我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

M-ZUIKO DIGITAL ED30mm f3,5Macro試写・・・しょの1

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

レンズ比較
新しく購入したM-ZUIKO DIGITAL ED30mm f3,5MacroとNikonのマクロレンズなどと比べてみました・・・
一番右がM-ZUIKO DIGITAL ED30mm f3,5Macroで中央がニッコールAi-s35ミリf2、一番左がニッコールAi-s105ミリf2・8マクロです・・・
一番小さな35ミリf2と比べても長さはほぼ一緒で太さは2/3位でしょうか???
当たり前ですが35ミリf2はマウントアダプターを付けるとさらに長く成ります・・・
まぁ~これでAF出来るマクロレンズが手に入りましたから、マクロはMFなら210、180、110ミリ相当が使え、新しいM-ZUIKO DIGITAL ED30mm f3,5Macroを加えると35ミリ相当60ミリが加わりましたからマクロの幅が広がりました・・・
しかも今までは1:1の拡大率でしたが、M-ZUIKO DIGITAL ED30mm f3,5Macroは35ミリ相当2.5倍まで拡大できますから更に大きく撮れそうです・・・
それではカメラに付けて見ましょうか・・・

D800-02
D800にタムキューを付けて比較してみました・・・
35ミリ相当60ミリと90ミリとの差は有りますが、OM-D E-M1に付けると相当小さくて軽量なのが手に取ると良く分かります・・・

D800
横から見ると如何にOMーD EーM1のコンパクトさが良く分かります・・・
NikonD800には手振れ補正が付いて居ませんのでマクロ撮影の時には三脚に乗せてマクロスライダーでピントを出していますが、OMーD EーM1には5軸手振れ防止が付いて居ますから、手軽に手持ちでマクロ撮影が出来そうです・・・
まぁ~厳しい条件の時は、D800と変わらず三脚に乗せる必要があると思いますが・・・

彼岸花10
試写の日は生憎と雨が降って条件が悪かったんですが、取り敢えず絞り開放で撮ってみました・・・
陽の光が余り無い条件でしたが、何とか手持ちで撮る事が出来ました・・・

彼岸花09
近寄って最短近接撮影を試みましたが、雨の条件ではこれが精一杯でした・・・
これ以上近接すると流石にブレてしまいました・・・

彼岸花11
結構近寄って撮影しましたが、流石に解放f3・5ですから背景は余りボケて呉れませんが、ボケ具合は綺麗ですねぇ~・・・
ピントの切れが良いレンズは2線ボケに成り易いんですが、それはもう昔の事に成ってしまったようです・・・
しかしボケ具合は後日晴天の日にでも背景との距離を変えて見てみないと良く分かりませんねぇ~・・・
出来れば最短撮影距離でも撮影してみたいし、手持ちでどこまでマクロで接近できるのかも調べて見たいと思います・・・
今迄は結構三脚に乗せないとブレていたシーンでも、此れなら手持ちで撮影出来そうです・・・
ん~オリンパスM-ZUIKO DIGITAL ED30mm f3,5MacroはPROレンズでも無いんですが、結構良さそうな予感がします・・・
一番助かるのは手振れ防止が効いて呉れるので、一々三脚に乗せなくても何とかブレずに撮れる事ですねぇ~・・・
矢張りD800にタムキューを付けて、OM-D E-M1にM-ZUIKO DIGITAL ED30mm f3,5Macroを付けて撮り比べてみたいですねぇ~・・・
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://garakutaphoto.blog.fc2.com/tb.php/1502-1497da9d