・・・
昨日駐車場の車の中で前泊していた登山者は全て上がって仕舞、残って居るのはカメラを持ったカメラマンばかりに成りました・・・
しかし今更ながらキャノンのカメラを持った人が多い様ですねぇ~・・・
私の様にニコンとかオリンパスのカメラを持って人は少ない様です・・・
まぁ~若い方は少々重い機材でも平気で持ち歩いて居ますが、歳を取ったらどうなるんでしょう???
此れからはMFでも使い易いミラーレスの時代に成って来ると思うんですが・・・
そうなるとレンズも小型軽量化されて山に持って来ても相当機動力が上がると思うんですが・・・
ソニーのα7などを見たり、オリンパスe-M1等を使って居ると此れからはミラーレスカメラの時代なんだろうなぁ~って思わされます・・・
瓶ヶ森東面02
大分黄葉した木々にも光が当たりだしました・・・
瓶ヶ森の男山と紅葉のコラボです・・・

瓶ヶ森東面
暗い所ばかり撮って居てISOを上げてWBを日陰にしているのを忘れて設定を変えずに明るい所を撮ってしまいました・・・
↑の写真の後にもっと近づいて撮った瓶ヶ森の男山です・・・

道標
壊れかけた道標が有ったので残月とコラボしてみました・・・
こういうコラボは大好きですねぇ~・・・

瓶ヶ森朝景03
山の上の方には光が当たって居ますが、まだ太陽高度が立灰汁なったと言っても谷の中まで光が差し込みません・・・
この黄葉した木に太陽が当たるにはまだ少し時間が掛かりそうです・・・

瓶ヶ森の紅葉
時間が有るのでドリップコーヒーを淹れて休憩しました・・・
何とか谷にも太陽光が差し込み始めました・・・
ならばもう少し瓶ヶ森周辺を写す事にしましょうか・・・
しかし瓶ヶ森の駐車場は登山者やカメラマンの車でほぼ7割は埋まって居ますねぇ~・・・
流石の3連休です・・・
登山者は既に山に入って居る様ですが、カメラマンはその辺には居て捨てるほど居ますから、思ったようなアングルで写真が撮れるかどうかが心配です・・・
山が良い構図で撮れるところは限られていますからねぇ~・・・
少なくとも邪魔には成らない様注意しないと・・・
スポンサーサイト



3Comments

くぅ  

かなり色づいてきましたね。

カメラマンさんがいっぱい。
今はどこへ行ってもみなさんスマホやらデジカメやらですね。

2017/10/17 (Tue) 11:16 | EDIT | REPLY |   

@我楽多  

Re: くぅさん・・・

> かなり色づいてきましたね。
四国の高山は北海道の旭川より遅れていると思いますが、それでも結構秋色に成って居ました・・・

> カメラマンさんがいっぱい。
> 今はどこへ行ってもみなさんスマホやらデジカメやらですね。
登山者の方は殆どがスマホなんですが、登山者が居なくなるとカメラマンが残ってキャノンなどの高級1眼レフや白レンズのオンパレードに成りました・・・
まぁ~山に登るのは登山者で、写真目的なのはカメラマンでしょうから当たり前なんでしょうが・・・

2017/10/17 (Tue) 18:13 | EDIT | REPLY |   

@我楽多  

鍵コメさん・・・

最近はミラーレスが多く成ったと言っても、まだまだ1眼レフが多い様ですねぇ~・・・
でもミラーレスなら被写体が拡大出来てピント位置も表示されると言う1眼レフでは真似が出来ない機能が有りますからMFは格段に使い易く成りましたねぇ~・・・
EVFの欠点は風景では欠点に成りませんが、MFのし易さに軍配が上がりました・・・
レンズアダプターを使えば旧いニコンのレンズも使えますし・・・
私がα7Ⅱを買わなかったのは高価なのは勿論ですが、レンズのラインアップが揃って居なかったからなんです・・・
sonyには是非とも高性能で小型軽量なレンズを出して貰いたいものですねぇ~・・・

2017/10/19 (Thu) 04:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment