我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

鼓岡神社・・・しょの1

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

台風一過
台風18号は日本海に抜けて、四国は台風一過の朝を迎えました・・・
でも台風18号は此れから東北沖を北上して北海道に接近または上陸するって言う予報ですので、コースに当たる方は十分にご注意ください・・・
昨日は、午後から風が強く成り、午後5時頃から雨も強く成ってエリアメールがどんどん入るように成りました・・・
我が家の周りも避難勧告が出始めましたが、我が家は氾濫する恐れのある川からは相当高台に有りますし、周りに土砂災害を起こす恐れのある丘も有りませんから、家の被害が心配で避難はしませんでした・・・
停電が心配なので早目に晩御飯を終えましたが、雷が凄くてネットが繋がりにくく台風情報があまり入りません・・・
午後9時頃から雨も風も弱まりましたが、それでも台風のコースによっては又強くなるかも分かりませんから寝るのも心配でした・・・
まぁ~時々外へ出て家の周りを確認しましたが、被害は無い様でした・・・
しかし台風の暴風雨に気を取られて皆さんの所へお伺いするのをすっかり忘れて居ました・・・n(_ _)m
しかし、台風のお陰でこの3連休に行く予定の撮影行は中止です・・・
ですからブログネタが有りませんので、以前に行った在庫の写真での更新です・・・

鼓岡神社
やって来ましたのは坂出市府中町の鼓岡神社です・・・
此処は崇徳上皇が雲井御所での仮住まいから国府の有る此方に遷られてお住まいに成った場所です・・・

石碑
鼓岡神社の石碑にも「崇徳上皇行在所」と刻まれています・・・
崇徳上皇の行在所が神社に成って居る訳です・・・

鼓岡神社03
石段を上がると一寸した広場に成っていて、左側に観音堂の建物などが有ります・・・
拝殿は右手の鳥居の奥の階段を上がった上段に有ります・・・

拝殿
拝殿です・・・
崇徳天皇の行在所跡にしてはこじんまりとした社殿ですねぇ~・・・

鼓岡神社由来
どうやら崇徳上皇がお住まいに成って居た木ノ丸殿は白峰御陵に移築された様ですねぇ~・・・
木ノ丸殿とは,木の丸太で造った御所といった意味合いで,御所としては粗末な造りではなかったかと考えられて居ます・・・
大正二年に崇徳上皇の75O年祭に合わせて,鼓岡神社の石段を登った右手にかつての木ノ丸殿を偲ぶ為,擬古堂と言う屋根など古風な造りの外観記念建造物が建設されたそうです・・・
鼓岡という名前は、丘の頂上辺りで地面を叩くと、コツコツという鼓のような音がしたからだと云われています・・・(以上坂出市HPより)


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://garakutaphoto.blog.fc2.com/tb.php/1496-772db7f8